2016年5月4日更新

【獣医師監修】犬と貝類は相性悪し!食べさせたくないその理由とは?

魚介類のお刺身を食べていて、物欲しそうな犬の視線に一瞬迷う飼い主さんもいるでしょう。でも貝を犬にあげてしまったばかりに、愛犬に苦しい思いをさせる危険性があります。ここでは犬に貝類を与えない方が良い理由と、その症状についてご紹介していきます。

犬は貝を消化できない


犬は元々、生魚など海の生き物の消化があまり得意ではありません。特に貝類については消化する酵素をまったく持っていません。そのため、犬にとっては消化不良や下痢を起こしやすい食物です。具合を悪くしない場合でも、ほとんどそのままの状態で排泄してしまいます。

また、人間でも貝毒にあたる話は良く聞きますが、貝類は育つ環境によって、水質の影響を受けやすい生き物です。加熱処理をしていない貝類は、毒素を持つ危険性があります。加熱をした貝であっても、消化の面から犬には安全な食品とはいえません。ASPCA(米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)によると、貝類はアルコールやカフェインと同ランクの危険度に指定されています。

犬にとっての貝毒とその症状


人間にも中毒を起こす貝毒以外にも、犬にとって高い毒性を持つ物質が貝類には含まれています。アワビ、トリガイ、 サザエ、トコブシなど一部の貝類には、光線過敏症を発症する危険性のある物質が含まれています。特に3~5月頃毒素が強くなり、危険性が増します。この病気になると毛の薄い耳などに腫れやかゆみが出て、これを犬が掻くことで傷やかさぶたとなり、毛が抜け落ちます。重症化すると、耳が壊死する可能性も。俗に「犬猫はアワビで耳が落ちる」といわれるのは、この症状からです。

また生の貝の内臓には、ビタミンB1を破壊する酵素が含まれています。常食させたり、体重に比較して多く食べさせると、ふらつきなどの神経症状が現れる場合もあります。重症化すると、痙攣をおこし、昏睡状態となることも考えられます。それほどの量の生貝を犬に与えるとは考えにくいものですが、貝を調理した後の残飯をうっかり食べられないように気をつけなければなりません。

犬が貝を食べてしまった時にするべきことは?

ホタテの刺身などをひと切れくらい食べても、即、命に関わるわけではありません。食べてしまった後しばらく犬の様子を注意深く観察し、普段と変わりないようであれば大丈夫です。危険性の高い貝類や、内臓を食べてしまった場合には、念のため獣医師の診察を受けさせましょう

消化不良で吐き戻しがあり、出してしまった後、元気であればそのまま様子を見ましょう。下痢や嘔吐が続くようであれば、食中毒の可能性があります。脱水症状を起こす危険がありますので、病院で点滴などの処置が必要となります。

また、貝殻ごと食べてしまった、飲み込んでしまったという事故も良く聞きます。気管に詰まったりなど、明らかに苦しんでいないようであれば、その日はそのまま様子を見ます。翌日になっても排泄されないときや、時間の経過とともに元気がなくなるようであれば、必ず獣医師の診察を受けてください

基本的に貝類は食べさせない

犬にとって貝類は安全な食品とはいえません。ただ栄養素としては、滋養強壮に効果のあるタウリンが豊富に含まれています。犬のおやつとして販売されている貝の加工品については、毒素などの心配はありません。

ただし、加工してあるからと言って消化の悪さに変わりはないので、犬の様子を見ながら少量ずつ与えるようにしてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬にきのこは大丈夫?その量に注意が必要

山の恵みといわれるきのこ類は、たくさんの栄養素が詰まった食材。犬にも食べさせてあげたいですが、、、そこはちょっと待って。犬にとって実はきのこは消化しづらい食べものです。低カロリーで健康効果の……

犬に必要な栄養

2分でわかる!子犬にあげていい食べ物と、いけない食べ物

体力・免疫力がさほど強くない子犬の時期は特に体調に気を付けてあげたいですね。特に毎日のエサには注意したいところです。 成長著しい子犬の時に、間違った食生活を送ってしまうと将来、虚弱体質……

犬に必要な栄養

カナダで生まれた「オリジン」は肉の量にこだわり、犬の食生活の本質に迫るドッグフード

犬が肉食動物であることに注目してタンパク質を豊富に使ったドッグフードが愛犬家の間で注目を集めていますが、その中でも「オリジン」は肉類の原料比率が80%もあるプレミアムな肉系ドッグフード。グリ……

