2016年2月26日更新

澄んだ声で人気者。ビセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

インコやオウムと言えば、近所迷惑の原因になるくらい騒々しい鳴き声の品種が多いことが知られていますが、ビセイ(美声)インコはその名の通り澄み切った美しい声で人気があります。今回はビセイインコについて特徴や飼い方をご紹介しましょう。

 

ビセイインコってどんな鳥なの?

ビセイインコはもともとオーストラリア東南部のサバンナや森林などに群れを作って生息していたインコですが、生息地の開発が進んでからは都会の公園や住宅地などにも移り住んでいます。体長は30cm弱、体重は50g~60g前後で中型のインコです。オスは全身グリーンをベースにお腹には黄色、背中にはグレイがかった赤褐色、尾の裏側の白などが差し色が入っています。メスはオスに比べて地味な配色でオリーブ色の体で腰の部分にグリーン、尾の裏側が白が入っています。

飼い主に甘え、遊びが好きなインコが多い中でビセイインコは臆病な面がありますので、一緒に遊ぶというより見て楽しむタイプのインコと言えるでしょう。

ビセイインコを飼う時の注意点は?

過度な触れ合いはNG

個体差はありますし、ヒナから育てる場合と成鳥から飼育する場合とでは慣れ具合に違いはありますが、ビセイインコは一般的に飼い主さんとの触れ合いよりも、静かで落ち着いた環境を好むインコだと言われています。手乗りにしようとして構い過ぎるとストレスから体長を崩すことがありますので、インコの様子を見ながら適度な距離感を保った方が良いでしょう。

ケージ周りの温度管理が大切

ビセイインコに限らず、インコは温度変化に敏感です。四季の温度変化の激しい日本ではエアコンやヒーター、保冷剤などを使ってケージ内の温度を26℃前後にキープした方が良いでしょう。日光を浴びる必要はありますが、直射日光に当たると熱射病になる可能性もありますので、窓際に置く場合は薄いカーテンを引くことをオススメします。

 

ビセイインコを飼う前に揃えたいグッズは?

ビセイインコは比較的長い尾羽根を持っていますので、ケージは広いフライトケージタイプを用意しましょう。ケージの中には止まり木、エサ入れ、水入れを用意します。ケージの下にペットシートなどを敷いておくと糞の掃除が楽になります。

ビセイインコは何を食べるの?

インコ用のペレット

ビセイインコにはインコ用のペレットを主食として用意すると良いでしょう。ペレットにはビセイインコに必要な栄養分が配合されていますので、比較的簡単に栄養バランスを取ることができます。

シード

ビセイインコは野生ではイネ科の植物の種を主食としていますので、ペレットを食べない場合はシードを多めに与える必要があるでしょう。殻付きの粟、ひえなどのミックスシードを用意すれば喜んで食べてくれるはずです。ミックスシードを購入する場合はひまわりなど油分が多いシードが少なめのタイプを選びましょう。

野菜、果物、その他

ビセイインコは野生でも果実や葉っぱが大好きです。ビタミンやミネラルを補うためにも青菜(コマツ、チンゲン菜、スプラウトなど)や野菜(ブロッコリー、ニンジン)、果物(リンゴ、みかん)など副食として与えると良いでしょう。また、ビセイインコは食べた種を消化するために砂を食べる習性がありますので、ケージに砂を入れておくと良いでしょう。

飼いやすく、鳴き声を聴いて楽しめるディーバ系インコ

基本的なお世話はもちろん必要ですが、濃厚なコミュニケーションを必要とせず、鳴き声も騒々しくないビセイインコは初心者でも飼いやすいインコと言えるでしょう。見ても聴いても楽しめるビセイインコはインコをこれから飼う人に広くオススメできるインコです。

 
 

関連カテゴリ