2016年2月29日更新

欧米では「ラブバード」の異名もあるコザクラインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

オウムの中でもボタンインコに属するコザクラインコ。ツガイの相手への愛情の深さや頬を赤く染めたような純な姿から「ラブバード」と呼ばれることもあるようです。今回はコザクラインコについて特徴や飼い方をご紹介しましょう。

コザクラインコってどんな鳥なの?


コザクラインコは水場に恵まれた海抜1500メートル以上の高地に生息するインコで、アフリカ南西部のナミビア共和国に野生しています。過去にはワシントン条約で輸出規制対象になっていたため入手しづらい面もありましたが、2004年以降は輸出許可証がなくても出国させられるようになり、オカメインコやセキセイインコに加えてペットとして広まりを見せています。

体長は15㎝前後で、蛍光色のような明るい緑色の体、赤、黄色、黒などに色に彩られた顔がノーマル色ですが、現在は品種改良によってさまざまな色変わり種が登場しています。性格は大胆で自分より大きな鳥を威嚇することもありますが、飼い主さんにはよく懐き、手乗りにできれば親密な関係を築けます。

コザクラインコを飼う時の注意点は?

大きな鳴き声に注意!

コザクラインコはツガイのパートナーだけでなく、1羽飼いなら飼い主さんにもよく懐きます。その反面、飼い主さんの留守が長かったり、かまってあげなかったりすると寂しさから大きな声で鳴くことがありますので要注意です。コザクラインコの鳴き声は叶切り声のような甲高い声ですので、住宅事情によっては近所迷惑になることもあります。家を空けることが多い人や近所に音が響く環境では飼うのは難しいかもしれません。

孤独から病気になることも

コザクラインコは1羽で飼って放置してしまうと寂しさやストレスから病気になったり、攻撃的になってしまうこともあります。また、ストレスが高じると自分の羽根を引き抜く「毛引き症」になることもあるのです。鳴き声による近所迷惑だけでなく、コザクラインコの健康面からもきちんと遊んであげることが大切です。

コザクラインコを飼う前に揃えたいグッズは?

コザクラインコを飼うためにはインコが家に来る前にケージを用意するようにしましょう。ケージは大きい方が良いのですが少なくとも50㎝四方のサイズを用意しましょう。ツガイで飼う場合はもう少し余裕のあるケージを捜した方が良いかもしれません。かごの中には止まり木、巣箱、えさ箱、水入れなどを用意します。スペースに余裕があればブランコなどの遊具もあると良いでしょう。

コザクラインコは何を食べるの?

コザクラインコ用のペレット

ペレットはコザクラインコやボタンインコ用の専用ペレットを選びましょう。ペレットはコザクラインコに必要な栄養を考えて作られていますので、比較的楽にコザクラインコの健康維持が可能です。

シード

シードには粟、稗、キビ、カナリーシード、オーツ麦などさまざまなタイプがありますが混合ミックスタイプを選べば必要な栄養をうまく補ってくれるでしょう。シードには殻つきタイプと殻無しタイプがありますが、できれば殻つきタイプを選びましょう。インコは殻から種を出してついばむことに悦びを感じますし、ストレス解消にもなります。

その他

ビタミン補給のためにもコザクラインコには小松菜など緑の葉をあげると良いでしょう。また、健康のためにもボレー粉(牡蠣の殻など)も与えるようにすると良いでしょう。

1羽飼いならラブラブな関係が築ける


コザクラインコはインコの中でも甘え上手で可愛い鳥ですが、反面嫉妬深く乱暴な面もあります。飼う場合には予めコザクラインコの習性をよく理解しておかないと、手を焼いて手放さざるを得ない状況に陥ります。平均10年は生きると言われていますので、生涯きちんとお世話ができるかどうかの見極めが大切でしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

襟が黄色いので「黄襟」。キエリクロボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ボタンインコにはさまざまな品種があり、どれもよく似ています。ボタンインコを見て、その種類を見分けられる人は相当ボタンインコに詳しい人でしょう。キエリクロボタンインコは日本で一番流通しているボ……

