2016年7月7日更新

【獣医師監修】犬の眼瞼外反症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の眼瞼外反症は、下まぶたに多く見られ、まるであっかんべーをしているかのようにまぶたが外側にめくれてしまった状態のことを言います。これは、遺伝的に顔の皮膚がたるんだ犬種に多く見られ、早いと子犬の頃から症状が出ることがあります。しかし、早期発見することで、併発する角膜炎や結膜炎をおさえることもできます。目の異常に気づいたら早めに獣医師に相談しましょう。

 

犬の眼瞼外反症の原因

犬の眼瞼外反症は、遺伝によるものであれば、成長段階でも発症してしまうことがあります。後天的なものであれば、様々な原因が重なって眼瞼外反症を発症します。犬の顔の皮膚にたるみがある場合は、目の周辺を注意してみることが必要です。

先天的な原因

犬の眼瞼外反症の多くは、下まぶたで起ることが多く、原因は遺伝的である場合が多く、先天的に発症してしまうケースが多くあります。顔の皮膚がたるんでいれば、そのぶん、まぶたにもたるみが生まれ、外側にめくれてしまうのです。犬種としては、セントバーナード、ブルドッグ、コッカースパニエルなど、顔の皮膚がたるんでいる犬に多く見られ、子犬の頃にすでに発症する場合もあります。

後天的な原因

後天的に顔のしわが増えた時に眼瞼外反症を発症してしまうこともあります。例えば、体重が減少した時や老化などがあげられます。また、顔面筋肉が弱まった時や、なんらかの病気などで顔面麻痺が起こってしまった時などに発症してしまうこともあります。その他、結膜炎や目の周辺に傷を負ったときに、発症してしまうケースもあります。

犬の眼瞼外反症の症状

犬の眼瞼外反症の症状として、まずは、犬が目を気にするようになります。痛みやかゆみによって、犬も目に違和感を感じるようになり、顔全体をこすりつけて目を気にするようにしたり、普段からまぶしそうにする、まばたきがスムーズにできてないような状態になります。

目の炎症

眼瞼外反症は特に下まぶたに多く起こるものですが、進行してくると結膜が露出してしまいます。すると、炎症が起きやすく涙が増え、結膜炎や角膜炎を発症してしまうのです。涙が増えると常に目が潤んでいるばかりでなく、目やにが多くなり、さらに犬は目に違和感を感じるようになります。前足で必死に目をかくようなしぐさをすることもあります。

眼瞼外反症の症状がひどくなると、まぶたが外側にめくれしまう為、あっかんべーをしているような状態になります。目が乾燥することで乾性角結膜炎の症状を起こすこともあります。目の充血など痛みや違和感も強いため、まぶたが出ている状態の為、さらに炎症が進んでしまうこともあります。

 

犬の眼瞼外反症の対策

眼瞼外反症を発症した場合は、角膜炎や結膜炎になっていることも多いため、まずは角膜炎や結膜炎の治療を行います。点眼薬や軟膏の投薬が中心になります。また、ドライアイになってしまう犬も多く、この際も点眼薬や軟膏によって治療を行い、乾燥を防ぎます。

眼瞼外反症が進行し、さらに重度になると、腫瘍を起こす危険性もあります。明らかにひどくなっている場合は、手術を行う場合もありますが、眼瞼外反症の状態によって獣医師との相談が必要です。

日常生活での注意

特に先天的な眼瞼外反症の場合は、早い段階から眼瞼外反症を発症することがあり、その分、飼い主さんによる予防が難しいものです。しかし、愛犬が目を気にするようなしぐさをしている時や、目の色や目やに、涙の量などに変化に気づくことができれば、早期発見・早期治療につながります。

特に、眼瞼外反症になりやすい犬種の場合は、早めに獣医師に相談することで、炎症がひどくならないうちに治療を開始することができるのです。

まとめ

犬の眼瞼外反症は先天性疾患の場合が多く、その症状に気づいた場合は、早めに獣医師に相談することが大切です。目の違和感というものは、犬にとってもつらいものです。さらに気にして、目をこすることで炎症が重篤化してしまう危険性もあります。

眼瞼外反症になりやすい犬種と共に暮らす場合は、普段から目の健康チェックも行い、眼瞼外反症の早期発見、早期治療につなげるようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