2016年2月9日更新

ニューファンドランドの里親になる方法・里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな体とむくむくとした被毛でクマのような印象のニューファンドランド。表情はとても優しく、そばにいると温かな気持ちにさせてくれますね。そんなニューファンドランドの里親になるにはどうしたらよいか?里親になるためには何に注意をしたらよいのかなどを調べてみました。

 

ニューファンドランドの里親になる前に知っておくことは?

ニューファンドランドとはどんな犬なのか、里親になる前に知っておかなくてはならないことはどんなことかをまとめてみました。

ニューファンドランドの特徴

ニューファンドランドはラブラドール・レトリバーの祖先犬といわれています。

カナダのニューファンドランド島沿岸で発見されたこの犬は、水をこよなく愛し、寒さに強い犬です。被毛は黒の印象が強いですが、白と黒の被毛の犬もおりランドシーアと呼ばれています。

とても落ち着いていて辛抱強く、大らかで優しい気質を思っています。社交性も高く他の犬とも仲良くできますが、家族が危険にさらされていると感じた場合は、護衛者のような行動をとることがあります。

気を付けたい病気は、大動脈弁下部狭窄症、肺動脈弁狭窄症、肘関節形成不全、股関節形成不全、胃捻転などがあります。

里親になる前に知っておくことは?

犬に限らず生き物を飼うということは、本来はその命を最期まできちんと面倒を見るということです。里親を募集している犬達は、残念ながら最後まで飼い主の元で生活することができなかった犬達です。もう二度とそのような思いをさせないためにも、最後まで面倒を見るにはどうしたらよいか、飼育にかかる費用も含めてしっかりと家族で話し合いましょう。

引き取りを決めた場合は、募集をしている方としっかりとコミュニケーションをとり、里子になる犬の今の状況など今後の飼育に不安が残らないようにしましょう。その上で、実際に生活をともにするトライ期間を設けていただき、家族との相性や先住のペットとの相性を確認しましょう。

里親になるとはどんなこと?

では実際に里親になるとはどんなことなのでしょう。何が大変なのか、どんなことに注意したらよいのか、わからないことも多いと思います。里親の先輩方はどうなのでしょうか。犬種は異なりますが、里親の先輩方をご紹介します。参考にしてみてはいかがでしょうか。

初めてニューファンドランドを飼う方は、ニューファンドランドとの生活についても知っておきたいところですよね。ニューファンドランドの先輩飼い主の方もあわせてご紹介します。

 

ニューファンドランドの里親になるには

里親募集の探し方は?

日本の場合住環境のせいもあるのか大型犬よりも小型犬の方が好まれる傾向にあるようです。大型犬のニューファンドランドは社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)の登録頭数が118頭とかなり少なく、もちろん登録頭数なので実際の飼育頭数はもう少し多いかもしれませんが希少な犬種であるといえるでしょう。保護および里親の募集件数が飼育の頭数に比例して増減している現状を考えると、ニューファンドランドの里親募集を探すことは、根気強く時間をかける必要があると思われます。

希少犬種の場合は地元の動物愛護センター及び保健所での保護のタイミングにあわせることはかなり難しくなります。直接地元の施設に確認をするよりも、里親情報サイトを利用することをおすすめします。全国からの里親情報が犬種毎に確認できるので、ニューファンドランドの里親募集があった場合に早い段階で情報を得ることができます。

ニューファンドランドのオーナーの方や、将来飼ってみたいと考えている方、ニューファンドランドのウォータートライアルの参加者が会員となり運営している、社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)公認の東京東ニューファンドランドクラブというクラブがあります。こちらではメールで里親希望を受け付けてくださっています。また、ドックショーやウォータートライアルへの参加などを通じて、実際にニューファンドランドと生活するとはどのようなことかを体験することができる機会を提供してくださっています。下のサイトに掲載されている内容を確認し、参加してみるのもよいのではないでしょうか。

ニューファンドランドの里親を募集するには?

ニューファンドランドなどの希少な犬種の場合は、高額な転売を目的とする里親詐欺の被害にあいやすい傾向があります。新しい家族のもとで幸せに暮らせるようにするためには、安心できる保護団体の方に相談することをおすすめします。

個人で募集する場合は注意事項をよく確認し、事前の準備を整えてから募集しましょう。

最後に

大きな体に優しさと慈愛をたたえたニューファンドランド。カナダでは水難救助犬として多くの水難者の命を助けた素晴らしい犬です。希少な犬種なのですぐには巡り合うことはできないかもしれませんが、気長にゆっくりと探していれば素敵な出会いが待っているかもしれません。