2016年2月26日更新

鳴き声が比較的小さめ。アケボノインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

インコの中では鳴き声が通りにくく、騒音トラブルが少ないと言われているのがアケボノインコです。若干、くすみはあるもののカラフルな配色はインコならではと言えるでしょう。今回はアケボノインコについてご紹介しましょう。

 

アケボノインコってどんな鳥なの?

アケボノインコは中米から南米のかけての広い範囲に生息するインコ。ゴシキセイガイインコのような鮮やかな原色ではありませんが、頭部は青、胴体は緑で光沢ある羽根が特徴です。

体長は30㎝前後、体重は250g前後で中型。大声で鳴く品種が多い中、比較的声が小さめで、動きもゆったりしている点が特徴。破壊行動も少ないと言われています。インコとのコミュニケーションを欠かさず、しっかりとお世話すればトラブルの少なく飼いやすいインコだと言えるでしょう。

アケボノインコを飼う時の注意点は?

おとなしい性格だけれど寂しがり屋

アケボノインコはおっとりした性格で人にも甘えるタイプですが、寂しがり屋な一面もあります。飼い主さんにあまり相手にしてもらえなくなると甲高い声で鳴くことあると言われていますので、定期的に放鳥して声をかけたり会話を楽しんだりすることを心掛けましょう。

気温の管理には気をつけよう

アケボノインコは比較的飼いやすいインコですが、夏の暑さにはあまり強くない傾向があります。直射日光の当たる場所や風の通らない暑い場所にケージを放置するのは止めましょう。

 

アケボノインコを飼う前に揃えたいグッズは?

アケボノインコを家に迎え入れる前にケージを用意しましょう。アケボノインコはアクティブに動き回るタイプのインコではありませんので30㎝の体がぶつからずに暮らせる50㎝四方程度のケージがあれば良いでしょう。ケージの中にはエサ入れ、水入れ、止まり木などを用意します。ケージの下にはペットシートなどを敷いておくと糞の掃除が比較的楽になります。

アケボノインコは何を食べるの?

インコ・オウム用のペレット

アケボノインコにはインコ、オウム用のペレットを主食として与えましょう。ペレットにはインコに必要な栄養分がバランス良く配合されています。ただし、ペレットには好き嫌いもあるようですので、最初は購入したショップにそれまで食べていたペレットの種類を聞いて同じものを購入すると良いでしょう。

シード

インコには副食として粟、ひえなどのミックスシードを用意した方が良いでしょう。シードには殻つきタイプと殻無しタイプがありますが、できれば殻つきタイプを選びましょう。インコは殻つきシードの殻だけを器用に剥いて食べるのが好きですし、この作業がストレス解消にもなります。

その他

ビタミンやミネラルを補うためにも青菜(コマツ、チンゲン菜、スプラウトなど)や野菜(ブロッコリー、ニンジン、冷凍のミックスベジタブル)、果物(リンゴ、みかん)を副食として与えると良いでしょう。また、カルシウム摂取のために貝の殻から作ったボレー粉なども与えておくと良いようです。

初心者でも比較的飼いやすいインコ

アケボノインコはインコの中では比較的、おとなしく飼いやすいと言われていますので、「初心者にオススメのインコ」と勧められることも多いようです。ただし、アケボノインコも鳴き声を出さないわけではありませんし、寿命も25年~30年と長生きです。犬や猫より長生きするわけですから、きちんとお世話できるかどうかを考えて飼う必要があるでしょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード