2016年2月24日更新

江戸時代から飼われていた鳥。ブンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

江戸時代の初期には輸入されて飼い鳥として飼育されていたとされるブンチョウ。人によく懐き、販売価格もリーズナブルなため広く愛されてきましたが、最近では飼育数が減っているようです。ブンチョウはちょっと我儘な性格も個性があって飼ってみると非常に楽しい鳥です。今回はブンチョウについてその特長や飼い方をご紹介しましょう。

ブンチョウってどんな鳥なの?

ブンチョウ
ブンチョウはズズメ目カエデチョウ科の小鳥。インドネシアの固有種でしたが、現在では生息域がインド、中国、マレーシア、フィリピン、ハワイ、フィジー、メキシコなどにまで広がっています。生息域は広いものの野生種は駆除や捕獲の対象となって数が減る傾向にあり絶滅危惧種の5位にランクされています。

体長は17㎝前後、体重は25g程度で頭が黒く、頬の部分が白、背中や胸は青みがかったグレイ、腹部は薄いピンク、尾羽は黒、くちばしは赤っぽいピンク…という配色がもっとも一般的な原種に近い品種です。

この他にサクラブンチョウ、シロブンチョウ、ナミブンチョウ、シルバーブンチョウなど羽毛の色の異なる品種が数多く存在しています。

ブンチョウを飼う時の注意点は?

ブンチョウの管理はそんなに難しくはありませんが、温度管理だけはきちんと行う必要があります。特に冬の寒さには気をつけなければなりません。ブンチョウは手乗りにするためにヒナから育てるケースも少なくないと思いますが、ヒナ場合は温度管理がずさんだと数時間で命を落としてしまうこともあるのです。

温度管理は勘や皮膚感覚に頼らず、温度計を設置して正確に行います。ヒナの場合で30℃程度、成鳥になってからは27℃~28℃程度をキープすると良いでしょう。

ブンチョウを飼う前に揃えたいグッズは?

ヒナの場合

ヒナは止まり木に止まることはできませんし、温度管理がシビアですのでケージではなく、プラスチック製の飼育器を使いましょう。容器の下にはワラなどを敷き、容器ごと電気ヒーターの上などに置いておくと温度管理しやすくなります。サーモスタットで保温すれば自動的に一定の温度に管理してくれるので安心です。温度計も忘れずに飼育器の中に設置しておきましょう。

成鳥の場合

生後30日前後になり、止まり木にしっかり掴まれるようになったらプラスチックケースからケージに移さなければなりませんので、ケージの購入が必要です。ブンチョウは小柄な鳥ですので、35㎝四方のサイズがあれば充分ですが、複数飼いや巣引きを考えているならなるべく広めのケージを用意した方が良いでしょう。ケージに付属していなければエサ入れ、水入れ、止まり木なども購入しなければなりません。また、文鳥は水浴びが好きですので、水浴びができる容器を用意すると喜んでくれます。水浴びの容器は体が入るくらいのサイズがあれば充分で、家にあるタッパーウエアやお皿などでも代用できます。

ブンチョウは何を食べるの?

ブンチョウが一番無理なく食べてくれるのは粟、ひえ、キビなどが混ざったミックスシードでしょう。ミックスシードには殻つきと殻なしがありますが、なるべくなら殻つきを選びましょう。また、シードだけだと栄養が偏る可能性もありますので新鮮な青菜(小松菜やチンゲンサイなど)、ボレー粉(カルシウム)も用意しましょう。

ブンチョウに必要な栄養分が網羅されたペレットも売られていますが、シードとは匂いや食感が違うため、あまり食いつきが良くない場合があります。ペレットに慣らすには時間をかけてじっくり向き合うことが必要です。

手乗りにしてコミュニケーションを楽しみたい

ブンチョウ
飼い主さんにもよく慣れ、甘え上手なブンチョウ。ちょっと気が強いところも飼い主さんの心をくすぐります。一羽で飼って毎日お世話し、話しかけたり撫でたりすれば簡単に手乗りになってくれますので、きっと楽しいコンパニオンになってくれるでしょう。もちろん、複数のブンチョウを飼って鳥らしい暮らしを眺めるのもオススメです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

