2016年4月7日更新

【獣医師監修】美味しいアボカドも犬には危険食品!絶対に避けたい理由とは?

森のバターともいわれ、ビタミンEが豊富なことで知られるアボカド。「大好き!」という飼い主さんも多いでしょう。でも、その美味しさを犬にもおすそ分けするのは、ちょっと待って。アボカドは安易に犬に与えてはいけない食品です。ここではアボカドの危険な理由と、誤って犬に与えてしまった場合に見られる症状についてご紹介します。

ペットフードもあるのになぜいけないの?


「海外のペットフードにはアボカド入りもあったはず」と驚かれた人もいるでしょう。確かにアボカドの栄養成分を謳っている商品も存在します。しかし、アボカドにはペルジンという、犬に中毒症状を引き起こす成分が含まれています

人間にとっては、コレステロール値を下げ、体内から美しくしてくれる栄養豊富なアボカドですが、犬にとっては猛毒です。ではなぜ、アボカドのドッグフードがあるのでしょう。

アボカドは、実はたくさんの種類を持つ果物です。カリフォルニアなどでは、庭木として実るアボカドを食べてしまう犬もいます。ところが日本で売られている「グアテマラ種」は、ペルジンの含有量が非常に多く、犬に対しての毒性が強いのです。

アボカドによる中毒とその症状

アボカドを食べてしまった犬が、すべて危険な状態になるわけではありません。アボカドの中毒はアレルギー反応が原因といわれています。そのため、反応が激しい犬やそれほどでもない犬など、個体差があります。

また、アボカドの種類によって、ペルジンの値も変わります。日本でも「ハス種」など毒性の低いアボカドも売られています。しかし、一歩間違えれば、死に至るほど強烈な中毒を引き起こす食品であることに変わりはありません。

加えてアボカドは天然ゴムと同じ分子構造をもっているため、ラテックスアレルギー(天然ゴムアレルギー)によってアレルギー反応を起こす犬もいます。アボカド中毒では次のような症状が見られます。

  • 胃腸刺激や嘔吐
  • 下痢
  • 呼吸困難
  • うっ血
  • けいれん

食べたそうにしているからといって与えてしまうと、取り返しがつかない事態となる可能性は否定できません。

犬がアボカドを食べてしまったら


果物アレルギーなど、何かに対してアレルギーを持っている犬が誤ってアボカドを食べてしまった場合には、症状がみられなくても念のため獣医師の診察を受けておいた方が良いでしょう。

食べた量が少量で特にいつもと変わりがなくても、しばらくは犬の様子をしっかりと見ておきましょう。様子が違ってきたり、元気がなくなる、また嘔吐や下痢が見られた場合には、重症化する前に必ず病院に連れて行きましょう

特に、皮や種には有害な成分が多く含まれているため、胃腸障害を起こす危険性があります。明らかに食べてしまったことがわかっている場合には、前もってかかりつけの獣医師に連絡をしておくのが賢明です。観察するポイントを指示されると同時に、時間外の対応についても聞いておくことができます。

危険性を知っても与えたい?

確かにアボカドの豊かな栄養分は、犬にとっても捨てがたいものかもしれません。しかし、アレルギーの危険性は反応が出てみないとわかりません。わざわざ犬にとって、中毒の恐れがある食品を与える必要はないのです。

食品の知識は飼い主の責任です。与えるものを判断し、愛犬の健康を守ってあげましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬、愛猫に手作り食を食べさせられない人にオススメ。ニュージーランドから来たペットフード【ジーウィピーク】

ペットの健康を考えて生肉を使った手作り食をペットに食べさせている飼い主さんが最近、増えています。一時は「手作り食は栄養のバランスが悪い」などと言われていましたが、最近の手作りは栄養分を綿密に……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】その刺激に注意!犬がレモンをなめても大丈夫?

強烈なすっぱさと言えばレモン。ビタミンCの宝庫として知られていますが、犬がレモンをなめてしまったら、どうなるでしょうか。多くの場合は、その刺激を経験すれば、その後二度と欲しがらない犬がほとん……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はブロッコリーを食べても大丈夫?犬にブロッコリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダ、炒め物、シチュー、肉料理の付け合せなど、いろいろな料理に使えて野菜としての存在感も抜群のブロッコリー。花のつぼみなだけに栄養も豊富ですが犬に食べさせても良いのでしょうか?今回はブロッ……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はぶどうを食べても大丈夫?犬にぶどうをあげると中毒になる可能性が!

