2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の副甲状腺機能亢進症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


犬の副甲状腺機能亢進症は副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで引き起こされます。副甲状腺ホルモンとは副甲状腺から分泌されるホルモンのことを指し、パラトルモンとも呼ばれます。

副甲状腺ホルモンには血液中のカルシウム濃度を増加させ、腎臓におけるリンの吸収を抑制する機能があります。副甲状腺ホルモンは骨や腸、腎臓に作用する重要な役割を担っているので、その分泌に異常が起きていると生命活動に支障を来たす可能性があります。

犬の副甲状腺機能亢進症の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の副甲状腺機能亢進症の原因

犬の副甲状腺機能亢進症の主な原因は以下の通りです。

  • 副甲状腺の異常(原発性副甲状腺機能亢進症)
  • 腎臓の異常(腎性二次性副甲状腺機能亢進症)
  • 栄養バランスの乱れ(栄養性二次性副甲状腺機能亢進症)

副甲状腺の異常

副甲状腺に腫瘍などができていると副甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる可能性あります。

腎臓の異常

腎疾患によって低カルシウム血症を引き起こしていると副甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる可能性があります。

栄養バランスの乱れ

カルシウムやビタミンDの不足、カルシウムとリンの摂取量の偏りなどによって血液中のカルシウム濃度が低下していると低カルシウム血症を引き起こすことがあり、それが引き金となって副甲状腺機能亢進症を発症することがあります。

犬の副甲状腺機能亢進症の症状

犬の副甲状腺機能亢進症の主な症状は水を飲む回数の増加、尿量の増加、骨密度の低下などです。副甲状腺機能亢進症の原因別の症状については以下の通りです。

  • 副甲状腺の異常:多飲多尿、骨密度の低下、膀胱結石など。
  • 腎臓の異常:多飲多尿、骨密度の低下、慢性腎不全、高リン血症、高窒素血症など。
  • 栄養バランスの乱れ:骨密度の低下、血清中副甲状腺ホルモン濃度の上昇など。
 

犬の副甲状腺機能亢進症の対策

犬の副甲状腺機能亢進症は副甲状腺や腎臓の異常、栄養バランスの乱れによって引き起こされる可能性が高い病気です。

事前に予防することが難しい病気と言えますが、栄養バランスについては意識的に整えることができるので、栄養バランスに配慮したエサを与えるようにしてあげてください。特にビタミンDの不足やカルシウムとリンの不均衡については注意が必要です。栄養バランスが整ったエサとして代表的なものはドッグフードです。パッケージに記載されている成分表にしっかりと目を通し、飼い犬が摂取する栄養素について把握しておくようにしましょう。

副甲状腺や腎臓の異常については完全な予防方法を実践することが難しいので、多飲や多尿といった症状から犬の身体に起こっている異常を察知することが大事になります。早期発見から治療につなげてあげられるようにしてあげてください。

犬の副甲状腺機能亢進症の治療

犬の副甲状腺機能亢進症の主な治療方法は以下の通りです。

  • 基礎疾患の治療
  • 栄養バランスの見直し

それらの詳細については以下でお伝えします。

基礎疾患の治療

副甲状腺や腎臓に基礎疾患があることによって副甲状腺機能亢進症を引き起こしているときにはそれに対する治療を施します。場合によっては副甲状腺を切除することがあります。

栄養バランスの見直し

カルシウムとリンの不均衡やビタミンDの不足が原因で副甲状腺機能亢進症を引き起こしているときには栄養バランスを見直します。

基本的に市販されているドッグフードは栄養バランスが整えられているので、ドッグフード以外のものを与えずに栄養バランスを整える方法が一般的です。ただドッグフードの中には栄養バランスが整えられていないものがある可能性も考えられるので、しっかりとパッケージを見て確認してください。

副甲状腺機能亢進症に関係している栄養素に関しては、それらを多く摂取すればいいというわけではなく、バランスよく摂取することが大事になります。状況によっては獣医さんに相談しながら適切なエサを与えるようにしてください。

まとめ

犬の副甲状腺機能亢進症の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の副甲状腺機能亢進症は副甲状腺や腎臓の異常、栄養バランスの乱れによって引き起こされることが多いです。いずれの場合においても早急な対処が求められるので、飼い犬に多飲多尿などの症状が見られたときには早めに獣医さんの診察を受けさせてあげましょう。慢性腎不全などの重い病気が引き金となっている場合は命に関わる可能性が考えられます。栄養バランスのとれたドッグフードを適切に与えているにも関わらず副甲状腺機能亢進症と思われる症状が見られたときにはそのような疑いが強まるので注意が必要です。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】犬猫のクッシング症候群とは?クッシング症候群の原因、症状、治療について

クッシング症候群という病名を聞いたことがありますか? 聞きなれない病名だと思いますが、副腎皮質ホルモンの分泌異常で色々な症状が起こるやっかいな病気です。 今回は、クッシング症候群の原因……

犬の内分泌系の病気

【獣医師監修】様々な病気を併発する病気。クッシング症候群について

クッシング症候群ってどんな病気 クッシング症候群とは「副腎皮質機能亢進症」の一種で、毛が左右対称に抜けてしまったり、お腹がぽっこり膨らんだりといった、 特徴的な見た目の変化が症状となる病気……

犬の健康の基礎

【獣医師監修】犬の副甲状腺機能亢進症〜原因・症状と対策

犬の副甲状腺機能亢進症は副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで引き起こされます。副甲状腺ホルモンとは副甲状腺から分泌されるホルモンのことを指し、パラトルモンとも呼ばれます。 副甲状腺……

犬の内分泌系の病気

【獣医師監修】犬の生活習慣病② 糖尿病について

人間の生活習慣病として有名な糖尿病ですが、犬も糖尿病になります。犬の場合は、何らかの理由により膵臓が機能低下を起こしてしまうことにより、インスリンという血糖値を下げる働きを持つホルモンが分泌……

犬の内分泌系の病気

【獣医師監修】犬の甲状腺機能低下症の症状・原因・治療法について

犬の甲状腺機能低下症はこんな病気 甲状腺は犬の喉のあたりにあり、甲状腺ホルモンというホルモンを分泌する器官です。甲状腺ホルモンには新陳代謝の促進など全身の体調を整える役割があります。 ……

犬の内分泌系の病気

【獣医師監修】犬の糖尿病にかかりやすい犬種から原因・症状・治療方法まで

糖尿病は数ある病気の中でも、もっとも馴染みのある病名の一つではないでしょうか。 食生活が制限されてしまうだけでなく、様々な合併症を引き起こすとても危険な病気であることは、みなさんご存じ……

犬の健康と病気

【獣医師監修】犬のアジソン病〜原因・症状と対策

犬のアジソン病という病気をご存知でしょうか。 アジソン病は腎臓の上の部分にある小さな器官、副腎で合成・分泌される副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気です。副腎がどういう機……

犬の内分泌系の病気

【獣医師監修】愛犬の度を越した多飲多尿。もしかしたら尿崩症かもしれません

犬の尿崩症はこんな病気 排尿の回数、量がともに異常に多くなり、併せて水を飲む量も以前とは比べ物にならないほど多くなってしまう病気です。 犬の尿崩症の症状 上でも紹介したように、「尿の量……

犬の内分泌系の病気