2016年2月22日更新

オールド・イングリッシュ・シープドッグの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

アニーの犬サンディーでも有名なオールド・イングリッシュ・シープドック。陽気で優しい雰囲気の犬ですね。そんなオールド・イングリッシュ・シープドッグの価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場合とブリーダーから購入する場合の何が違うのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

オールド・イングリッシュ・シープドッグの価格・相場は?

血統書の有無や、親の血筋、その犬の月例によっても価格は上下しますが、オールド・イングリッシュ・シープドックの価格の相場はだいたい200,000円~300,000円くらいになります。

子犬の販売価格にははっきりとした基準があるわけではありません。主には販売までにかかった飼育費用、血統書などの将来的な付加価値に対する価格に、ペットショップやブリーダーの利益がプラスされたものがそれぞれの販売価格になっていきます。
また、ブリーダーによっては最初からはっきりとした価格を決めずに、買い手との商談のなかで決めて行く場合もあるようです。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでオールド・イングリッシュ・シープドッグを購入するには?

オールド・イングリッシュ・シープドッグはペットショップではあまりみかけることのない犬種です。日本のペットショップの場合は生態を展示するスペースの関係上、どうしても小型の犬種が中心になる傾向があります。そのため、オールド・イングリッシュ・シープドッグのような大型の犬種は、専用の大型ケージがあるペットショップや子犬同士で遊ばせることができるような囲いのある広いスペースのあるペットショップでの販売に限られてきます。

また日本ではまだ飼育の歴史の浅い犬種でもありますので、専門のブリーダーと直接取引をするようなケースを除くと、ペットショップで扱うだけの繁殖頭数がいないということもあるようです。

オールド・イングリッシュ・シープドッグをブリーダーから購入するには?

オールド・イングリッシュ・シープドッグの場合は、ペットショップからの購入に比べるとブリーダーから直接購入する方が探しやすくなります。

インターネットでブリーダーを検索する場合は、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、ブリーダーの順に入力して検索すると多くの情報が表示されます。まず、子犬の情報を見る前にその犬舎の紹介や購入までの流れなどをよく読んで、納得できるブリーダーを選ぶようにしましょう。

またブリーダーから直接購入する場合は、電話やインターネットだけのやり取りではなく、直接犬舎へ出向いて実際の繁殖及び飼育の環境を確認し、ブリーダーの方と購入後のアフターケアーも含めてしっかりと話しをすることをおすすめします。

 

里親制度とは?

殺処分という言葉をご存知ですか?

飼育放棄や悪徳なブリーダーの崩壊による繁殖・飼育の放棄などで行き場のない犬たちは、公共のいわゆる保健所や動物愛護センターへと保護されます。もちろん、直接民間のボランティアの方が引き取りをする場合もありますが、まだまだ保護頭数に対して保護団体の数も受け入れ可能な頭数も足りないのが現状です。そのため大半の犬たちは公共の施設で一時預かりという形で保護され、期間内に引き取り手のない犬たちは殺処分という名目で、5分~20分もの時間をかけて二酸化炭素による窒息死をさせられているのです。

このような状況を少しでも減らし、命を全うできる犬たちを1頭でも増やしていこうという制度が保護犬の里親制度です。保護された犬たちの保護に至る経緯や健康状態をホームページなどを通じて公開し、新しい家族として引き取り飼育をしてくれる方を募集する制度です。

里親への応募の方法や引き取りの手続きなどは、それぞれの施設や保護団体によって異なりますので、各施設および保護団体のホームページをご確認ください。

オールド・イングリッシュ・シープドッグを飼うときに考えてほしいこと

犬が好きでペットとしてともに暮らしたいと考えた時、パッと頭に浮かぶのはペットショップへ行くことかもしれません。子犬たちのことを真剣に考えて販売を行っている良心的なペットショップやブリーダーの方も多くいらっしゃいます。その方々から子犬を購入し家族として迎えることもよい方法だと思います。

でも新しい命が生まれてくる陰で、最後までしっかりと飼育してもらうことができず、命を奪われてしまう犬たちがいることを考えてもらいたいのです。オールド・イングリッシュ・シープドッグのような大型の犬は保護される件数が少ないので、里親の募集はなかなかありませんが、新しい家族として子犬を迎える前に一度保護施設を訪ねてみてはいかがでしょうか。命を預かり育てることの責任を考えさせられると思います。その上でどのような形で犬を家族として迎えるかを検討してみるのはいかがでしょうか。