2016年2月29日更新

人懐こいけれど、自己主張も強い。アヒルの特徴、性格、飼い方をご紹介

アヒルというと公園の池や動物園にいるイメージですが、保険会社のCMに登場するアヒルの影響か家で飼ってみたいという人が増えてきているようです。アヒルを家で飼うことは可能なのでしょうか?今回はアヒルの飼い方、特徴をご紹介しましょう。

アヒルってどんな鳥なの?

アヒル
アヒルはその姿を見ても分かるようにカモ科の鳥で、野生のカモから家畜用に改良された品種です。アジア、ヨーロッパ、アメリカと世界中に生息しています。体長は60cm前後、体重は1kg前後と鳥の中では大きめなサイズと言えるでしょう。

アヒルには真っ白い羽毛と黄色いくちばしでもっともポピュラーな「シロアヒル」、配色がカモに似ている「アオクビアヒル」、クリーム色の羽毛をもつ「シキアヒル」などさまざまな種類があります。最近では30cm程度の小型のアヒルがペットとして注目されています。

アヒルは比較的人に懐きます。特に卵からかえった後に最初に見たモノを親だと思う刷り込みという習性がありますので、もし、卵を孵化させて育てることができたらいつでも後を追ってくるような仲の良い関係を築くことができるでしょう。

アヒルを飼う時の注意点は?

アヒルは水鳥ですので水浴びは必ず必要ですし、濡れた羽根を乾かすための日光浴もさせなければなりません。室内で飼育する場合も野生での暮らしに近い環境を作ってあげましょう。できれば足が付かないぐらいの深さで水浴びさせ、時には庭などに出して遊ばせてあげる必要があります。環境が合わないと寿命が短くなってしまうことがありますので、アヒルに必要な環境が整わない場合は飼育を断念した方が良いかもしれません。

アヒルを飼う前に揃えたいグッズは?

室内飼いの場合

アヒルを室内で飼う場合はなるべく広めのケージを用意しましょう。アヒルは飛べませんので天井は必要ありませんが、歩くのに充分な広さは必要。できれば1m×2m程度の囲いを用意してあげると良いでしょう。また、アヒルは水の中で浮かんでいる時間が長い水鳥ですので固い床だと足を痛めてしまう可能性があります。ケージの床は固い素材で作られていることが多いので、柔らかめでしかも洗うことができるお風呂マットや人工芝などを敷いてあげると良いでしょう。

水浴び場は衣装ケースなどに水を入れてお風呂場に置くか、屋外に用意しましょう。部屋の中に置くと部屋中がびしょ濡れになりますし、水浴びの度にアヒルがした糞などを流す必要がありますので、水をすぐに捨てられる場所に設置するのがオススメです。

屋外の場合

屋外で飼う場合は雨風を防げる小屋(犬小屋程度)を用意し、小屋をケージで囲んでアヒルの居場所を作ります。飼育エリアはスペースが許す限り広く取ってあげると良いでしょう。屋外の場合は猫などに襲われる可能性がありますので、必ず天井も設置しましょう。地面はむき出しではなく、室内同様に人工芝かお風呂マットを敷いてあげると安全です。

アヒルは何を食べるの?

アヒルにはニワトリの飼料などを与えるケースも多いようですが、ニワトリ用の飼料は卵を産ませるために高カロリーに作られていますし、アヒルの健康に良いとは言えません。できればアヒル、水鳥用のペレットを購入し主食として与えましょう。副食として野菜、小魚、煮干なども常食させるようにしましょう。

飼い主さんに慣れて可愛いけれど、ストレスを感じさせるのは厳禁

アヒル
アヒルはペットとして飼っている人がまだ少ないため、飼い方についてのマニュアルも少ないのが現状です。飼ってみると飼い主さんにも慣れて可愛い鳥ですが、知識のないまま飼育すると寿命を縮めかねません。アヒルを飼えるだけの環境を整備できるかどうかを良く考えて飼育を決めた方が良いでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

キュートなピンクが目を惹く。アキクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペットショップでもひときわ目を惹くピンク色のインコ。絵に描いたような色彩が見る人の心を惹きつけます。まだ飼育数もそんなに多くはありませんが、ピンク色の小鳥はあまりいないためファンが増えている……

