2016年2月24日更新

神話にも登場するフクロウ。コキンメフクロウの特徴、性格、飼い方をご紹介

ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。古代ギリシャでは知恵、芸術、農業を象徴する鳥として崇められてきました。あまたいるフクロウの中では比較的小柄ですが若干、気が強い面もあります。今回はコキンメフクロウについてご紹介しましょう。

コキンメウフクロウってどんな鳥なの?

コキンメフクロウはアジア、ヨーロッパ、アフリカ北部に広く分布する小柄なフクロウ。英語ではそのまま「little Owl」(小さなフクロウ)と名付けられていますが、見た目が名前になることが多い日本では目が金色で小柄なことから「小金目」という漢字名が与えられています。

体長は20㎝~25㎝程度、体重は150g~200g、体の割の大きめのフラットな頭が特徴です。小柄ではありますがアクティブな性格で気が強く、時に攻撃的になります。

野性では閑散とした森や草原、農耕地など視野の開けた場所に生息し、ネズミや昆虫、小鳥などを飛びながら視認して捕獲する狩人。夕暮れ時から深夜にかけての時間帯に狩りを行いますが、見晴らしの良い場所に止まって獲物を目で捕えた瞬間、急降下して獲物を捕らえる素早い動きで知られています。

コキンメフクロウ飼う時の注意点は?

フクロウは日本国内では保護の対象となっている鳥です。例えヒナが落ちていたとしてもそれを捕まえて飼うと法律違反になります。ましてやフクロウを捕獲して飼うのは許されないことですので、フクロウを飼う場合は必ずペットショップで購入するようにしましょう。

また、小柄とは言え、コキンメフクロウは鷹や鷲と同じ猛禽類です。鋭い爪を持ち攻撃的な面もありますので、購入する前にフクロウカフェやペットショップなどに足を運び、本当に飼えるかどうかシミュレーションすることをオススメします。

コキンメフクロウを飼う前に揃えたいグッズは?


コキンメフクロウを飼うためにはケージを用意する必要があります。コキンメフクロウは小柄ではありますが、最低でも80㎝以上、できれば1m四方のケージは用意するようにしましょう。室内環境が許すのであればケージ飼いせず、専用の止まり木(ファルコンブロックやパーチと呼ばれる)を設置して、コキンメフクロウを繋いでおくのがオススメです。エサ入れ、水入れ、水浴び用の容器などは他の鳥類同様に揃える必要があります。

また、フクロウを放鳥して腕に乗せるためには鋭い爪から飼い主さんの肌を守る皮手袋が必要でしょう。猛禽類ショップには専用の手袋が売られていますし、ネット通販でも入手できますので家にお迎えする前に購入しておきましょう。

コキンメフクロウは何を食べるの?

野性のコキンメフクロウは小鳥、ネズミやもぐらなどの小動物のほか、カエル、とかげ、虫などをタンパク源として捕食していますが、フクロウにしては珍しく草や種なども食べる習慣があります。フクロウについてはコキンメフクロウに限らず生態が解明されていないことも多く、エサについてもまだまだ研究の余地があると言われているようです。

家庭で飼育する場合は冷凍のマウス、ウズラ、ひよこなどが猛禽類用に売られていますのでこれらを中心に与えるようにしましょう。体重の20%程度を1日2回程度に分けて与えてください。また、たまにはコウロギやワームなども与えると食べ物のバリエーションが広がります。

慣れれば甘えることもあるコキンメフクロウ

コキンメフクロウは小型ながら優秀なハンターですので、気が強い傾向がありますが、慣れれば飼い主さんに甘えてくることもあるようです。10年~15年の寿命がある鳥ですので、衝動買いは厳禁。フクロウのお世話は決して楽ではありませんが、毎日継続することができるならきっと素晴らしいパートナーになってくれるはずです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

神話にも登場するフクロウ。コキンメフクロウの特徴、性格、飼い方をご紹介

ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。古代ギリシャでは知恵、芸術、農業を象徴する鳥として崇められてきました。あまたいるフクロウの中では比較的小柄ですが若干、気が強い……