粒が小さくて食べやすいぶどう。自分が食べている時に犬がそばに来たらついあげてしまいそうですが、その行為、実は犬の命を奪う可能性があります。ぶどうは犬にとって中毒になる危険性のある果物。今回は……

犬のおやつ

【獣医師監修】白菜は犬が食べても大丈夫な野菜の筆頭 与える場合の注意点は?

白菜はあくも少なく、犬に与えても心配のいらない野菜のひとつです。ビタミンや水分の補給もできる白菜は、むしろ積極的に活用したい食材。でも、体質や病状によっては与えていけないときもあります。白菜……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は豚肉を食べても平気?肥満・アレルギーには注意が必要

人の食材として使用頻度の高い豚肉。犬にも食べさせられれば、便利ですよね。でも、ドッグフードの材料に、あまり豚肉の使用が見られないのはなぜでしょうか?ひょっとして犬に豚肉は悪いのでは?ここでは……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬にコーヒーをあげても良いことなし!怖いカフェイン中毒

飼い主さんがちょっとコーヒーブレイクしていると、犬も同じものを欲しがったりします。そんなとき、つい犬にもコーヒーをひと口...なんてあげていませんか? いつもあげていて、大丈夫だからと……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】人参は犬にあげても安心な食材 でも与え方には注意が必要

緑黄色野菜といえば必ず挙げられる人参。ビタミンAが摂れる野菜として欠かせません。人参についていろいろな意見を耳にしますが、はたして犬にあげても良いのでしょうか。 ここでは人参を犬に与え……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫?犬にきゅうりをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダに欠かせない野菜、きゅうり。夏の野菜ですが1年中売り場に並んでいるため私たち人間にとっては食べる機会の多い野菜でしょう。ところできゅうりは犬に与えても良いのでしょうか。今回は犬にきゅう……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬も大好き南国の甘い誘惑マンゴー 与える時の注意点とは?

とろりとした食感と甘さがいかにも、トロピカルなイメージのマンゴー。最近は国内でも普通に売られていて、とても手に入りやすいため犬にもすこしおすそ分け・・・と考える人も多いのでは? では、……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬に豆乳は大丈夫?与えるときの注意点とは

身体に良いことで知られる大豆。牛乳の代わりに豆乳をフードに混ぜている飼い主さんも多いようです。とりあえずの危険性はないようですが、そもそも犬にとって豆乳は身体に良いのでしょうか?与えるときに……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】秋の味覚・サンマを犬に食べさせても大丈夫?犬にさんまを与える際の注意点は?

犬に肉はよく聞くイメージですが、魚はどうでしょうか。たとえば秋の味覚の代表・サンマを旬の時期に犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。それでは果たして、犬にサンマを食べさせても大丈夫なのでしょう……

犬に必要な栄養

独自の栄養学で6つの健康に貢献する「ユーカヌバ」のドッグフード

ペット大国アメリカのドッグフードブランド「ユーカヌバ」。アメリカにある「ユーカヌバ」のペットヘルスニュートリションセンターには16歳、17歳になっても元気に走り回る大型犬が何頭もいるのだそう……

犬に必要な栄養

Dr.ワイソンが学術的研究をもとに作り上げた極限まで自然に近づけたドッグフード「ワイソン」

どんなに優れた食材を使っていても加工品であるペットフードは自然の中で生で食べる生命力ある食べ物とは違います。ワイソンはペットフードが生のエサと違うことを充分理解したうえで、「なるべく自然の状……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はキャベツを食べても大丈夫?犬にキャベツをあげる場合の注意点と簡単レシピ

食物繊維が豊富で人では便通に良いと言われているキャベツ。生でも火を通しても美味しい野菜ですが犬にも食べさせて良いのでしょうか?また、食べさせる場合はどのような点に注意するといいのでしょうか?……

ドッグフード