2016年1月20日更新

飼い猫がトイレに行った後に興奮状態に?猫の「トイレハイ」について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫によってはなぜかトイレに行ったあとに猛ダッシュで部屋の中を走り回る個体がいます。通称「トイレハイ」と呼ばれる現象ですが、なぜこのような行動をするのでしょうか?

静かにトイレに入っていたかと思えば突然走り出す・・・とても可愛らしい行動ではありますが、理由が知りたいですよね。

今回はトイレハイをする理由について、お伝え致します。

 

無事に排泄が済んで安心するため


実はトイレハイをするはっきりとした原因は分かっていません。

排泄というのは野生の猫にとってはいつ敵から襲われるか分からない、命がけの緊張を強いられる場面でもあるのです。その排泄が何事もなく無事に終わったので緊張がとけ、突然走り出したくなる、という説があります。

普段家の中では警戒心なくぐっすりと寝ている事が多いのに、面白いですね。野生の名残でもあるのでしょう。トイレ前にダッシュをする猫もいるそうです。

交換神経と副交感神経が切り替わるから、という説もありますが、これは全ての動物に当てはまる事で、トイレハイになるのは猫だけなのであまり有力な説をは言えないようです。

自分のニオイがする元から早く遠ざかるため

猫にとっては自分のニオイを元に外敵から居場所を知られて襲われるのは脅威です。

そこで自分のニオイを発しているものからなるべく早く遠ざかる事で、外敵に見つからないようにしているのではないか、という説もあります。

トイレハイをする猫の場合、きちんと砂で排泄物を隠せていない場合が多いので、自分のニオイは残せど本体はいなければOK!という事なのでしょうか。

もしかしたら何か災害が起きた時に今いる場所から逃げれば安全だ、と思ってしまう人間の心理と似ているのかもしれませんね。

 

トイレハイをさせない対策

猫の習性ですので無理にやめさせる、という事は難しいですがそれでもいくつか対策法がありますのでご紹介致します。

やってみたら効果がある場合もあるかもしれませんので、トイレハイに困る時には出来る範囲でやられる事をオススメ致します。

  • 猫が緊張しないように人が通らない静かな場所にトイレを設置する
  • 猫の姿が隠れて安心出来るように、ドーム型のトイレを用意する
  • トイレのサイズを変えてみる。大きさと周りの囲いを大きくしたらなくなったケースがあります。

いずれにせよ、猫がなるべくリラックスして用を足せるような環境作りがトイレハイを防ぐのには大切ですね。
対策をしてもなくならない場合は、もう放っておくしかないかもしれません・・・。温かい目で見守ってあげたいですね。