2016年5月3日更新

【獣医師監修】少量ならOKでも鮭はダメ!犬に与えられるお刺身と注意点

お刺身を食べていると愛犬のうらやましそうな目線に負けてしまいついあげてしまう…そんなお父さんが多いようです。生の魚であるお刺身を、犬が食べても果たして大丈夫なのでしょうか?

肉と魚では含まれる成分が異なります。細菌や寄生虫の存在も気になります。ここでは気になる犬とお刺身の関係についてお伝えしていきます。

正しく処理されたものを少量ならば大丈夫

素材chihuahua-981188_640
もともと肉食動物であるオオカミを祖先とする犬にとって、生の肉からタンパク質を得るのは、理にかなったことです。そのため馬肉のような寄生虫の心配の少ない生肉は、理想的な食餌とも言われています。

しかし犬は魚介類の消化があまり得意ではありません。同じ生でも、魚に関しては慎重に与える必要があります。特に鮭や川魚、貝類・甲殻類など避けた方が良いものもあります

美味しそうに食べるからといって、マグロのお刺身を大量に与えると下痢や嘔吐をまねく場合があります。細かくカットして少量をフードに混ぜるなど、その犬に合った方法で与えてください。刺身の消化が苦手なようであれば、火を通してほぐせばより安心です。

食べ過ぎによる障害 与えてはいけない刺身


比較的安全な刺身であっても、犬が食べ過ぎると消化不良を起こします。イカやカニ、エビなどは消化が悪いので、特に注意が必要です。細かく刻んで味つけ程度に与えるのが良いでしょう。

生の魚介類に含まれているチアミナーゼという酵素はビタミンB1の吸収を阻害します。人間と比較して体重の少ない犬が毎日刺身を食べると、この成分の影響を受けて脚気のような症状を引き起こす恐れがあります。「猫にイカを与えると腰を抜かす」という通説の現象は、このチアミナーゼによるものと考えられています。

鮭やニジマスなどマス科の魚には、感染症を引き起こすリケッチア細菌やアニサキスなどの寄生虫の心配があります。人間用に処理されたお刺身については、ほぼ心配はありませんが、加熱用の生魚を犬に食べられないように気をつけてください。気になるようであれば、加熱して与えることをおすすめします。

どんなお刺身なら安心?

犬_素材dog-camping-669632_640
比較的犬に与えても心配がないのは、マグロ、ブリ、タイ、カンパチ、ひらめ、カレイなどです。もちろん人間並みに食べさせると、おなかを壊す原因となります。たまに、お楽しみ程度の量を与えるのが良いでしょう。

新鮮なお刺身をよく刻み、他の食材やフードと混ぜると喜んで食べてくれます。もちろん、しょう油やわさびなどのついていない部分を与えるようにしてください。

犬によっては、魚の刺身を受け付けない体質の個体もいます。初めて食べさせるときには、少量にして、与えた後にはしばらく犬の様子を観察するようにしましょう。刺身は、とくに犬が食べなければならない食材ではありません。欲しがっても与えない方が良い場合もあります

加熱した方が安全

犬にもおすそわけ、と考えがちですが、犬と人間では消化能力が異なります。同じ魚を与える場合にも、刺身よりは加熱した方がより消化しやすくなります。また、日にちが過ぎたものは、必ず火を通してから与えるようにしてください。犬の健康を第一に、愛犬に適した食事を考えてあげてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬、愛猫に手作り食を食べさせられない人にオススメ。ニュージーランドから来たペットフード【ジーウィピーク】

ペットの健康を考えて生肉を使った手作り食をペットに食べさせている飼い主さんが最近、増えています。一時は「手作り食は栄養のバランスが悪い」などと言われていましたが、最近の手作りは栄養分を綿密に……

犬に必要な栄養

愛犬のための手作りごはん教室を開催!見た目も可愛いワンコごはんが完成♪

10月18日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし、『愛犬のためのワンコイン料理教室』を開催しました!! 犬や猫の平均寿命が30年前と……

ペットフードの総合栄養食ってどんな意味? 総合栄養食と一般食の違いとは?

