2016年3月10日更新

ペルシャの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペルシャは中型の猫で長毛種です。短く潰れたような鼻、
抜け毛が少し多いようですが、大人しく声も小さめでしつけなども入りやすいそうです。
性格もおおらかなので里親としてお迎えしても安心して暮らせるかもしれません。
豪華な見た目から猫の王様と言われることもあるようです。
そんなペルシャとの生活を里親としてスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

里親としてお迎えするには?必要なことは?


里親募集されている中には、子猫も成猫もいます。
そして、成猫をお迎えするにも子猫をお迎えするにも、お迎えした以上は生涯面倒をみるということを約束してください。
責任と覚悟を持って、お迎えしてあげてください。
また、子猫をお迎えする時期にもご注意ください。
生後0-3ヵ月までは、母猫や子猫たちとの社会性を学ぶ時期です。
この期間がない子猫は将来精神不安定になってしまう可能性があります。

必要なグッズは、餌やトイレ砂などの消耗品に加えベッドやおもちゃなどがあります。
それから、ワクチンや去勢手術などの費用、体調が悪い時の診察代など。
動物病院は基本的に自費診療なので、高額なことが多いです。
猫との生活にはある程度の経済力も必要です。

実際の生活はどんな様子?


里親と言われても現実にはどんな様子か、想像だけでは心配な方もいらっしゃるでしょう。
里親として実際にお迎えした方の生活を見ていただけると、イメージが湧くかもしれません。
残念ながらペルシャの里親ではありませんが、里親として生活している方のブログをご紹介いたします。

里親ではないのですが、ペルシャとの生活も覗いてみましょう。

 

何をしたら里親になれるのか?

里親になろうと思ったときにまず最初にできることと言えば、地域の動物愛護センターにペルシャが保護されていないかを問い合わせてみてください。
保護されているようであれば、実際に会いに行ってください。
また、動物病院などでも捨て猫を保護している可能性があるので問い合わせてみるのも良いでしょう。

最近では、SNSやインターネットでも募集している方がいます。
ツイッターなどでも「里親募集」と検索するとヒットします。
しかし、子猫やペルシャとなるとかなり少なくなるでしょう。
他にも里親募集サイトで探すこともできますが、審査があったりトライアル期間がある場合があります。
また、条件などもあるので説明をよく読み、わからないことは問い合わせてからお迎えしましょう。
里親詐欺などもあるそうなので、十分ご注意ください。

下記のサイトでは柄やキーワードで検索することができます。
また、引き取り後もQ&Aなどを利用することもできるので安心です。

里親募集をするには?

どうにもならない理由で里親を募集しなければならなくなってしまった場合には、生涯お世話をしてくれる里親を探してあげましょう。
上記のサイトで、確実に大切にしてくださる方にお願いするのが一番良いでしょう。
しかし、最近では猫の終身預かりを行っている施設もあるようです。
一番理想的なのは新しい幸せなお家を探してあげるのが良いです。でも、探してみて信用できる方がいなかった場合など、一度検討してみてはいかがでしょうか?

ペルシャとの生活を!

子猫をお迎えするとなると、かなりのタイミングや運が必要です。
成猫やMIXなども候補に入れて探してみてください。
猫との生活は、他では得られない幸せです。成猫でも子猫でも、その子次第で生活は変わります。
どうか猫種問わず、幸せにしてあげてください。

 
 

関連カテゴリ