セキセイインコよりパワフル?マメルリハの特徴、性格、飼い方をご紹介

マメルリハインコという名前はインコや鳥に詳しい人以外はあまり聞いたことがない名前なのではないでしょうか。マメルリハは実は漢字で「豆瑠璃羽」と書く日本語。羽毛が青いことから名づけられました。セキセイインコによく似ていますがセキセイインコよりもパワフルで飛ぶ速度も速いと言われています。今回はマメルリハインコの特徴や魅力についてご紹介しましょう。

〈画像引用元:peterdehaas2317

 

マメルリハってどんな鳥なの?

マメルリハは体調13㎝程度、体重30g~35gほどでセキセイインコとほぼ同じくらいのサイズの小型のインコ。原産地はエクアドル、ペルーなど南アメリカです。ベーシックなタイプは羽毛の色がブルーやグリーンですが、最近は品種改良でホワイトやイエローの新種も登場しています。

性格は非常にアクティブで放鳥すると物凄い速さで飛びまわり、あちらこちらでいたずらして遊びまわります。力が強いため小柄な割に破壊力があり、放鳥の際にモノを壊されることは日常茶飯事。はっきりした性格ですので気分によって甘えたり攻撃してきたりと態度が極端に変わる傾向もあるようです。

 

マメルリハを飼う時の注意点は?

温度管理をしっかりと

マメルリハの飼い方は基本的にはセキセイインコと変わりません。ケージ周辺の温度管理をしっかり行い、寒い時期にはヒーターなどで温めてあげます。ケージを窓際の明るい場所に置く飼い主さんも多いと思いますが、直射日光がダイレクトに当たる場所はマメルリハに相応しくありません。薄いカーテンを引くなどして、暑い時期にも温度管理してあげてください。

放鳥する際は部屋をしっかり片づけて

先程もご紹介したようにマメルリハは非常にアクティブで、なかなか飼い主さんの言うことを聞きませんし、部屋のモノを壊すことも多々あります。放鳥の際には部屋のドアを閉めておくこと、壊されたくないモノは極力片づけることを心掛けましょう。

 

マメルリハを飼う前に揃えたいグッズは?


〈画像引用元:HaPe_Gera

マメルリハを飼育するにはケージが必要ですが、セキセイインコに比べて動き回る習性がありますので、なるべく広めのケージを用意しましょう。ケージの中には止まり木、巣箱、エサ箱、水入れなどを用意し、床にはペットシーツなどを敷いておきましょう。ペットシーツを敷いておくと毎日の掃除が少し楽になります。

 

マメルリハは何を食べるの?

インコ用のペレット

マメルリハにはセキセイインコ用のペレットをメインにあげると栄養バランスが整います。ただし、ペレットはマメルリハが野生で食べているエサとは違いますので、食いつきが良くない場合もあるかもしれません。

シード

シードはマメルリハが本来の食生活に近いエサですので必ず用意しましょう。粟、稗、キビなどさまざまな種類がミックスされたタイプがオススメです。家庭内で頻繁に放鳥し、飛び回る時間が長いようなら脂肪分の多いひまわり、エゴマなどを少しプラスしても良いでしょう。シードには殻つきと殻無しがありますが、マメルリハには殻つきを与えましょう。殻がゴミになるため飼い主さんにとっては掃除が大変ですが、殻から種を出して食べる楽しみはマメルリハに食べる満足感を与えてくれます。

野菜や果物

ペレットには必要な栄養素が配合されていますが、シードが多めの食餌の場合はビタミンやカルシウムが不足する可能性があります。ビタミンやカルシウム補給のために季節の青菜やボレー粉を与えるようにしましょう。

元気な鳥なので1日1度は放鳥タイムを

何と言っても元気はつらつなマメルリハ。狭いケージの中だとどうしてもストレスが溜まりがちですので、1日1回30分~1時間程度は飼い主さんの監視のもと、室内に放鳥してあげましょう。時間がない場合は5分~10分でもOK。この時間がマメルリハを健康で長生きさせてくれるはずです。

関連記事