2016年2月22日更新

ノーフォーク・テリアの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

元気で活発なノーフォーク・テリア。小さな体でエネルギッシュに喜怒哀楽を表現する表情豊かな犬です。そんなノーフォーク・テリアの価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場合とブリーダーから購入する場合の何が違うのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

ノーフォーク・テリアの価格・相場は?

子犬の販売価格には幅があるのが通常です。ノーフォーク・テリアの場合は200,000円~350,000円くらいが相場になりますが、ドックショーなどでチャンピオンをとった親犬の血統を持っていたりする場合は1,000,000円以上するような子犬もいます。

またそれぞれの犬にはスタンダードと呼ばれるもっともその犬らしいとされる容姿が決められており、その規定に近い容姿であるほど価格が高くなります。ノーフォーク・テリアの場合は子犬によって容姿の個体差が大きいようです。購入する場合は自分がどのような子犬を望んでいるのか、どのくらいの予算を考えているのかをはっきりとさせてから購入するとよいでしょう。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでノーフォーク・テリアを購入するには?

ペットショップから子犬を購入する場合の利点は身近な場所から子犬を引き取ることができるところです。

一般的なペットショップの店頭でノーフォーク・テリアを展示販売していることはかなり少なくなります。ペットショップでは展示されていない子犬を希望する場合、相談をすると子犬を探してくれることがあります。必ずしも希望に答えてもらえるわけではありませんが、ペットショップからの購入を希望する場合は、相談をしてみるのもよいかもしれません。

ただしペットショップから購入する場合は、登録業者であることがしっかりと店頭に掲示されていること、子犬の飼育環境が清潔であること、やたらに褒めあげ購入意欲をかきたてようとする販売員がいないことなどを確認してから相談をするようにしましょう。

ブリーダーからノーフォーク・テリアを購入するには?

ノーフォーク・テリアを購入する場合は、専門のブリーダーの方を探して購入する方が、希望する子犬を探しやすいと思います。専門のブリーダーから購入する場合のよいところは、その犬種に対する知識が豊富なので、飼育に対するアドバイスや購入後のアフターフォローを受けられるところです。

ノーフォーク・テリアのような希少な犬種の場合は特に、飼育の際に注意しなければならないことなどを、具体的にアドバイスしてくれる人がいてくれることは心強いものです。アフターフォローのしっかりしているブリーダーの場合は、その子犬の生涯にわたってお付き合いをしてくださいます。

ブリーダーから購入する場合は必ず自ら犬舎に出向いて、飼育や繁殖の環境へのこだわり、ノーフォーク・テリアのことについてなど、ブリーダーとしっかりと話しをすることおすすめします。

 

里親制度とは?

犬の里親制度とは飼育放棄などにより保護施設に保護されている犬に新しい飼い主を募集する制度のことです。

現在日本では1日355頭にもなるといわれるほど、多くの犬や猫が保護され殺処分を待っている状態です。このように奪われてしまう命をできる限り救済するための活動が、殺処分ゼロ(ノーキル)と呼ばれるもので、その活動の一環として取り組まれているのが保護犬の里親制度です。

里親として犬を引き取るまでの大まかな流れは、公共の保護施設(地域の保健所もしくは動物愛護センター)や民間の保護ボランティア団体の方がホームページなどを通じて、里親というかたちで新しい家族の募集を行います。引き取り手は公表されている犬たちのなかから、希望する犬に対して里親の応募を行います。里親としての条件が整っていると判断された場合は、トライアルとして一定期間を共に生活し、家族や先住ペットとの相性に問題がなければ犬を引き取ることができます。

具体的な里親への応募の方法や手続きについてはそれぞれの施設や保護団体によって異なりますので各団体のホームページなどを確認してください。

ノーフォーク・テリアを飼うときに考えてほしいこと

ノーフォーク・テリアは小さいながらもテリアとしての気質をしっかりと受け継いだ、活発で勇猛な性格をしています。可愛らしい見た目だけで飼育を考えるのはおすすめできません。犬を飼うときは飼いたいと考えている犬のことをしっかりと調べ、必要な準備を整えてから飼うことが大切なのです。なぜ下調べや準備が必要なのか、それは保護される犬の約14%は飼い主による飼育放棄だからです。思っていた犬と違ったというだけで奪われてしまう命があることを考えて欲しいのです。

ノーフォーク・テリアは希少な犬種なので保護件数は多くはありませんが、それでもゼロではありません。子犬の購入を考えているならば、保護センターの見学や保護犬の譲渡会へ参加をしてみるのはいかがでしょうか。