2016年4月8日更新

【獣医師監修】犬にきのこは大丈夫?その量に注意が必要

 
 

山の恵みといわれるきのこ類は、たくさんの栄養素が詰まった食材。犬にも食べさせてあげたいですが、、、そこはちょっと待って。犬にとって実はきのこは消化しづらい食べものです。低カロリーで健康効果の高いきのこ。特性を知って犬に安心して与えたいものですね。


毒きのこ以外は基本的に大丈夫


きのこは良い栄養素こそあれ、アクもなく犬に対して問題となる成分はありません。頼りなげな見かけによらず抗酸化作用が強く、近年ではがん予防の効果があると注目されています。

ダイエット食にもなりそうだから犬にも、と思うところですが、豊富な食物繊維には注意が必要です。人間にとっては便秘を解消し必要不可欠な食物繊維も、犬が食べ過ぎると下痢をしたり消化不良の原因となります

肉食寄りの犬は人間ほど野菜などの繊維を多く含む食材の消化が得意ではありません。また、犬の歯の形状では、柔らかく見えるきのこも上手に咀嚼することができず、大きいまま飲み込んでしまいます。繊維を細かく壊して食べさせる必要があります


きのこのスゴイ健康効果とは?

きのこにはそのかわいらしい外見とは裏腹に、パワフルな健康効果が潜んでいます。ここでは私たちにもっとも身近なきのことして、しめじに含まれる主な栄養素をご紹介しましょう。

  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンB1・B2・B3・B5・B6
  • カルシウム
  • カリウム
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • 食物繊維

きのこにはカルシウムと共に、その吸収を補助するビタミンDが含まれています。骨を強化し、免疫力をアップさせるビタミンDは身体全体の健康にかかせない栄養素です。さらに鉄分やマグネシウムは体内バランスを整え、体力の底上げをしてくれます。

またきのこには、血中コレステロール値や血糖値を下げる働きのある成分が豊富です。肥満気味の犬にとっても、嬉しい効果が期待できます。