2016年2月24日更新

しっぽを立ててスリスリする猫、その理由とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

しっぽをピンと立てた状態で人間の方に近づいてくる・・・ニャーニャと甘えるような声で鳴きながらの時もあります。猫も犬と同じで、しっぽで感情を表す事があります。同じ動きだからといって犬と同じ意味とは限りませんが、今どういう気分なのか、どう思っているのかを把握するにはしっぽの動きを見るのは効果的です。今回はしっぽを立てていることに注目して、その意味を読み解いて行きます。

猫のしっぽは、猫のコミュニケーションツール【しっぽは語る!】

 

甘えている時


遊んで〜、撫でで〜と甘えている時にしっぽをピンと立てます。猫は子猫の時に自分で排泄が出来ないため、母猫におしりを舐めて拭いてもらっていました。その時にしっぽを立てていたために、ふと気分が子猫モードになった時に思わずしっぽを立ててしまうのでしょう。しっぽを立てるのは親愛の情でもありますので、あなたの猫がこのようにしてきたら、あなたの事が大好き!と思っているのでしょう。
沢山可愛がってあげたいですね。ちなみに猫は自分の気分が乗った時は甘えるけど、気分が乗らない時は人間が撫でるなどしても嫌がる事があります。自己中心的というか自分の気持ちが最優先の生き物ですので、人間の気分が乗った時ではなく、猫の気分が乗った時に可愛がるのが一番良さそうです。
またかぎしっぽの猫の場合、しっぽの動きが分かりにくいのですがそれでも注意して見ているとちゃんとピンと立てていたり、しっぽを振っていたりします。短いしっぽでもしっかり感情表現はしていますのでなるべく見逃さないように気をつけてあげたいものです。かぎしっぽがピコピコ動いている様子もとても可愛らしいですよ!もしかぎしっぽの猫を見かけたら、しっぽの動きに注目してみてください。小さいながらもちゃんと動いてる!と楽しくなりますよ。

お腹が空いた時


ご飯ちょうだい!と催促をする時にもしっぽをあげる傾向があります。ご飯をもらう為に、しっぽをあげてニャーニャー鳴き、更には足などにスリスリ・・・これで人間が何かをしてあげなきゃ!と思わないはずはないですよね。大抵の方でしたら、猫の可愛らしい様子に思わず注意を引きつけられてご飯をあげようと思うでしょう。
多少甘えたい時なのかご飯が欲しいのか分からない場合もありますが、甘えたいのだったらご飯を出しても食べないので、そんな時は甘えたいのだな、と判断し甘えさせてあげてください。
ただここが猫らしいと言えば猫らしいのですが、猫はご飯を食べた後にはグルーミングに夢中になり、人間への感心が薄くなる傾向にあるらしいです。欲しいものがある時にはすり寄って、要求が果たされるとしらんぷり。交渉上手というか甘え上手というか、いやはや猫には敵いませんね。