2016年2月24日更新

オーストラリアのスズメ。キンカチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

まるでネイルを塗ったかのように光沢ある赤いくちばしが特徴のキンカチョウ。スズメ目に属することでもわかるように、なんとなくずんぐりした体が微笑ましい鳥です。今回はキンカチョウの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。

キンカチョウってどんな鳥なの?

キンカチョウはオーストラリア、インドネシアなど南半球の比較的乾燥したエリアに生息する鳥。10㎝程度の小さな体で、頭から背中にかけては茶色がかったグレイ、目の下にはオンレジ色のスポット、くちばしの下から胸元にかけてはゼブラ柄、そして光沢のある赤いくちばし…とまるでパッチワークのような配色です。

日本には明治時代に輸入されて以来、ペットとして親しまれてきましたが、亜種が多く、ナミキンカチョウ、シロキンカチョウ、古代キンカチョウなど色変わり種は50以上いると言われています。「ミーミー」「ミャーミャー」と子猫のような鳴き声をあげるのが特徴です。

キンカチョウを飼う時の注意点は?

初心者でもOKの鳥

キンカチョウはフィンチ種の中でも丈夫な鳥ですので、定期的にエサや水を与え、ケージ内を掃除してあげれば育ってくれます。ただし、冬の寒さにはあまり強くない傾向がありますので、少なくとも家に迎えて最初の冬はエアコンやヒーター、保温電球などで保温してあげる必要があるでしょう。屋外で飼育したいのであれば早目に気候順化させましょう。

手乗りにしたい場合はヒナから育てる

スズメを想像すれば理解できますが、キンカチョウは臆病な性格ですので、手乗りにしたければヒナから飼う必要があるでしょう。成鳥になってから飼い始めたキンカチョウはなかなか懐きませんので、その場合は鑑賞する鳥だと割り切った方が良いかもしれません。

キンカチョウを飼う前に揃えたいグッズは?


キンカチョウは小柄な鳥ですので、ケージは小鳥用で大丈夫です。35㎝四方のサイズがあれば充分に飼うことができるでしょう。エサ入れ、水入れ、止まり木などを用意する必要がありますが、小鳥用のケージには必要最低限のグッズが付属していることが多いので特に買い揃える必要はないかもしれません。ワラや木製の巣箱も設置してあげるとキンカチョウが落ち着くことができるのでオススメです。

また、キンカチョウは水浴びが大好きですので、水浴びができる容器を用意してあげると良いでしょう。最近ではケージの出入口に設置する外付けのバードバスなども売っています。下に置かなくて良いため汚れにくく、水の交換もしやすいので便利なのではないでしょうか。

キンカチョウは何を食べるの?

キンカチョウ専用のエサは売っていませんので、小型フィンチ(スズメ目の鳥)用のミックスシードを購入しましょう。セキセイインコや十姉妹、文鳥などが対象になっているシードなら問題はありません。シードには殻つきと殻無しがありますが、なるべく殻つきのものを与えましょう。また、副食として新鮮な青菜やボレー粉も定期的に与えるようにしましょう。

小鳥ファンに人気の癒し系バード

キンカチョウは希少価値の高い鳥ではありませんが、スズメ目らしいずんぐりした体に赤いくちばしで小鳥ファンには定番の人気者です。お世話が楽で初心者にも飼いやすい鳥ですので、「これから小鳥を飼いたい」と思っている人にはオススメです。手がかからないだけに、しばらくすると飽きてあまり構わなくなる人もいるようですが、せっかく家に迎えたのですからしっかりお世話を続けてください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

小柄なハヤブサとして人気。チゴハヤブサの特徴、性格、飼い方をご紹介

ハヤブサ科の鳥でハヤブサより小柄なことから名づけられたチゴハヤブサ。猛禽類ではありますが正しい知識をもってヒナの頃から調教すればよく慣れて良いパートナーになってくれます。今回は、チゴハヤブサ……

