2016年1月22日更新

ちょっと嬉しい、猫が体をこすりつけてくる仕草。なぜするの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

可愛い猫が自分の足や手などに体をこすりつけてくる事ありますよね。懐いてくれているのかな、と思い少し嬉しい思いがしますよね。この行為は「猫のまわばり」とか「自分の物だと主張している」など人間をまるで物扱いしているような理由が良く言われています。本当のところはどうなのか、猫はどういう心理で体をこすりつけてくるのか、理由を解説します。

 

甘えるため


猫が体をこすりつけるパターンは2種類あるという説もあります。猫が顔のどの部分をこすりつけているかによって、意味が違うというものです。1つは顔の横、ほほの辺りをこすりつける場合と鼻の辺りや頭をこすりつけるパターンです。鼻の辺りをこすりつけるのは、「甘えている」と言われています。猫の鼻先を指で撫でてあげると猫から鼻先や頭こすりつけてくる事があります。これは飼い主に甘えている、と見て間違えないでしょう。
グルグル言いながらとても幸せそうな顔をしていると思いますので、こういった場合は思い切り可愛がってあげると猫も満足しますし、人間も癒される事でしょう。

マーキングのため


猫がほほの辺りをこすりつける場合は、「自分のもの」と所有権を主張している場合が多いです。猫は人間の体だけではなく家具や柱などにも顔をこすりつけます。猫は自分のニオイがすると安心する生き物のため、自分が安心出来る場所にするためにも体をこすりつけ自分のニオイをつけているのでしょう。また同時に、「この場所は私の。この人は私の。」と所有権を主張する為に顔をこすりつけてマーキングしているのです。
外出から帰った際に鞄や持ち物にスリスリするのも、自分以外のニオイがするのが気になるからでしょう。自分のニオイをつけて自分のものにした気になって安心するのだと考えられます。
猫を所有しているつもりが反対に猫の所有されているの?と思うと多少複雑な気もしますが、そこはご愛嬌と思い大目にみましょう。そんな自分中心な猫の一面も可愛らしい所という事が出来ます。

 

注意点

例えばお客様がこられた場合、お客様の持ち物のニオイが気になってスリスリしたり、場合によってはおしっこをかけてしまう事があります。あまりに普段嗅ぎ慣れないニオイがする為に警戒心が出てしまい、自分のニオイをつける為に躍起になってしまうのでしょう。スリスリする位でしたらお客様も許してくださるかもしれませんが、猫のおしっこのニオイは強烈で中々とれないですし衛生面でも嫌がられると思いますので心配な場合はどこか猫の手が届かない場所に隠しておくのが良いでしょう。