2016年3月10日更新

ラガマフィンの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ラガマフィンという猫は先祖がラグドールと同じなので、非常に似ています。
ぬいぐるみという意味のラグドールと同じく本当に可愛らしい見た目をしています。
違いは少しだけラガマフィンの方が釣り目のようです。
穏やかな猫なので、小さな子供や他の猫と生活をすることもできます。
そんなラガマフィンとの生活を里親として始めてみてはいかがでしょうか?

〈画像引用元:Takashi Hososhima

 

里親になるには?何が必要?


〈画像引用元:Chris Dlugosz

ラガマフィンをお迎えしようと考えた時に、必要なものは数多くあります。
餌やトイレ砂などの消耗品に加え、ベッドや猫タワーなど最初に必要なもの。
それから、ワクチンや去勢手術の他にも具合が悪い時には動物病院に連れて行ってください。
動物病院は基本的に自費診療なので、お金がかかるということもご承知おきください。
猫との生活にはある程度のお金が必要なのも現実です。

子猫をお迎えしても成猫をお迎えしても、必ず生涯面倒をみると約束をしてあげてください。
里親として引き取り、お金がかかっていないからと言って捨ててしまうような人もいるそうです。
そういったことのないように、二度と家を失うことがないよう覚悟と責任をもってお迎えをしてください。

実際に里親としてお迎えをした現実は?

覚悟や責任、お金もかかると聞くと尻込みしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際の生活を見て頂ければ、猫との生活はかけがえのないものであるということがわかるかもしれません。
ラガマフィンではないのですが、里親としてお迎えした方のブログをご紹介いたします。

また、里親としてではありませんがラガマフィンとの生活も覗いてみましょう。

 

里親になる方法。どこで出会えば?


〈画像引用元:dee & tula monstah

まず、地域にある動物愛護センターにラガマフィンが保護されていないか確認をしてみるのが良いでしょう。
保護されているようであれば、実際に訪問して対面してみるのが良いでしょう。
実際に会うことができれば相性や様子が見られるということと、お迎えもすぐなので安心です。
他にも動物病院などで捨て猫を保護していることもあるので、一度問い合わせをしてみても良いでしょう。

また、子猫をお迎えする場合には捨て猫でない限り2-3ヵ月経過してからお迎えしてあげましょう。
母猫との生活が可能であれば、母猫や兄弟との生活をしっかり送らせてあげることが、後々の精神状態に関係してきます。
それから、残念ですが世間一般的にはラグドールの方が人気があるそうなので、ラガマフィンは希少種になるようです。
つまり、里親を募集する方も少ないでしょう。子猫となるとかなり少なくなる可能性が高いです。
成猫、子猫に関わらず探す、もしくはMIXなども候補に入れると多くの猫と出会えるのではないでしょうか。

最近では、里親募集をSNSやインターネットで行う方も多くなりました。
ツイッターなどで里親募集と検索すると、ヒットします。
里親募集している方やサイトによっては、証明書類が必要だったりトライアル期間が設けられている場合があります。
中には里親詐欺などもあるそうなのでご注意ください。

下記のサイトでは柄やキーワードで検索することができます。
また、引き取り後もQ&Aなどを利用することもできるので安心です。

里親を募集するには?

アレルギーなどのどうにもならない理由で里親を募集しなければならなくなってしまった場合、生涯面倒を見てくれる里親を探してあげましょう。
上記のサイトで募集をかけたり、ツイッターなどで募集をすることも可能です。
また、最近では猫の終身預かりを行っている施設もあります。
面会なども可能なので候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ラガマフィンとの生活を!

子猫であっても成猫であっても引き取った以上は最後まで一緒にいてあげてください。
里親として引き取る際にも様々な問題や、条件があるかもしれません。
引き取った後も悩みがあるかもしれません。それでも、必ず猫はあなたに何かを与えてくれるはずです。
ラガマフィンは数は少ないですが、子供との生活もできるので安心ではないでしょうか?
里親と言う選択も候補に入れてみてはいかがでしょう。