2016年2月29日更新

知能がヨウム並みの頭の良いインコ。オキナインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭から尾に掛けては抹茶色、お腹の部分はグレイの羽毛に包まれたオキナインコ。ヨウム並みの知能があり物まねも得意です。今回はオキナインコの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。

オキナインコってどんな鳥なの?

オキナインコは南アメリカ大陸のアルゼンチンやパラグアイなどに生息しているインコ。最近では北アメリカやヨーロッパにも広がり大きな群れを形成するようになりました。体長は30㎝前後、体重は100g~150g前後で比較的大きめのインコです。羽毛の色はもともとグリーンとグレイがベースでしたが、その後、色変わりの品種が作られてブルーやイエローのオキナインコも見られるようになりました。

オキナインコの特徴は繁殖の方法で、野性では50羽前後の群れで大きな巣をつくり、複数のツガイがその中でそれぞれ卵を産み、ヒナを育てます。集団生活の中では若いインコが他のインコのヒナを育てることがあると言われています。

頭の良さも天下一品で、聡明だと言われているヨウムのように言葉を覚えたり、人の声や音を物まねします。コンパニオンアニマルとして楽しいインコと言えるでしょう。

オキナインコを飼う時の注意点は?

鳴き声が大きいので近所に配慮が必要

オキナインコは比較的、鳴き声が大きいのが特徴です。集合住宅や都会の住宅地では騒音になることもありますので、二重窓や防音カーテンなどで防音対策した方が良いかもしれません。

毎日のスキンシップを心掛けよう

オキナインコは利口なだけに飼い主さんとのコミュニケーションを好みます。飼い主さんとの触れ合いも大好きですので、1日1回30分~1時間は室内に放鳥し、触れ合う時間を作りましょう。スキンシップの時間が充分に取れない場合は、ケージの中におもちゃを常備してあげると少しは暇つぶしになるでしょう。忙しくてインコに構っている時間がない人には不向きなインコかもしれません。

オキナインコを飼う前に揃えたいグッズは?


オキナインコは体調30㎝に及ぶインコな上、自分で大きな巣を作る習性がありますので、なるべく大きなケージで飼育すると良いでしょう。かごの中には止まり木、えさ箱、水入れなどを用意します。巣箱については他のインコのように市販のものを買い与えるのではなく、自分で巣を作ることができるようワラや木の小枝などを入れておきましょう。

オキナインコは何を食べるの?

インコ用のペレット

他のインコ同様にインコ用のペレットを常備しましょう。ペレットはインコに必要な栄養が過不足なく配合されていますので栄養の偏りに悩むことも少ないはずです。ペレットを食べないインコもいますが、その場合はメーカーを変えて複数の種類を試してみてください。

シード

オキナインコにはシードを副菜としてあげましょう。インコが好きな粟、稗など複数のシードが混合されたシードMIXが売られています。シードには殻つきタイプと殻無しタイプがありますが、できれば殻つきタイプを選びましょう。オキナインコは油の多いひまわりの種などを好む傾向があるようですが、やり過ぎは肥満の原因となりますので油の多いシードは全体の5%以下に押さえ、オキナインコの体調を見ながら調整しましょう。

野菜、果物

オキナインコは野菜や果物を好みます。ビタミンやミネラルを補うためにも青菜(コマツ、チンゲン菜、スプラウトなど)や野菜(ブロッコリー、ニンジンなど)を与えましょう。細かくカットされていて必要な分だけ電子レンジで解凍して使える冷凍のミックスベジタブルも重宝します。

頭がよく、飼い主さんとも遊んでくれるオキナインコは良いパートナーになる

飼い主さんとのスキンシップを好み、おしゃべりや物まねも得意なオキナインコは一緒に暮らして楽しいインコです。健康に育てば30年以上長生きしますので、良いパートナーになってくれるはずです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

欧米では「ラブバード」の異名もあるコザクラインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

オウムの中でもボタンインコに属するコザクラインコ。ツガイの相手への愛情の深さや頬を赤く染めたような純な姿から「ラブバード」と呼ばれることもあるようです。今回はコザクラインコについて特徴や飼い……