スズメの仲間ながらカラフルな配色で人気!コキンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔、胸、背中、腹部などそれぞれのパーツの色がはっきり分かれていてパズルのような配色のコキンチョウ。スズメ目ならではの小ぶりな体と何種類もある配色のバリエーションが人気の鳥です。今回はコキンチ……

カナリアの中で最も有名。レモンカナリアの特徴、性格、飼い方をご紹介

カナリアの原種から品種改良されたペットカナリアの中でも一番馴染み深いのは黄色いカナリア、レモンカナリアでしょう。最近では昔に比べて飼育数が減っているようですが、それでも誰もが知っている人気の……

純白の羽毛で貴族のような姿。タイハクオウムの特徴、性格、飼い方をご紹介

大きな体に純白の羽毛。タイハクオウムを漢字で書くと「太白」ですが、「太白」には太い絹糸という意味があります。その名のとおり、タイハクオウムは絹のような羽毛もち、その姿は王族のような品格にあふ……

澄んだ声で人気者。ビセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコやオウムと言えば、近所迷惑の原因になるくらい騒々しい鳴き声の品種が多いことが知られていますが、ビセイ(美声)インコはその名の通り澄み切った美しい声で人気があります。今回はビセイインコに……

初心者におすすめ!セキセイインコとオカメインコを紹介します

インコといえば昔から根強い人気があるペットですね。良い関係づくりができれば、インコはとても懐いてくれて良いパートナーになることができます。しかし犬や猫と違い、鳥類を飼うのはイメージがわきにく……

小さくて可愛いフィンチの代表。十姉妹の特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの代表格がセキセイインコなら、フィンチの代表格は十姉妹。昔から飼い鳥として親しまれてきました。初心者でも飼うことができますし、飼い主さんとのコミュニケーションが楽しめる点も人気の秘密で……

物まねが得意なエンターテイナー。キュウカンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

キュウカンチョウといえば、物まねが得意な鳥として有名ですが、その能力はインコやオウムを凌ぐと言われています。キュウカンチョウに思いもかけない言葉を覚えられて人前で披露され、恥ずかしい思いをし……

真っ赤なくちばしが特徴。オオホンセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

淡いグリーンの羽根でほぼ全身が被われ、くちばしは鮮やかな赤。オオホンセイインコはそのはっきりした配色で一度見たら忘れられないインコです。今回は、オオホンセイインコの飼い方や特徴についてご紹介……

オカメインコの価格・値段や飼い方について

紅いほっぺがとっても可愛い、愛嬌たっぷりのオカメインコ。人と暮らす鳥としてとても人気が高く、ずっと一緒にいてくれます。今回はオカメインコの情報を集めました。 オカメインコの価格は? ……

ヨウムの価格・値段や飼い方について

「コンパニオンバード」という言葉をご存じでしょうか?今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”の中でも人気の高いヨウムをご紹介! ヨウムの価格は? ……

キュートなピンクが目を惹く。アキクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペットショップでもひときわ目を惹くピンク色のインコ。絵に描いたような色彩が見る人の心を惹きつけます。まだ飼育数もそんなに多くはありませんが、ピンク色の小鳥はあまりいないためファンが増えている……

黒いエプロンがかわいい!シュバシキンセイチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

朱色のくちばしに黒いおおきなエプロンのような模様…シュバシキンセイチョウはキンセイチョウの中でも個性的な姿で人気の鳥です。今回はシュバシキンセイチョウについて、その特徴や飼い方をご紹介しまし……

瑠璃色が美しい!ルリコシボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

品種の多いボタンインコの中でも瑠璃色(紫を帯びた華やかな青)の羽根が特徴のルリコシボタンインコ。ツガイが仲良くする姿からラブバードと呼ばれるようになり人気になりました。今回はルリコシボタンイ……

可愛いけれど噛まれると痛い!ブルーボタンインコの性格、飼い方をご紹介

目の周りの白い縁取りが個性的なブルーボタンインコ。原種ボタンインコから生まれた色変わり種です。数が減りつつある基亜種のボタンインコに代わってペットとして売られるようになりました。今回はブルー……