2016年2月18日更新

え〜!どうしたの??猫の毛が逆立つ理由。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ふと、猫を見たら全身の毛が逆立ち、しっぽもぶわっと太くなっていた・・・そんなご経験ありませんか?普段の猫とのあまりの違いに笑いさえ起きてしまいますが、何故猫は毛を逆立てるのでしょう?またその時の心理とは?猫の気持ちが知りたい!という方、必見です。猫に何が起きてぼわぼわの毛になってしまったのか、その理由と注意点をお伝え致します。

 

威嚇している


頭を低くして、「シャー」と全身の毛を逆立てている時は完全に威嚇している時です。相当猫が嫌がる事があった時に、この威嚇の姿勢を取ります。もしあなたに向かって威嚇している時は、そのままもっと近づいて手をだすなどすると、飛びかかって攻撃してくる可能性があります。ですので、この姿勢になった時にはそっとしておいて、その場から静かに去るのが懸命と言えるでしょう。無理になだめようと近づいて怪我を負ってもつまらないですし、わざわざ痛い思いを自分からする事もないからです。猫は危険が去ったと思えば緊張を解くでしょう。

遊び心に火がついたから


子猫の頃はふとしたきっかけで遊び心に火がついて、体を横向きにしてしっぽを太く下向きにし、目を丸くさせてピョンピョンはねる事があります。とても可愛らしく、面白い光景です。子猫がこの体勢をした時は余裕があれば遊んであげると良いですね。残念ながら大人になるとあまりしなくなります。ですので、子猫を飼われる方には是非子猫のウチに見ておいて頂きたいですね。

 

何かに驚いている、怖いから

突然大きな物音がした、知らない猫が近づいてきた、猫同士でおいかけっこ、あるいはじゃれあっている時にも体の毛が逆立ち、しっぽが太くなります。物音がしたり知らない猫が来た時には驚き、怖い、という気持ちが強いでしょうが、猫同士で遊んでいる時は興奮しているのでしょう。猫は筋肉の関係から表情があまり、というかほとんど動かず表情から気持ちを汲み取るのは難しい事がありますが、全身の毛を使って感情を表現しているのですね。猫を一緒に暮らすのならば猫の動きを見逃さずに気持ちを汲み取って接してあげられると楽しい同居生活が送れそうですね。

きっと自分の気持ちが分かって貰えると分かった猫は、飼い主に絶対的な信頼を置くでしょうし、さらに仲良くなれる事間違えなしです!もっともっと可愛らしい姿を見せてくれるかもしれませんよ。全てをさらけ出して接してくれるようになったら、飼い主冥利につきますね。せっかく猫と暮らすのだったら、その域にまで達したいものです。