2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の膣炎〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の膣炎の原因
  • 犬の膣炎の症状
  • 犬の膣炎の対策
  • まとめ

犬の膣炎とは膣の内部に炎症が起こっている状態のことを指します。

膣はメス犬の生殖器であるためメス犬特有の病気です。犬の膣炎は発症する時期によって原因や治療法が異なるので、適切に対処するためにしっかりと知識を蓄えておくといいでしょう。膣は生殖器であるため、妊娠するために重要な役割を担う大切な器官です。膣炎の症状が見られたときには早急に対処してあげましょう。

犬の膣炎の原因や症状、対策についてご紹介します。


犬の膣炎の原因

犬は生後半年から1年ほどで最初の発情期を迎えますが、その以前と以後で膣炎の原因が異なります。それらの詳細については以下の通りです。

最初の発情期を迎える前

  • 異所性尿管:尿管が膣や尿道に開口している状態
  • 膣腔狭窄:膣の内部が全体的に狭くなった状態
  • 円形狭窄:膣の内部が窄まった状態
  • 帯状狭窄:膣弁が垂直に残った状態

以上のような先天的な奇形があると排泄物が膣を汚染してしまい、それによって膣炎を発症することがあります。

最初の発情期を迎えた後

  • 細菌やウイルス
  • 交尾による損傷
  • 腫瘍
  • 異物

膣炎の原因となる主な細菌には大腸菌、マイコプラズマ、クラミジア、ブルセラカニス、レンサ球菌、パスツレラなど、主なウイルスとしてはヘルペスウイルスが挙げられます。