真っ赤なくちばしが特徴。オオホンセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

淡いグリーンの羽根でほぼ全身が被われ、くちばしは鮮やかな赤。オオホンセイインコはそのはっきりした配色で一度見たら忘れられないインコです。今回は、オオホンセイインコの飼い方や特徴についてご紹介……

物まねが得意なエンターテイナー。キュウカンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

キュウカンチョウといえば、物まねが得意な鳥として有名ですが、その能力はインコやオウムを凌ぐと言われています。キュウカンチョウに思いもかけない言葉を覚えられて人前で披露され、恥ずかしい思いをし……

丸いチークがおかめのように見える。オカメインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頬にあたる部分にあるオレンジ色の丸い模様がおかめの頬紅のように見えることから名前がつけられたオカメインコ。インコと呼ばれていますが実際にはオウムの仲間で、大きく派手な色彩なので存在感がありま……

インコの繁殖は意外と簡単?インコの巣引きの方法と注意点をまとめました

繁殖させる前に考えておきたいこと インコの繁殖自体は実はそれほど難しくはありません。「意外と簡単なのか!よし、じゃあすぐやってみよう!」と思ってはいけません。 問題になるのは繁殖が終……

オカメインコの価格・値段や飼い方について

紅いほっぺがとっても可愛い、愛嬌たっぷりのオカメインコ。人と暮らす鳥としてとても人気が高く、ずっと一緒にいてくれます。今回はオカメインコの情報を集めました。 オカメインコの価格は? ……

九官鳥ってどんな動物? 九官鳥の生態・価格・飼い方をご紹介します

九官鳥はこんな生き物 九官鳥は古くから日本でもペットとして親しまれてきましたが、実はかなり謎が多い生き物なのです。 オス・メスの判別はおろか成熟期も分かっていないので、自力で繁殖させ……

小紋模様が粋な雰囲気。コモンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科の仲間の中では美しい色と模様で人気のあるコモンチョウ。ホウライチョウという別名でこの鳥を知っている人も多いかもしれません。小さな体で機敏に動き、チョンチョン歩く姿は観る……

セキセイインコよりパワフル?マルメリハの特徴、性格、飼い方をご紹介

マルメリハインコという名前はインコや鳥に詳しい人以外はあまり聞いたことがない名前なのではないでしょうか。マルメリハは実は漢字で「豆瑠璃羽」と書く日本語。羽毛が青いことから名づけられました。セ……

キバタンの価格・値段や飼い方について

今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”、オウムの「キバタン」。高い知能ももっているキバタンの情報をお伝えします。 キバタンの価格は? 黄色……

とてもユニークな顔のフクロウ。メンフクロウの生態、食性、性格について紹介します

メンフクロウは世界中で飼われているペットのフクロウで、白い羽と特徴的な顔。そしてフクロウのなかでは比較的繁殖が容易なことから、飼育人口も多い品種です。フクロウに興味のある人はまず知っている品……

カラフルな色が人気!サザナミインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの中では飼育数がまだまだ少ないサザナミインコ。羽根色がカラフルで見慣れたセキセイインコとは違った個性的な姿が最近、注目されています。今回はサザナミインコについて特徴や飼い方をご紹介しま……

オーストラリアのスズメ。キンカチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

まるでネイルを塗ったかのように光沢ある赤いくちばしが特徴のキンカチョウ。スズメ目に属することでもわかるように、なんとなくずんぐりした体が微笑ましい鳥です。今回はキンカチョウの特徴や飼い方につ……

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴール……

我が家のセキセイインコを手乗りに。生まれた雛を手乗りにする方法

繁殖が成功して家でセキセイインコの雛が生まれたら雛を手乗りセキセイインコにしてみましょう。セキセイインコを手乗りにするには雛の頃から飼い主さんがエサをあげて育て馴らしていくのが近道です。ただ……