2016年2月26日更新

インコらしいカラフルな羽根色が美しい。ナナクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

赤、青、緑など原色系のカラーが目を惹くナナクサインコ。羽根の色が派手なだけでなく背中の黒いうろこ模様がはっきりしているのが特徴です。今回はナナクサインコについて特徴、飼い方をご紹介しましょう。

 

ナナクサインコってどんな鳥なの?

ナナクサインコはオーストラリアの南東部の森林や公園などに広く生息するインコ。生息域によって体の大きさや羽毛のカラーリングが違う亜品種が存在しますが、おおむね体長30cm前後、体重は100g超えくらいのサイズです。

頭部から胸にかけてと下尾が赤、くちばしから頬に当たる部分にかけては白、腹部分は黄色、下腹部分は黄緑、翼は青や黄色に黒いうろこ模様、尾羽は青と緑と白…どんな場所にいても目立ってしまいそうなカラフルな配色で人気のインコです。

ナナクサインコを飼う時の注意点は?

ナナクサインコは寒さに比較的強く、丈夫で飼いやすいインコで屋外飼育も可能だと言われています。しかしながら、やはり冬の寒い季節や夏には体調を注意深くチェックし、ケージの設置場所を移動させた方が良いでしょう。

また、インコの中では神経質だと言われていますので、静かで落ち着いた場所にケージを置き、密な接触は避けた方が良いでしょう。

 

ナナクサインコを飼う前に揃えいグッズは?


ナナクサインコは体長30cm程度でそんなに大柄ではありませんが、長い尾羽をもっていますので、50cm四方程度のケージは用意するようにしましょう。狭いケージで飼育すると美しい尾羽がダメージを受けがちです。ケージの中にはエサ入れ、水入れ、止まり木を用意します。ケージの下にはペットシードなどを敷いておくと糞の掃除が楽になるでしょう。

ナナクサインコは何を食べるの?

インコ用のペレット

自然のナナクサインコは穀類やシード、果実、虫などを食べていますが、家庭での飼育下でシードメインのエサにするとビタミンやミネラルが不足することがあります。ナナクサインコにはインコ用のペレットを中心に与えると良いでしょう。

シード

ペレットは便利なエサですが自然のエサとは違いますので副食として粟、ひえなど穀類のシードも与えた方が良いでしょう。シードには殻つきタイプと殻無しタイプがありますが、できれば殻つきタイプを選びましょう。殻を剥いて食べる楽しみはナナクサインコにとってストレス解消にもなります。

野菜、果物

ナナクサインコには副食として青菜(コマツ、チンゲン菜、スプラウトなど)や野菜(ブロッコリー、ニンジン)、果物(リンゴ、みかん)を与えると喜びます。果実や野菜は食べやすいように細かくカットしておくと良いでしょう。

臆病なのでカラフルな姿を見て楽しむのがオススメ

インコの中でもはっきりしたカラフルな羽毛を持つことで人気のナナクサインコ。丈夫で飼いやすいインコですが、飼い主さんにべったりするタイプではありませんので、どちらかと言うと静かに鑑賞するのが好みの飼い主さん向きかもしれません。

 
 

関連カテゴリ