2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の膣炎〜原因・症状と対策

犬の膣炎とは膣の内部に炎症が起こっている状態のことを指します。

膣はメス犬の生殖器であるためメス犬特有の病気です。犬の膣炎は発症する時期によって原因や治療法が異なるので、適切に対処するためにしっかりと知識を蓄えておくといいでしょう。膣は生殖器であるため、妊娠するために重要な役割を担う大切な器官です。膣炎の症状が見られたときには早急に対処してあげましょう。

犬の膣炎の原因や症状、対策についてご紹介します。

犬の膣炎の原因

犬は生後半年から1年ほどで最初の発情期を迎えますが、その以前と以後で膣炎の原因が異なります。それらの詳細については以下の通りです。

最初の発情期を迎える前

  • 異所性尿管:尿管が膣や尿道に開口している状態
  • 膣腔狭窄:膣の内部が全体的に狭くなった状態
  • 円形狭窄:膣の内部が窄まった状態
  • 帯状狭窄:膣弁が垂直に残った状態

以上のような先天的な奇形があると排泄物が膣を汚染してしまい、それによって膣炎を発症することがあります。

最初の発情期を迎えた後

  • 細菌やウイルス
  • 交尾による損傷
  • 腫瘍
  • 異物

膣炎の原因となる主な細菌には大腸菌、マイコプラズマ、クラミジア、ブルセラカニス、レンサ球菌、パスツレラなど、主なウイルスとしてはヘルペスウイルスが挙げられます。

犬の膣炎の症状

犬の膣炎の主な症状は下記の通りです。

  • 粘液性のおりものが出る
  • 膣の付近を舐める
  • 膣の赤みや腫れ
  • 尿の回数の増加

以上のような症状が見られたときには膣炎を発症している可能性があります。

犬の膣炎の対策

犬の膣炎は先天的な奇形、目に見えない細菌やウイルス、腫瘍などが主な原因となって発症するため、犬の膣炎は完全に予防することが難しいと言わざるを得ません。

病気を予防できるように心掛けることはもちろん大切ですが、病気を早期に察知して治療を受けさせてあげることも同じくらい大切です。膣炎の可能性を症状から的確に感じ取り、適切に対処してあげられるようにしてください。

犬の膣炎の治療

犬の膣炎の治療は原因と同様に発症する時期によって異なります。それらの詳細については以下の通りです。

最初の発情期を迎える前

先天的な生殖器の奇形がある場合には外科手術をして治療しなければならない可能性があります。手術の方法については膣周囲の狭窄部分の修復などを行う会陰切開術が挙げられます。

最初の発情期を迎えた後

細菌やウイルスに感染して膣炎を発症している場合は抗菌薬や抗生物質の投与と膣洗浄によって治療を行います。

ただブルセラカニスによって引き起こされるブルセラ症を発症している場合には子宮や卵巣を摘出しなければならない場合があります。ブルセラ症に感染した犬は流産することが多く、また犬だけではなく人間に感染する可能性もあります。ブルセラカニスが人間に感染する可能性はそれほど高くないと言われていますが、もし飼い犬が流産してしまったときには適切な検査を受けさせてください。

まとめ

犬の膣炎の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の膣炎は先天的な奇形、細菌やウイルスへの感染などが主な原因となって発症する病気です。膣炎を引き起こしていると思われる症状が見られたときには獣医さんの診察を受けさせてあげてください。

犬の膣炎の特徴的な症状としては粘液状のおりもの、膣の赤みや腫れなどが挙げられます。また飼い犬が膣の付近を気にしている素振りが見られたときにも膣炎の可能性を疑うようにしてください。特に膣炎を引き起こす可能性のある細菌やウイルスについては様々なものが考えられ、膣炎だけではなくその他の病気を引き起こす可能性があります。膣炎をきっかけにして細菌やウイルスの存在に気付けるようにしましょう。そのためには日頃から飼い犬の仕草や身体の状態を観察する習慣を身に着けておくことが大事になります。

飼い犬に表れている異常を察知できるようにしてあげてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬の膣炎〜原因・症状と対策

犬の膣炎とは膣の内部に炎症が起こっている状態のことを指します。 膣はメス犬の生殖器であるためメス犬特有の病気です。犬の膣炎は発症する時期によって原因や治療法が異なるので、適切に対処する……

犬の膣炎