2016年4月29日更新

ミニチュア・プードルの里親になる方法・里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

トイ・プードルよりもちょっと大きめなミニチュア・プードル。ころころと変わる明るい表情と、いつも何か遊ぶことを考えている冒険心は、一緒に生活していてあきることがありません。そんなミニチュア・プードルの里親になるにはどうしたらよいか?里親になるためには何に注意をしたらよいのかなどを調べてみました。

 

ミニチュア・プードルの里親になる前に知っておくことは?

ミニチュア・プードルとはどんな犬なのか、里親になる前に知っておかなくてはならないことはどんなことかをまとめてみました。

ミニチュア・プードルの特徴

現在プードルにはスタンダード・プードル、ミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルの4種類があります。それぞれ体高の高さと体重が異なり、体高28~38㎝体重が5~8㎏がミニチュア・プードルとされています。

性格は活発で、愛想がよく、遊び好き、飼い主を喜ばせることが大好きです。室内での飼育が望ましく、スタンダード・プードルほどの運動量は必要ありませんが、知的な刺激のある遊びを取り入れた毎日の運動が必要です。

気を付けたい病気は、皮膚疾患、膝蓋骨脱臼、てんかん、眼瞼内反症、流涙症、外耳炎などがあります。

里親になる前に知っておくことは?

ブリーダーやペットショップから子犬を買うのと、里親として里子の犬を引き取るのは何が違うのでしょう。

里子に出された犬達は様々な事情によって、それまで生活していた環境から保護された犬たちです。飼い主に従うことを喜びとする犬にとって、保護されることはとても辛く悲しい事です。里親として犬を引き取るということは、二度と同じ辛い思いをさせないようしてあげる責任を負うことでもあるのです。

ではどうしたらよいのでしょうか。家族全員で犬を飼うことについて検討してみましょう。犬の病気には保険がききません。そのため、飼育にはそれなりの費用がかかります。また里子の犬達はすでに成犬であることがほとんどです。それまでの生活で身についたことをすぐには変えることができないかもしれません。

検討した結果として引き取ることを決めた場合は、迎え入れる犬のためにその犬にあわせた準備を整えておきましょう。

ミニチュア・プードル里親になるとはどんなこと?

では、実際に里親になるとはどんなことなのでしょう。どんな生活がまっているのでしょう。色々と情報を集めるのもよいですが、里親として里子の犬と生活をしている方々の日々を参考にしてみてはいかがでしょうか。犬種は異なりますが里親の先輩方をご紹介します。

初めてミニチュア・プードルを飼う方は、ミニチュア・プードルとの生活がどのようなものかも心配ですよね。ミニチュア・プードルの先輩オーナーの方々もあわせてご紹介します。

 

ミニチュア・プードルの里親になるには

里親募集の探し方は?

残念なことですが、日本の保護犬の件数は飼育及び繁殖の頭数に比例して増減しています。そのため、人気の高いミニチュア・プードルの里親募集は多いのが現状です。

まずは地元の動物愛護センターもしくは保健所に、保護されたミニチュア・プードルがいないかを確認することをおすすめします。直接電話などで問い合わせてもよいですが、インターネットを利用して確認することもできます。地域名、動物愛護センター、ミニチュア・プードルの順で入力し検索してみてください。

里親情報サイトやミニチュア・プードルの掲示板を利用するのもよいでしょう。全国からの里親情報が犬種毎に確認できるので、引き取りのできる地域でミニチュア・プードルの里親募集があるかを簡単に調べることができます。

それぞれの保護団体で譲渡会も開催されています。譲渡会では保護している方と直接お話をする機会もありますし、犬の状態を触れ合いながら確認することもできますので、希望する犬が決まっている場合は参加されるのもおすすめです。下のサイトでは全国の譲渡会(里親会)の情報を掲載しています。参考にして問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

ミニチュア・プードルの里親を募集するには?

里親詐欺という言葉を知っていますか?虐待や転売などの飼育以外の目的で里子の犬を手に入れようとする行為です。飼い主として飼っている犬を手放さなければならない場合、最後にしてあげられることは新しい家族のもとで幸せになれるように、安全に手渡してあげることです。里親を募集するための注意事項をしっかりと確認し、事前の準備を整えてから募集するようにしましょう。

安心できる保護団体の方に相談をすることもおすすめです。

最後に

人気の高いミニチュア・プードル。ヘアカット次第で色々な表情を見せてくれるのが魅力でもありますよね。残念なことに多くのミニチュア・プードルが、トリミングもしてもらえないような状態で保護され、新しい家族ができることを待っています。ミニチュア・プードルとの生活を考える時に、里親になることを検討してみてはいかがでしょうか。

ミニチュアプードルについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアプードルの基礎知識まとめ