オカメインコの価格・値段や飼い方について

紅いほっぺがとっても可愛い、愛嬌たっぷりのオカメインコ。人と暮らす鳥としてとても人気が高く、ずっと一緒にいてくれます。今回はオカメインコの情報を集めました。 オカメインコの価格は? ……

全身グリーンのキレイなインコ。ムジボウシインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

鮮やかなグリーンの羽と大きな体で存在感たっぷりのムジボウシインコ。住処の森林の伐採や開拓により、最近、野生種は数を減らしています。今回はムジボウシインコについて特徴や飼い方をご紹介しましょう……

花の蜜が大好き!ゴシキセイガイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

南半球を中心に幅広いエリアに生息しているゴシキセイガイインコ。生息場所によって羽の色が異なるため一般の人は見ただけで区別がつきにくいかもしれません。今回はゴシキセイガイインコについてご紹介し……

ちょんまげのような冠羽が特徴。カンムリウズラの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭の上にちょんまげのように乗っている黒い冠羽が特徴のカンムリウズラ。ペットとしてはまだ、あまり知られていませんがアメリカでは狩猟のために放鳥されている鳥です。今回はカンムリウズラについてご紹……

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴール……

とてもユニークな顔のフクロウ。メンフクロウの生態、食性、性格について紹介します

メンフクロウは世界中で飼われているペットのフクロウで、白い羽と特徴的な顔。そしてフクロウのなかでは比較的繁殖が容易なことから、飼育人口も多い品種です。フクロウに興味のある人はまず知っている品……

キバタンの価格・値段や飼い方について

今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”、オウムの「キバタン」。高い知能ももっているキバタンの情報をお伝えします。 キバタンの価格は? 黄色……

鳴き声が比較的小さめ。アケボノインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの中では鳴き声が通りにくく、騒音トラブルが少ないと言われているのがアケボノインコです。若干、くすみはあるもののカラフルな配色はインコならではと言えるでしょう。今回はアケボノインコについ……

オスとメスとでカラーがまったく違う。オオハナインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

オス、メスの区別がつきにくいインコ、オウムの仲間において、オスメスの差が歴然としているのがオオハナインコです。羽根の色が対照的なのでツガイで飼うと見た目にも楽しめます。今回はオオハナインコに……

小柄なハヤブサとして人気。チゴハヤブサの特徴、性格、飼い方をご紹介

ハヤブサ科の鳥でハヤブサより小柄なことから名づけられたチゴハヤブサ。猛禽類ではありますが正しい知識をもってヒナの頃から調教すればよく慣れて良いパートナーになってくれます。今回は、チゴハヤブサ……

人気、飼育数ともにNO1!セキセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

セキセイインコはペットの鳥の中では最も人気のある品種でしょう。品種も多くカラフルなため個性が競えますし、手に乗ったり、物まねをしたりといった特技を楽しむことができるのはインコならではです。今……

九官鳥ってどんな動物? 九官鳥の生態・価格・飼い方をご紹介します

九官鳥はこんな生き物 九官鳥は古くから日本でもペットとして親しまれてきましたが、実はかなり謎が多い生き物なのです。 オス・メスの判別はおろか成熟期も分かっていないので、自力で繁殖させ……

丸いチークがおかめのように見える。オカメインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頬にあたる部分にあるオレンジ色の丸い模様がおかめの頬紅のように見えることから名前がつけられたオカメインコ。インコと呼ばれていますが実際にはオウムの仲間で、大きく派手な色彩なので存在感がありま……

知能がヨウム並みの頭の良いインコ。オキナインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭から尾に掛けては抹茶色、お腹の部分はグレイの羽毛に包まれたオキナインコ。ヨウム並みの知能があり物まねも得意です。今回はオキナインコの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。 オキナイン……