犬に必要な栄養

犬や猫のために考えたい手作りごはん。手作りペット食がペットに良い4つの理由

栄養バランスが計算され、食べる量もあらかじめ決められているペットフード。ペットの栄養についての知識がなくても缶や袋を開けるだけで食事が済みますので、忙しい飼い主さんにとってはこの上なく便利で……

犬に必要な栄養

犬が必要とする一日の運動量は?長生きしてもらう為に飼い主が行うべき事

家庭で飼われている犬の多くは様々な問題を抱えています。その問題の中で一番私たち人間が考えないといけないことは「犬の運動量」です。 犬は昔から野生で生きる動物でした。生きる為に獲物を狙い……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬の健康づくりにセロリがひと役 食べさせる時には繊維に注意

独特の香味をもつセロリは、人間でも好き嫌いが分かれます。意外と犬はセロリ好きが多いよう。瑞々しさとあの歯ざわりが人気の秘密かもしれませんね。でも、犬にセロリを食べさせても大丈夫なのでしょうか……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】美味しいアボカドも犬には危険食品!絶対に避けたい理由とは?

森のバターともいわれ、ビタミンEが豊富なことで知られるアボカド。「大好き!」という飼い主さんも多いでしょう。でも、その美味しさを犬にもおすそ分けするのは、ちょっと待って。アボカドは安易に犬に……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬がプリンをなめちゃった!少しだけなら与えても良い?

人間のプリンをそのまま食べさせる飼い主はまずいないと思いますが、カップに残っていたのを犬がなめてしまったということは良くあるのではないでしょうか? 犬はミルクと卵のにおいがする、甘いプ……

犬にデザート・スイーツを与える

【獣医師監修】秋の味覚・サンマを犬に食べさせても大丈夫?犬にさんまを与える際の注意点は?

犬に肉はよく聞くイメージですが、魚はどうでしょうか。たとえば秋の味覚の代表・サンマを旬の時期に犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。それでは果たして、犬にサンマを食べさせても大丈夫なのでしょう……

犬に必要な栄養

Dr.ワイソンが学術的研究をもとに作り上げた極限まで自然に近づけたドッグフード「ワイソン」

どんなに優れた食材を使っていても加工品であるペットフードは自然の中で生で食べる生命力ある食べ物とは違います。ワイソンはペットフードが生のエサと違うことを充分理解したうえで、「なるべく自然の状……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】白菜は犬が食べても大丈夫な野菜の筆頭 与える場合の注意点は?

白菜はあくも少なく、犬に与えても心配のいらない野菜のひとつです。ビタミンや水分の補給もできる白菜は、むしろ積極的に活用したい食材。でも、体質や病状によっては与えていけないときもあります。白菜……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬に生肉って大丈夫なの?実は推奨されている理想食品だった?

生肉を犬にあげることに抵抗を感じる人はいるかもしれません。しかし、肉食動物であるオオカミを祖先とする犬には、生肉からしか得られない大切な栄養素もあります。 最近、特に注目されている犬で……

犬に必要な栄養

愛犬がドッグフードを食べてくれない! 犬の食事の与え方 ・しつけ方

犬の食事の与え方にはいろいろな方法があります。決まったドッグフードを、銘柄を変えずにずっと与える人もいれば、手作りごはんを毎日のように与える人もいます。 中には、ドライフードをあげてい……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬はイチゴを食べても大丈夫?犬にイチゴをあげる場合の注意点とイチゴのレシピ

甘酸っぱい味が美味しく、いくらでも食べられそうなイチゴ。洗うだけですぐに食べられる手軽な点も魅力です。サイズが小さく柔らかいので犬にあげるのにもちょうど良いのですが、犬にイチゴを与えても健康……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は枝豆を食べても大丈夫?犬に枝豆をあげる場合の注意点と簡単レシピ

ビールのおつまみとして不動の地位に君臨する枝豆。枝豆をおつまみに飲んでいたら、犬が来て枝豆をおねだり。こんな時、犬に枝豆をあげてもよいのでしょうか。今回は犬に枝豆を与えても良いのかどうかにつ……

犬に必要な栄養