とてもユニークな顔のフクロウ。メンフクロウの生態、食性、性格について紹介します

メンフクロウは世界中で飼われているペットのフクロウで、白い羽と特徴的な顔。そしてフクロウのなかでは比較的繁殖が容易なことから、飼育人口も多い品種です。フクロウに興味のある人はまず知っている品……

ずんぐりした体に綺麗な羽色。ヤマブキボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭のオレンジ色から首の黄色、羽のグリーンと綺麗なグラデーションカラーのヤマブキボタンインコ。種類の多いボタンインコの中の色変わり種で、ヤマブキ色部分が特に美しいためこの名前がつきました。今回……

フクロウを飼ってみたい人に。フクロウの入手方法、えさ、飼い方など

ハリーポッター人気が影響してか、ここ数年、フクロウはペットとして人気を呼んでいます。 最近ではフクロウカフェなるものも登場。飼うことはできなくても、フクロウと触れ合える場として、TV番……

小さいけれどキジ科の鳥、ウズラの特徴、性格、飼い方をご紹介

ウズラというと多くの人が思い出すのはスーパーマーケットに売られている卵ではないかと思いますが、実は親鳥のウズラはペットとしても人気があります。今回はペットとしてウズラを飼う場合の情報をお届け……

インコらしいカラフルな羽根色が美しい。ナナクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

赤、青、緑など原色系のカラーが目を惹くナナクサインコ。羽根の色が派手なだけでなく背中の黒いうろこ模様がはっきりしているのが特徴です。今回はナナクサインコについて特徴、飼い方をご紹介しましょう……

全身グリーンのキレイなインコ。ムジボウシインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

鮮やかなグリーンの羽と大きな体で存在感たっぷりのムジボウシインコ。住処の森林の伐採や開拓により、最近、野生種は数を減らしています。今回はムジボウシインコについて特徴や飼い方をご紹介しましょう……

小柄なハヤブサとして人気。チゴハヤブサの特徴、性格、飼い方をご紹介

ハヤブサ科の鳥でハヤブサより小柄なことから名づけられたチゴハヤブサ。猛禽類ではありますが正しい知識をもってヒナの頃から調教すればよく慣れて良いパートナーになってくれます。今回は、チゴハヤブサ……

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴール……

黒いエプロンがかわいい!シュバシキンセイチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

朱色のくちばしに黒いおおきなエプロンのような模様…シュバシキンセイチョウはキンセイチョウの中でも個性的な姿で人気の鳥です。今回はシュバシキンセイチョウについて、その特徴や飼い方をご紹介しまし……

セキセイインコよりパワフル?マルメリハの特徴、性格、飼い方をご紹介

マルメリハインコという名前はインコや鳥に詳しい人以外はあまり聞いたことがない名前なのではないでしょうか。マルメリハは実は漢字で「豆瑠璃羽」と書く日本語。羽毛が青いことから名づけられました。セ……

一人暮らしでペットを飼うならブンチョウがおすすめ!ブンチョウの魅力と生態について

文鳥(ブンチョウ)はこんな鳥 文鳥(ブンチョウ)は江戸時代からペットバードとして日本人に慣れ親しまれた鳥です。現在のペット人口はインコに負けてはいますが、それでも根強い人気を誇っています。……

濃いピンクのお腹が目を惹くモモイロインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔からお腹にかけての濃いピンク色でインパクトある姿のモモイロインコ。インコという名前はついていますが実際にはオウム科で、オーストラリア全域に群れを成して生息しています。今回はモモイロインコに……

スズメの仲間ながらカラフルな配色で人気!コキンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔、胸、背中、腹部などそれぞれのパーツの色がはっきり分かれていてパズルのような配色のコキンチョウ。スズメ目ならではの小ぶりな体と何種類もある配色のバリエーションが人気の鳥です。今回はコキンチ……

フクロウを飼ってみたい!という方に必要な心構えと設備について

フクロウって飼えるの? 結論から言うとフクロウを飼育することは可能です。以前は動物園に行かなければ生のフクロウを目にすることは出来ませんでした。 しかし最近はにわかにフクロウブームが……