我が家のセキセイインコを手乗りに。生まれた雛を手乗りにする方法

繁殖が成功して家でセキセイインコの雛が生まれたら雛を手乗りセキセイインコにしてみましょう。セキセイインコを手乗りにするには雛の頃から飼い主さんがエサをあげて育て馴らしていくのが近道です。ただ……

真っ赤なくちばしが特徴。オオホンセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

淡いグリーンの羽根でほぼ全身が被われ、くちばしは鮮やかな赤。オオホンセイインコはそのはっきりした配色で一度見たら忘れられないインコです。今回は、オオホンセイインコの飼い方や特徴についてご紹介……

小さいけれどキジ科の鳥、ウズラの特徴、性格、飼い方をご紹介

ウズラというと多くの人が思い出すのはスーパーマーケットに売られている卵ではないかと思いますが、実は親鳥のウズラはペットとしても人気があります。今回はペットとしてウズラを飼う場合の情報をお届け……

九官鳥ってどんな動物? 九官鳥の生態・価格・飼い方をご紹介します

九官鳥はこんな生き物 九官鳥は古くから日本でもペットとして親しまれてきましたが、実はかなり謎が多い生き物なのです。 オス・メスの判別はおろか成熟期も分かっていないので、自力で繁殖させ……

ちょんまげのような冠羽が特徴。カンムリウズラの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭の上にちょんまげのように乗っている黒い冠羽が特徴のカンムリウズラ。ペットとしてはまだ、あまり知られていませんがアメリカでは狩猟のために放鳥されている鳥です。今回はカンムリウズラについてご紹……

可愛いけれど噛まれると痛い!ブルーボタンインコの性格、飼い方をご紹介

目の周りの白い縁取りが個性的なブルーボタンインコ。原種ボタンインコから生まれた色変わり種です。数が減りつつある基亜種のボタンインコに代わってペットとして売られるようになりました。今回はブルー……

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴール……

キュートなピンクが目を惹く。アキクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペットショップでもひときわ目を惹くピンク色のインコ。絵に描いたような色彩が見る人の心を惹きつけます。まだ飼育数もそんなに多くはありませんが、ピンク色の小鳥はあまりいないためファンが増えている……

知能がヨウム並みの頭の良いインコ。オキナインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭から尾に掛けては抹茶色、お腹の部分はグレイの羽毛に包まれたオキナインコ。ヨウム並みの知能があり物まねも得意です。今回はオキナインコの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。 オキナイン……

純白の羽毛で貴族のような姿。タイハクオウムの特徴、性格、飼い方をご紹介

大きな体に純白の羽毛。タイハクオウムを漢字で書くと「太白」ですが、「太白」には太い絹糸という意味があります。その名のとおり、タイハクオウムは絹のような羽毛もち、その姿は王族のような品格にあふ……

オーストラリアのスズメ。キンカチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

まるでネイルを塗ったかのように光沢ある赤いくちばしが特徴のキンカチョウ。スズメ目に属することでもわかるように、なんとなくずんぐりした体が微笑ましい鳥です。今回はキンカチョウの特徴や飼い方につ……

花の蜜が大好き!ゴシキセイガイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

南半球を中心に幅広いエリアに生息しているゴシキセイガイインコ。生息場所によって羽の色が異なるため一般の人は見ただけで区別がつきにくいかもしれません。今回はゴシキセイガイインコについてご紹介し……

顔だけ見るとペンギン似?カノコスズメの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科のフィンチですが、顔の配色がちょっと変わっていてペンギンやフクロウにも似て見えるカノコスズメ。フィンチの中では珍しいルックスの鳥だと言えるでしょう。今回はカノコスズメに……

オカメインコの価格・値段や飼い方について

紅いほっぺがとっても可愛い、愛嬌たっぷりのオカメインコ。人と暮らす鳥としてとても人気が高く、ずっと一緒にいてくれます。今回はオカメインコの情報を集めました。 オカメインコの価格は? ……

カナリアの中で最も有名。レモンカナリアの特徴、性格、飼い方をご紹介

カナリアの原種から品種改良されたペットカナリアの中でも一番馴染み深いのは黄色いカナリア、レモンカナリアでしょう。最近では昔に比べて飼育数が減っているようですが、それでも誰もが知っている人気の……