2016年1月20日更新

ロシアンブルーの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ロシアンブルーは忠誠心が強く飼い主に献身的な猫と言われています。その性格は犬のようと例えられることもあるそうです。

ほとんど鳴くことがなく、体臭も少ないのでマンションなどでも飼いやすいでしょう。そんなロシアンブルーを里親としてお迎えしてみませんか?

 

ロシアンブルーとの生活に必要なものは?


猫との生活を始めるのに必要なものはたくさんありますが、中でも餌やトイレ砂などは必須です。

それ以外にもベッドやケージなど最初に揃えてあげる必要があるグッズもあります。おもちゃなどはお迎えした子の性格にもよるので、慣れてきて好みがわかってから買ってあげても良いでしょう。

ワクチンや去勢手術などで動物病院は必ず行く機会があるでしょう。動物病院は基本的に自費診療なので、高額になってしまうこともあります。

猫との生活にはある程度のお金も必要となります。

里親としての心構え

子猫でない限りは何らかの理由で家にいられなくなってしまった猫たちが里親募集となっています。一度は家を奪われてしまった猫であることを理解したうえで接してあげましょう。

環境の変化に強い子もいれば弱い子もいるので、お迎えする前にどんな様子か確認ができると安心です。そして何より、もう二度と里親募集をすることがないよう、一生面倒をみるという覚悟と責任をもってお迎えしてあげてください。

ロシアンブルーとの暮らしは?

一緒に暮らすというのはどんなものかイメージだけではわかりづらいので、実際に生活を送っている方のブログをご紹介します。
ロシアンブルーではありませんが、里親としてお迎えした方のブログです。

次に里親としてではありませんがロシアンブルーとの生活を覗いてみましょう。

 

里親としてお迎えを!でも何からしたらいい?


まず、地域の動物愛護センターに問い合わせをしてみるのが良いでしょう。ロシアンブルーがいるようでしたら実際に見学にも行ってみましょう。

動物病院などでも捨て猫を保護していたりしますので、一度聞いてみても良いかもしれません。地域の中でしたら見学やお迎えもスムーズにできますし、できれば実際に会えると理想的です。

最近ではSNSやインターネットでも募集していることがあります。インターネットで「ロシアンブルー 里親」などのキーワードでもヒットします。

しかし、血統書付きとなると里親募集が少ない場合もあるのでMIXなども候補に入れると多くの猫と出会えるでしょう。サイトによっては審査があったり必要書類がある場合もあります。

また、去勢費用の負担、条件、性格、注意点など詳しい情報を必ず確認をしてからお迎えすることをお勧めします。なかには里親詐欺などもあるようなのでご注意ください。

下記のサイトでは柄やキーワードで検索することができます。また、引き取り後もQ&Aなどを利用することもできるので安心です。

こちらのサイトでは、関東地方などで絞り込みができるのでお住いの近くで探すことができます。
お住いの近くであればお迎えもスムーズにできます。

里親の探し方

どうにもならない理由で里親を探さなければいけなくなったときに、ツイッターやフェイスブックに投稿をする方法もあります。
その他上記サイトを利用することもできます。

しかし、最近では猫の終身預かりを行っている施設もあるようです。一度検討してみてはいかがでしょうか?

ロシアンブルーを里親としてお迎えする

ロシアンブルーは人見知りでシャイなので知らない人とは慣れるまでに時間がかかってしまう可能性もあります。
里親としてお迎えした場合には、懐くまで根気がいるかもしれません。

しかし、絶対に諦めないで大切に愛情をもって接してあげましょう。犬のような性格をした猫も珍しいので、飼い主に忠実なとても愛らしい家猫になるでしょう。

 
 

関連カテゴリ