2016年2月29日更新

濃いピンクのお腹が目を惹くモモイロインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

顔からお腹にかけての濃いピンク色でインパクトある姿のモモイロインコ。インコという名前はついていますが実際にはオウム科で、オーストラリア全域に群れを成して生息しています。今回はモモイロインコについて特徴や飼い方をご紹介しましょう。

 

モモイロインコってどんな鳥なの?

モモイロインコはオーストラリアのほぼ全域に生息するオウム。環境への適応能力が高いため街中、海岸、森林、公園とあらゆる場所に広がっています。

体長は35㎝~40㎝程度で比較的大きな部類に入ります。顔半分から下と腹部分は派手な濃いピンクですが、頭や背中は薄いグレイで見る方向によって印象がまったく違います。モモイロインコは地面を歩きながらエサをついばむことが多いので、頭や背中の羽根色は上から見た時に目立たないような色になっていると考えられています。

モモイロインコを飼う時の注意点は?

元気いっぱいなので破壊活動に注意

モモイロインコは活発で元気ですので、破壊活動には注意が必要です。放鳥する際には部屋をきれいに片づけるか、布で覆ってしまった方が良いでしょう。ケージに入っていてもくちばしの届く場所にあるものはケージに引きずり込んだり齧ったりしますのでケージの置き場所には注意を払いましょう。くちばしの力が強いので飼い主さんも噛まれないよう注意した方が良いでしょう。

大きな鳴き声なので騒音対策を

鳴き声の大きさや鳴く頻度は個体差がありますが、モモイロインコの鳴き声はわりあい大声です。住環境によっては近所迷惑になる可能性も多々ありますので、防音対策をあらかじめ考えておきましょう。

 

モモイロインコを飼う前に揃えたいグッズは?


モモイロインコは個体によっては30㎝以上になりますが、あまり大きすぎるケージで飼うと自由になり過ぎる傾向があるようです。50㎝~60㎝程度のケージを選び、成長の具合によって買い替えを考えましょう。ケージの中にはエサ入れ、水入れ、巣箱なども用意。遊ぶのが好きですのでブランコやおもちゃも用意すると良いでしょう。

モモイロインコは何を食べるの?

インコ・オウム用のペレット

インコやオウム用に作られたペレットを常備しましょう。ペレットはインコやオウムに必要な栄養が過不足なく配合されていますので便利ですが、好き嫌いの多い個体の場合、食べないこともあるようです。その場合はメーカーを変えて複数の種類を試して試行錯誤してみてください。

シード

モモイロインコにはシードを副菜としてあげましょう。インコが好きな粟、稗など複数のシードが混合されたシードMIXが売られています。シードには殻つきタイプと殻無しタイプがありますが、できれば殻つきタイプを選びましょう。

野菜、果物

モモイロインコには副菜として野菜や果物も与えましょう。ビタミンやミネラルを補うためにも青菜(コマツ、チンゲン菜、スプラウトなど)や野菜(ブロッコリー、ニンジンなど)を与えましょう。細かくカットされていて必要な分だけ電子レンジで解凍して使える冷凍のミックスベジタブルも重宝します。

モモイロインコはもともとエサの少ないエリアに生息していた関係で少ない栄養分を体に溜めておくことができる体質だと言われています。このため、家庭での飼育下で不自由なくエサを食べ続けると肥満になる傾向があります。モモイロインコの体重を定期的に計り、肥満傾向にあるようならエサの量を調整したり、カロリーの高いシード(ひまわりやエゴマなど)、果物の量を減らすなど調整しましょう。

値段も安くない高嶺の花。飼うのであれば一生添い遂げる覚悟を

見た目がきれいなモモイロインコは鳥ファンの間でも人気上昇中です。しかしながら体が大きいだけだけに鳴き声が大きく、破壊活動も盛大だということをあらかじめ理解することが大切でしょう。値段も20万円超えで安くありませんので衝動買いはないでしょうが、寿命30年の間、休む暇なくお世話し、添い遂げる決意が必要です。

 
 

関連カテゴリ