2016年1月25日更新

獣医師が教える!犬や猫はインフルエンザにかかるの?

冬本番となり、今シーズンもインフルエンザの流行が本格化してきました。人がかかるととても辛いインフルエンザですが、犬や猫にもインフルエンザがあるのか気になった人はいませんか?今回は、犬や猫のインフルエンザにについてお話しします。

日本で犬や猫のインフルエンザの報告はありません

素材_shutterstock_340302068
日本国内においては、これまで犬や猫のインフルエンザの報告はありません。今のところ、犬や猫へのインフルエンザの感染について心配する必要はほとんどないと言っていいでしょう。

インフルエンザを起こす病原体、インフルエンザウイルスについて

インフルエンザは、ご存知の通りウイルス性の疾患です。人だけでなく、鳥や馬など様々な動物種でインフルエンザは発生します。「ヒトインフルエンザウイルス」、「鳥インフルエンザウイルス」、「馬インフルエンザウイルス」といったように、動物種ごとにウイルスの型が異なり、基本的に動物種の壁を超えることはないとされています。

「ヒトインフルエンザ」が犬にうつることはない

素材_pixta_1597197_S
基本的にインフルエンザウイルスが動物種の壁を超えて伝播することはありません。そのため、ヒトのインフルエンザが犬にうつることはありませんし、そのような事例も過去に報告されていません。しかし、鳥インフルエンザの人への感染が問題となったように、これまで種の壁を越えないと考えられてきたインフルエンザウイルスが、大量の暴露によって異なる動物種へと伝播してしまうケースがあることが知られてきています。ただ、これらは非常に稀なケースであり、感染した鳥の体液や排泄物に直接触れるなどしない限りは、心配しなくても大丈夫です。

アメリカでは「犬インフルエンザ」が発生。日本での発生の報告はない

素材_shutterstock_7572949
実は、2004年にアメリカではじめて犬インフルエンザが発生しました。その後も、数は多くないものの、アメリカでは犬インフルエンザが散発しています。今のところ、日本国内では犬インフルエンザの報告はありません。

犬インフルエンザとは?

日本での発生が報告されていない犬インフルエンザですが、海外から日本に犬インフルエンザが侵入する可能性がないとはいえません。犬インフルエンザにかかったらどうなるのか、また、その予防方法などについて簡単に解説します。

感染経路

犬インフルエンザは、ヒトインフルエンザと同様に、くしゃみや鼻水といった飛沫や、感染した犬と感染していない犬の間に入った人間を介して伝播します。

症状

軽症型と重症型があり、軽症型であれば、10〜30日程度咳が続きます。また、細菌の二次感染を起こすと膿性の鼻汁が見られます。一方、重症型であれば40〜41℃の高熱に加えて、呼吸が速くなるなどの肺炎の兆候が見られます。犬インフルエンザの致死率は5〜8%です。

予防方法

人で広く行なわれているようなワクチンはありません。適切な食生活と適度な運動、生活環境の清潔を保つなど、健康的な日常生活を心がけましょう。

猫のインフルエンザも日本国内での報告はありません

素材_shutterstock_264251840
猫についても、日本国内でインフルエンザの発生の報告はありません。海外では、鳥インフルエンザに感染した可能性のあるトラなどの猫科動物の報告があります。しかし日本国内では、きわめて厳重な防疫体制、そして食肉や鶏卵の流通における徹底した管理体制のおかげで、鳥インフルエンザが猫に感染する可能性はとても低いといっていいでしょう。

必要以上の心配はいりません。日々の健康管理を大切に

素材_shutterstock_294467780
人のインフルエンザが犬や猫に容易に感染することはありません。また、今の日本の防疫体制や食品流通における管理体制、また、家畜の飼育、管理体制から考えて、家畜のインフルエンザが犬や猫に伝播する可能性も極めて低いといっていいでしょう。インフルエンザについては必要以上の心配はいりませんが、規則正しく健康的な生活を心がけて、免疫力の維持には努めましょう。日々の健康管理を大切にして、愛犬や愛猫との日々を楽しんでくださいね。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

世界でひとつ。愛犬、愛猫のフィギュアを再現してくれる「3D Petshop」

飼い主さんなら誰もが愛犬、愛猫の成長の記録として、また飼っていた犬や猫の想い出として写真やビデオなどを撮ると思いますが、今回はちょっと違った形でペットの姿を残す方法。昨今、金型なしで立体を造……

子どもがいる家で犬を飼った方がよい4つの理由とは?

