2016年11月3日更新

【獣医師監修】猫にもニキビができる? 猫ニキビ〜原因・症状と対策

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫ニキビは主に猫の口から喉元にかけて黒い斑点ができている状態のことを指します。猫ニキビが悪化すると炎症や化膿が見られる可能性があるので症状を放置してしまわないようにしてください。ただ猫ニキビは一見しただけでは非常にわかりづらく、病気になっていることに気付けない場合が多くなってしまいがちな病気です。それを防ぐために猫ニキビに関する知識を身に着け、飼い猫が猫ニキビを発症しているときにはすぐに察知してあげられるようにしてください。猫ニキビの原因や症状、対策についてご紹介します。

 

猫ニキビの原因

猫ニキビの主な原因は以下の通りです。

  • バクテリア
  • ニキビダニ
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 皮脂
  • アレルギー

猫ニキビの原因については未だに解明されていないことが多いですが、以上のような原因が考えられています。特にバクテリアやニキビダニが直接的に猫ニキビを引き起こしている可能性が高いので、それらが繁殖してしまわないように配慮してあげることが大事になります。バクテリアは猫が使用している食器などで繁殖してしまう可能性があります。またストレスやホルモンバランスの乱れによって免疫力が低下しているとバクテリアが繁殖しやすくなることもあります。そういう意味では上記の猫ニキビの原因については互いに作用していると言えるでしょう。

猫ニキビの症状

猫ニキビの主な症状は口から喉元にかけての部分にできる黒い斑点や脱毛などです。そして症状が悪化してくると腫れや出血といった症状が見られ始め、場合によっては膿が溜まってしまい、膿皮症を引き起こす可能性があります。また猫が患部に痛みやかゆみといった違和感を感じて患部を引っ掻いてしまうこともあります。猫ニキビは症状を見て取ることができるので、早期の段階で察知してあげられるように心掛けてください。

 

猫ニキビの対策

猫ニキビの効果的な対策としては、猫の生活環境を衛生的にしてあげることが有効です。バクテリアやニキビダニによって猫ニキビの症状が出始めると考えられており、それらは不衛生な環境で繁殖する可能性が高くなっています。特にバクテリアは猫の食器などで繁殖してしまうことがあるので注意してください。こまめに食器を洗い、水を取り替えるようにしましょう。また猫ニキビは猫の体調の変化によって引き起こされる可能性が高まるとも考えられているので、猫の体調管理をしてあげることも大事になります。ストレスやホルモンバランスの乱れによって免疫力が低下していたり、皮脂が過剰に分泌されていたりするとバクテリアの繁殖を促してしまう可能性が高まると考えられています。猫の健康に配慮してあげましょう。

猫ニキビの治療

猫ニキビの治療は一般的に経口薬やムピロシン軟膏、石鹸などを使用して施されます。猫ニキビは原因自体がわかりきっていないという側面があるので、患部に対する治療を施し、様子を観察しながら回復を待つことになるでしょう。ただ猫ニキビの原因として考えられているものの中から予防できそうなものは予防するように心掛けてあげてください。

まとめ

猫ニキビの原因や症状、対策についてご紹介しました。猫ニキビの主な原因はバクテリアやニキビダニなどであると考えられています。飼い猫が猫ニキビを発症したときにはまずは患部に対する治療を施し、それらの原因を取り除くことに努めてください。そのためには食器の衛生面に気を付けること、ストレスやホルモンバランスに配慮すること、猫の身体を清潔に保ってあげることなどが大事になります。それらの点を踏まえて猫ニキビの対策を実践してあげてください。猫ニキビの原因はいくつかが複雑に絡み合って引き起こされている可能性があります。可能性をひとつずつ適切に取り除いてあげましょう。

 
 

関連カテゴリ