ペットフードを見ると「総合栄養食」「一般食」などの記載があります。一体、総合栄養食とはどういう意味なのでしょうか?一般食と何が違うのでしょうか?今回は、ペットフードの基準についてご紹介します……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬の健康づくりにセロリがひと役 食べさせる時には繊維に注意

独特の香味をもつセロリは、人間でも好き嫌いが分かれます。意外と犬はセロリ好きが多いよう。瑞々しさとあの歯ざわりが人気の秘密かもしれませんね。でも、犬にセロリを食べさせても大丈夫なのでしょうか……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】小松菜は元気な犬に食べさせたい野菜 与える時の注意とは?

冬場にたくさん栄養をたくわえる小松菜は、ほうれん草とは異なりアクも少なく、犬に与えやすい野菜のひとつ。でも身体に良いからと、食べさせ過ぎるのはいけません。小松菜の特性を知って、犬の正しい食生……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬に豆乳は大丈夫?与えるときの注意点とは

身体に良いことで知られる大豆。牛乳の代わりに豆乳をフードに混ぜている飼い主さんも多いようです。とりあえずの危険性はないようですが、そもそも犬にとって豆乳は身体に良いのでしょうか?与えるときに……

犬に必要な栄養

【愛犬と過ごすハロウィン!】愛犬のためのワイコイン料理教室

当イベントは大好評にて終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、まことにありがとうございました。 当日の様子はよろしければこちらからご覧ください♪ http://pet-seikats……

犬のニュース

【獣医師監修】犬はじゃがいもを食べても大丈夫?犬にじゃがいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

カレーや肉じゃが、サラダなど人間のメニューでは大活躍してくれるじゃがいも。栄養豊富で便利な食材ですが犬にあげても良いのでしょうか?今回は犬にじゃがいもを食べさせても良いかどうかについて調べて……

ドッグフード

犬にはドッグフードを与えなきゃだめ?“犬のごはん”について

犬を飼うと必ず必要になるのが“犬のごはん”ですね。 最近では店頭で買えるものだけでなく、通信販売で様々なドッグフードを購入できるようになり、選択肢も大きく広がっています。 そこで……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬にお茶はダメ?カテキン効果よりもカフェインの危険

ひと口にお茶といっても、たくさんの種類がありますよね。人では風邪予防や抗酸化作用などで知られる緑茶にも、犬にとって危険な成分であるカフェインが含まれています。 一方でノンカフェインの健……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】もやしは犬にとっても健康野菜?どうやってあげれば良いの?

年中ほぼ価格が安定している庶民の味方、『もやし』。頼りなげな見た目とは裏腹に、もやしの栄養価はかなりのもの。犬にも食べさせてあげたいと考えても、不思議はありませんね。 では、もやしは犬……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はキャベツを食べても大丈夫?犬にキャベツをあげる場合の注意点と簡単レシピ

食物繊維が豊富で人では便通に良いと言われているキャベツ。生でも火を通しても美味しい野菜ですが犬にも食べさせて良いのでしょうか?また、食べさせる場合はどのような点に注意するといいのでしょうか?……

ドッグフード

【獣医師監修】犬は柿を食べても大丈夫?犬に柿をあげる場合の注意点と柿を使ったレシピ

秋を代表する果物、柿。栄養豊富な柿は昔から「柿があれば医者はいらない」と言われ、珍重されてきましたが、犬にとっても良い果物なのでしょうか?今回は柿を犬に食べさせても良いのかどうか調べてみまし……

犬のおやつ

【獣医師監修】可愛い顔した危険物?犬にさくらんぼを与えてはいけない理由とは?

ほんのり甘いさくらんぼは、目にも楽しく、つい犬にもあげたくなります。でも、さくらんぼは犬にとって避けた方がよい食品のひとつ。実は意外な危険性が潜んでいるのです。ここでは、さくらんぼを与えては……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】毒?薬?犬がにんにくを食べて大丈夫って本当なの?

人間にとっては滋養強壮効果の高いにんにくですが、成分的には犬にとって害になるものが含まれています。しかし、飼い主さんによっては、元気がないときににんにくを与えているという人も。 はたし……

犬に必要な栄養