純白の羽毛で貴族のような姿。タイハクオウムの特徴、性格、飼い方をご紹介

大きな体に純白の羽毛。タイハクオウムを漢字で書くと「太白」ですが、「太白」には太い絹糸という意味があります。その名のとおり、タイハクオウムは絹のような羽毛もち、その姿は王族のような品格にあふ……

真っ赤なくちばしが特徴。オオホンセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

淡いグリーンの羽根でほぼ全身が被われ、くちばしは鮮やかな赤。オオホンセイインコはそのはっきりした配色で一度見たら忘れられないインコです。今回は、オオホンセイインコの飼い方や特徴についてご紹介……

小紋模様が粋な雰囲気。コモンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科の仲間の中では美しい色と模様で人気のあるコモンチョウ。ホウライチョウという別名でこの鳥を知っている人も多いかもしれません。小さな体で機敏に動き、チョンチョン歩く姿は観る……

人懐こいけれど、自己主張も強い。アヒルの特徴、性格、飼い方をご紹介

アヒルというと公園の池や動物園にいるイメージですが、保険会社のCMに登場するアヒルの影響か家で飼ってみたいという人が増えてきているようです。アヒルを家で飼うことは可能なのでしょうか?今回はア……

可愛いけれど噛まれると痛い!ブルーボタンインコの性格、飼い方をご紹介

目の周りの白い縁取りが個性的なブルーボタンインコ。原種ボタンインコから生まれた色変わり種です。数が減りつつある基亜種のボタンインコに代わってペットとして売られるようになりました。今回はブルー……

オカメインコの価格・値段や飼い方について

紅いほっぺがとっても可愛い、愛嬌たっぷりのオカメインコ。人と暮らす鳥としてとても人気が高く、ずっと一緒にいてくれます。今回はオカメインコの情報を集めました。 オカメインコの価格は? ……

濃いピンクのお腹が目を惹くモモイロインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔からお腹にかけての濃いピンク色でインパクトある姿のモモイロインコ。インコという名前はついていますが実際にはオウム科で、オーストラリア全域に群れを成して生息しています。今回はモモイロインコに……

セキセイインコよりパワフル?マルメリハの特徴、性格、飼い方をご紹介

マルメリハインコという名前はインコや鳥に詳しい人以外はあまり聞いたことがない名前なのではないでしょうか。マルメリハは実は漢字で「豆瑠璃羽」と書く日本語。羽毛が青いことから名づけられました。セ……

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴール……

澄んだ声で人気者。ビセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコやオウムと言えば、近所迷惑の原因になるくらい騒々しい鳴き声の品種が多いことが知られていますが、ビセイ(美声)インコはその名の通り澄み切った美しい声で人気があります。今回はビセイインコに……

神話にも登場するフクロウ。コキンメフクロウの特徴、性格、飼い方をご紹介

ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。古代ギリシャでは知恵、芸術、農業を象徴する鳥として崇められてきました。あまたいるフクロウの中では比較的小柄ですが若干、気が強い……

顔だけ見るとペンギン似?カノコスズメの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科のフィンチですが、顔の配色がちょっと変わっていてペンギンやフクロウにも似て見えるカノコスズメ。フィンチの中では珍しいルックスの鳥だと言えるでしょう。今回はカノコスズメに……

小さくて可愛いフィンチの代表。十姉妹の特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの代表格がセキセイインコなら、フィンチの代表格は十姉妹。昔から飼い鳥として親しまれてきました。初心者でも飼うことができますし、飼い主さんとのコミュニケーションが楽しめる点も人気の秘密で……

ずんぐりした体に綺麗な羽色。ヤマブキボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭のオレンジ色から首の黄色、羽のグリーンと綺麗なグラデーションカラーのヤマブキボタンインコ。種類の多いボタンインコの中の色変わり種で、ヤマブキ色部分が特に美しいためこの名前がつきました。今回……