現在、ペットを飼っている人にペットを飼った理由を尋ねた複数の調査によると、「動物が好きだから」「気持ちが和らぐから」などと並んで「子どもの情操教育のため」という理由がトップ3に入っています。……

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

【好評!】 犬用ケージ(ドッグケージ)おすすめ10選!

犬用のケージは、しつけができる大切なものです。飼い主と同じ行動範囲でしか生活をしてない場合、対等な立場と思い込んでしまい、問題行動を引き起こすこともあります。留守番の時はイタズラ防止になり、……

獣医師が教える!春特有の変化によって犬猫が感じるストレスとは?

寒い冬も終わりが近づいてきましたね。もうすぐ春がやってきます。春は新生活を楽しみにする気持ちの一方で、色々な環境の変化に対してストレスを感じる人もいると思います。私たち人間と一緒に暮らす愛犬……

東京・駒沢で都心最大規模のワンちゃんイベントが開催決定(*´`*)!!

画像出典:@Press:アットプレス 9月12日(土)13日(日)の2日間で都心では最大規模のワンコと飼い主さんのためのイベント【駒沢公園わんわんカーニバル2015】が開催されます♪ ……

犬のニュース

犬や猫も花粉症になるの…?そんな疑問に獣医師がお答えします!!

くしゃみが止まらない。鼻水が止まらない。目がかゆい。毎年春になると、花粉症の症状に悩まされる人も多いでしょう。今年も、辛い花粉症の季節が近づいてきました。ところで、犬や猫に花粉症があるのか、……

犬の飼い主さんなら思わずうなずく!犬飼い始め『あるある』8選

犬を飼うと生活が一変するという経験は、飼い主さんなら誰でも覚えがあるのではないでしょうか。いままで嫌々やっていたことも犬のためなら喜んでできる…という声もよく聞きます。今回は、犬を飼い始めて……

犬の雑学

意外と多い『春先の熱中症』について獣医師が解説!!

寒かった冬も終わりが近づき、暖かい日が増えてきましたね。実は春先は、『熱中症』を起こしてしまう愛犬が増えてくる時期でもあります。熱中症は、暑い夏だけの問題ではないのです。今回は、意外と多い、……

獣医師が教える!冬の乾燥が原因かも…?考えられる犬の病気。

冬の乾燥が原因かも?犬の病気 冬の時期、カサカサする肌やイガイガする喉といった乾燥による健康トラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。実は、乾燥対策は犬にとっても大切です。……

合言葉は「ぶひ可愛い!」鼻ぺちゃワンコたちの写真・物販展が開催!

画像出典:@Press:アットプレス 犬好きさんたちはご存知の方が多いと思いますが、ワンコは短頭種・中頭種・長頭種という3つのタイプに分けることができます。 ワンコの大半は中頭種で、……

望まない妊娠を防ぐため。発情期の雌犬について獣医師が詳しく教えます!!

避妊をしていない雌犬の多くは、年に2回の発情期を迎えます。避妊をしていない雌犬が避けては通れない、発情期のケアについて一度見直してみませんか?発情期を迎えた雌犬には、発情出血が見られたり、神……

人間が食べられる究極のペットドッグフードを作る「ランフリー」

犬の健康と食についての飼い主さんの意識が高まるようになって、ドッグフードはプレミアム化が進んでいます。種類も増え、愛犬の好みや体調に合わせて選択の余地も増えてきました。そんな中で大手ペットフ……

暖かくなる春先は特に注意!愛犬の拾い食いをやめさせるコツ

今月より、コラムを担当させていただくことになりましたDog index ドッグトレーナーのMIKIです。家庭犬と暮らすみなさまの、身近でよくあることや不安に思うことをわかりやすくお伝えしたい……

初めて犬を飼う方に 子犬の飼い方・しつけ方

犬を飼うまで 犬を飼うということは、一生面倒をみるということです。食事や散歩だけでなく、排泄物の処理やしつけ、病気にかかったときには動物病院へ連れていかなければいけません。動物を飼うという……