2016年6月14日更新

【獣医師監修】犬の幽門異常〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

幽門とは胃の出口と十二指腸をつなぐ部位を指し、そこに異常が起きている状態を幽門異常といいます。

主な異常としては幽門が狭くなって胃の内容物を十二指腸に送り出せなくなった状態が挙げられ、これを幽門狭窄と呼びます。幽門狭窄になっていると、犬が食べたものを十二指腸に送ることができなくなってしまう可能性があり、生命活動を正常に行うことができない状態になることまで考えられるので、早急に対処してあげなければなりません。

犬の幽門異常の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の幽門異常の原因

幽門異常を引き起こす原因は先天性のものと後天性のものに分けられます。それらの詳細については以下に詳しく説明します。

先天性の幽門異常

先天性の幽門異常の多くは幽門の周囲にある幽門括約筋が遺伝的に肥大していることで発症します。先天性の幽門異常はブルドッグやボクサーなどの短頭種に多いと言われているので、これらの犬種の犬を飼っている方は特に注意する必要があると言えるでしょう。

また先天性の幽門異常は基本的に生後1年未満で発症すると言われています。生後間もない子犬に幽門異常の症状が見られたときには先天性の幽門異常の可能性を考えてください。

後天性の幽門異常

後天性の幽門異常の原因は様々で、主な原因については下記の通りです。

  • 幽門括約筋の肥大化
  • 幽門の表面の粘膜の肥厚化
  • 幽門部の腫瘍や胃潰瘍、胃炎、異物など

後天性の幽門異常が多くみられる犬種にはトイプードルやシーズー、パグなどが挙げられており、10歳前後の発症が多いと言われています。

犬の幽門異常の症状

犬の幽門異常の主な症状は未消化物の嘔吐です。またそれに伴って体重の減少や脱水症状などが見られることもあります。

幽門異常を引き起こしていると胃の出口が詰まったような状態になります。食べたものが十二指腸に送られなくなっていると消化器系が正常に機能できなくなってしまうので、早急に治療を施してあげなければなりません。飼い犬に未消化物を吐き出すといった症状が見られたら早めに動物病院に連れていき、適切な検査を受けさせてあげましょう。早期発見することが大事になります。

 

犬の幽門異常の対策

犬の幽門異常は幽門狭窄や胃の疾患などによって引き起こされます。先天的に発症しやすいと言われている犬種や後天的な幽門異常が多くみられる犬種を飼っている方は特に注意するようにしてください。幽門異常に関係している疾患については様々なものが考えられるので、それらのすべてを完全に予防することは難しいと言わざるを得ません。そのため飼い犬に表れている症状から幽門異常の可能性を早期に見抜いてあげることが大事になります。特徴としては未消化物を吐き出すことが挙げられるので、そのような症状が見られたときは適切に対処してあげてください。

犬の幽門異常の治療

犬の幽門異常は一般的に進行性であることが多く、また自然治癒が期待しにくい病気です。そのため場合によっては外科手術をしなければならないことがあります。幽門異常を治療する際の外科手術については下記の通りです。

  • 幽門筋層切開術:肥大した幽門括約筋の切除
  • 胃十二指腸吻合術:胃と十二指腸を繋ぐ
  • 幽門形成術:幽門の形を変える

幽門異常を発症していても問題なく日常生活を送れる場合は、吐き気止めの投与やエサの量の調整などといった対症療法で済むこともあります。

まとめ

犬の幽門異常の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の幽門異常は遺伝や胃の疾患などによって引き起こされる可能性があります。遺伝的に幽門異常を発症しやすい犬種を飼っている方は特に注意してください。また幽門異常を引き起こす可能性がある胃の疾患には様々なものがあり、予防することが難しいため、幽門異常を発症した後の対処が特に重要になります。

幽門異常を発症したときには嘔吐の症状が見られやすいので、これが見られたときには動物病院に連れていってあげてください。場合によっては手術が必要になるので、早期発見が大切になります。

 
 

関連カテゴリ