2016年2月26日更新

花の蜜が大好き!ゴシキセイガイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

南半球を中心に幅広いエリアに生息しているゴシキセイガイインコ。生息場所によって羽の色が異なるため一般の人は見ただけで区別がつきにくいかもしれません。今回はゴシキセイガイインコについてご紹介しましょう。

 

ゴシキセイガイインコってどんな鳥なの?

ゴシキセイガイインコ 1
ゴシキセイガイインコは、インコ科の中でもヒインコ亜科に属するインコで、花の蜜や花粉を食する点が特徴。そのため、舌の先端がブラシのようになっていて蜜や花粉を上手にこそぎ取ることができます。

オーストラリア、インドネシア、ニューカレドニア、パプアニューギニア、ソロモン、バヌアツなど幅広い範囲に群れを作って分布していますが、亜種が20種以上もあります。例えばインドネシアでは同じゴシキセイガイインコでも島によって住んでいる亜種が異なります。一番の特徴である羽根の色も種によって異なるため、一部では亜種を違う種類に分類すべきという意見もあるようです。

体長は25㎝~30㎝程度、一番ポピュラーなオーストラリア種では、頭とお腹が紫に近い青、背中から尾羽根にかけては明るい緑色、くちばしと胸の部分はオレンジ色と絵具を落としたパレットのように鮮やかです。翼の内側もオレンジや黄色に彩られ、飛んでいる姿を下から見ても派手な印象です。性格も羽根の色のように明るくアクティブですので飼ったら楽しいインコでしょう。

ゴシキセイガイインコを飼う時の注意点は?

食べ物が違う点を理解すること

前項でご紹介したようにゴシキセイガイインコのようなローリー・ロリキート種は、花の蜜、花粉などを主食としています。このため、他のインコ、オウムとはエサが違いますので専用のエサを与える必要があります。また、消化能力が高いため24時間以上、断食が続くと命に関わることがあるとも言われていますので、エサが不足しないよう注意が必要です。

糞が軟らかいので掃除はこまめに

ゴシキセイガイインコは食べたらすぐに糞をしますが、糞は軟便気味です。特にシードの種類によっては下痢気味になることもあるようですので、こまめなケージの掃除が必要でしょう。

騒音対策はしっかりと


ゴシキセイガイインコの鳴き声はホイッスルのような甲高い声で、長時間鳴き続けることがあると言われています。飼う場合には防音対策は必須でしょう。ゴシキセイガイインコを飼育する部屋は二重窓や防音カーテンなどを導入するなどして鳴き声が漏れないようにしないと近所迷惑になる場合もあるでしょう。狭い集合住宅や都会の密集した住宅街での飼育はあまりオススメできません。

 

ゴシキセイガイインコを飼う前に揃えたいグッズは?

非常にアクティブですので一羽でも最低45㎝~50㎝前後のケージを用意しましょう。糞が軟らかく、エサも軟らかい(ネクターを水で溶く場合)ため、ケージ内が汚れやすいですので、掃除しやすいタイプがオススメです。また、くちばしが鋭いので丈夫で錆にくいステンレス製のタイプが良いでしょう。エサ箱、水入れ、止まり木なども丈夫なものを用意しましょう。

ゴシキセイガイインコは何を食べるの?

専用のネクター

ネクターはゴシキセイガイインコのようなローリー種のためのエサで、この種のインコが必要とするタンパク質、カルシウム、ビタミンD、ビタミンAなどが配合されています。ブランドによってはゴシキセイガイインコが食べる蜜を意識して甘い味になっているものもあります。乾燥した粉の状態で売られていますので、そのまま与えるか水を混ぜて柔らかくして与えます。水を加えたものは季節によっては傷みやすいので都度、新しいものを用意する方が良いでしょう。

ローリー・ロリキート用のペレット

ゴシキセイガイインコのようなローリー種のインコ用に果実のフレーバーがついていたり、果糖などで甘みをつけりしたペレットがありますので、ペレットを食べさせる場合は専用のものを選びましょう。

野菜、果物

ビタミンやミネラルを補うためにも青菜や野菜を与えると好んで食べてくれます。ただし、ビタミンCの多い食材は良くないと言われていますので注意しましょう。

南国風の美しい姿で人気のインコ

ゴシキセイガイインコはインコの中でもカラフルで美しい姿が人気を集めています。人にも良く懐き、ダンスやおどけた仕草で飼い主さんを楽しませてくれます。しかしながら、エサが他のインコとは異なる点など、飼うにあたってはインコ飼育経験者でも新たに勉強しなければならないでしょう。寿命も20年近いので、姿の美しさに魅せられて衝動買いするのは止めた方が良いでしょう。

 
 

関連カテゴリ