2016年3月31日更新

【獣医師監修】犬にキウイをあげても大丈夫!でも量は控えめに

最近は国産も多くなり、一年中手に入るキウイ。人間にとってはビタミン豊富で、とても健康的な食品に思えます。でも、犬と人間はもともとからだの作りが違うもの。キウイは犬に食べさせても問題ない食品ですが、一方で与える必要のないものでもあります。ここでは犬とキウイの関係、食べさせるときの注意点について見ていきます。

犬にビタミンCは必要ない?


キウイの特徴は、ビタミンCがたっぷり含まれていることですね。種類によってはレモン8個以上ともいわれています。でも、肉食動物である犬はビタミン類をからだの中で作ることができるため、わざわざ食物からビタミンCを摂る必要はありません

キウイのもっとも売りである栄養素が、犬に対して必須ではないのです。ただキウイは意外にも食物繊維やミネラル分も豊富です。犬にとって、悪い食品というわけではありません。問題となるのは、糖分の多さ。その口当たりの良さやみずみずしさで、癖になってしまう犬も多いようですが、与えすぎは犬にとって肥満の原因になります。

またごくまれですが、果物に対してアレルギー反応を起こす場合もあります。キウイをあげるときには、おやつ程度にあげるなど、少量にとどめておきましょう。

キウイを食べさせるメリットはないの?


先にあげたように、キウイにはビタミンC以外にも有効な栄養素が含まれています。

  • 食物繊維
  • カルシウム
  • カリウム
  • 葉酸
  • ポリフェノール

食物繊維はおなかのそうじをし、便秘を解消します。しかしその一方で、摂りすぎは犬によっては消化不良や下痢の原因にもなります。

カリウムは体内の余分な塩分を排出し、腎臓の働きをサポートします。また、ミネラル類とともに、カルシウムの吸収を促進する有機酸にも恵まれています。

皮に多く含まれているポリフェノールは、強力な抗酸化作用で知られています。人間には食べにくい部分ですが、犬に与える際には皮ごとの方が、健康効果は高くなります。ただし、皮の部分は消化に良くないので、すりつぶして与えた方が良いでしょう

キウイを食べさせるときの注意点は?

もともと果物類は、犬にとってお楽しみ程度の役割しかありません。果糖が多く含まれるキウイは、与えすぎによる糖分の過剰摂取にならないように気をつける必要があります。量としては、大型犬でも、薄く切った一切れ、小型犬ではその1/3~2/3程度までです。人間から見れば、ほんの少しですが、犬の食事量を考えるとそれくらいで留めておくのが適当です。

またアレルギー体質の犬では、果物を食べると口の周りや舌が荒れるといった症状が出ます。キウイなどの果物を食べた後には、必ずしばらく犬の様子を観察しましょう。もし次のような症状がみられた場合には、必ず獣医師に相談してください。

  • 目の周りが赤くなる
  • 体をひんぱんにかく
  • しきりと舌なめずりをする
  • 下痢・おう吐がみられる

果物はお楽しみ程度に

一緒に暮らす家族ではあっても、犬と人間の食生活は同じというわけにいきません。本来、果物は犬には必要のない食べ物です。おやつの時間のお楽しみ、一緒に食べる幸せ、ということであれば、様子を見ながら量を調整して食べさせることが大切です。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬はブルーベリーを食べても大丈夫?犬にブルーベリーをあげる場合の注意点と簡単レシピ

眼に効くサプリメントの材料として最近注目されているブルーベリー。お菓子やジャムなどで使うことが多いようですが、そのままでも甘くて美味しい果実です。生のブルーベリーが入手できた時、犬にあげても……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬にとってもヘルシー食材?おからを与える時の注意点とは

おからはペットフードの材料に利用されているように、栄養価が高く低カロリー。犬にとっても悪い食材ではありません。しかし、人間のお惣菜をそのまま食べさせたり、やみくもに量を与えてしまうと犬の健康……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は柿を食べても大丈夫?犬に柿をあげる場合の注意点と柿を使ったレシピ

秋を代表する果物、柿。栄養豊富な柿は昔から「柿があれば医者はいらない」と言われ、珍重されてきましたが、犬にとっても良い果物なのでしょうか?今回は柿を犬に食べさせても良いのかどうか調べてみまし……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬だってチーズが食べたい!塩分・脂肪分には要注意

チーズが大好物という犬が多いようです。喜んで食べるのを見るとついあげたくなりますが、乳製品はあまり犬に良くないという説もあります。また、人間用のプロセスチーズは塩分と脂肪分が心配です。ここで……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】秋の味覚・サンマを犬に食べさせても大丈夫?犬にさんまを与える際の注意点は?

犬に肉はよく聞くイメージですが、魚はどうでしょうか。たとえば秋の味覚の代表・サンマを旬の時期に犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。それでは果たして、犬にサンマを食べさせても大丈夫なのでしょう……

犬に必要な栄養

自然給餌のコンセプトで作られるイギリス生まれの「ナチュラルドッグフード」

犬の祖先、つまり野生の犬は本来、草原を走り回り草食動物を狩って内臓から食べていました。人間と生活するようになって犬はペットとして交配され、今では室内でゆったり食べ物を待つ動物になりましたが祖……

【獣医師監修】犬はさつまいもを食べても大丈夫?犬にさつまいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

さつまいもと言えば焼き芋、てんぷら、お菓子などメニューのバリエーションが多彩。甘みがありホクホクしていてまさに大地の恵みという感じがします。 お菓子のように甘いので当然、好きな犬も多い……

ドッグフード

【獣医師監修】犬と貝類は相性悪し!食べさせたくないその理由とは?

魚介類のお刺身を食べていて、物欲しそうな犬の視線に一瞬迷う飼い主さんもいるでしょう。でも貝を犬にあげてしまったばかりに、愛犬に苦しい思いをさせる危険性があります。ここでは犬に貝類を与えない方……

犬に必要な栄養

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

犬の老化について

【獣医師監修】犬はきゅうりを食べても大丈夫?犬にきゅうりをあげる場合の注意点と簡単レシピ

サラダに欠かせない野菜、きゅうり。夏の野菜ですが1年中売り場に並んでいるため私たち人間にとっては食べる機会の多い野菜でしょう。ところできゅうりは犬に与えても良いのでしょうか。今回は犬にきゅう……

犬に必要な栄養

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

【獣医師監修】犬はぶどうを食べても大丈夫?犬にぶどうをあげると中毒になる可能性が!

粒が小さくて食べやすいぶどう。自分が食べている時に犬がそばに来たらついあげてしまいそうですが、その行為、実は犬の命を奪う可能性があります。ぶどうは犬にとって中毒になる危険性のある果物。今回は……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?犬にメロンあげる場合の注意点と簡単レシピ

ギフトとしても使われ贅沢な果物のイメージがあるメロン。甘みのある芳醇な味はもちろん、香りも良いため興味をもつ犬もいるでしょう。そばに寄って来て鼻をヒクヒクさせたりしますね。「そんなに食べたい……

犬に必要な栄養

愛犬、愛猫に手作り食を食べさせられない人にオススメ。ニュージーランドから来たペットフード【ジーウィピーク】

ペットの健康を考えて生肉を使った手作り食をペットに食べさせている飼い主さんが最近、増えています。一時は「手作り食は栄養のバランスが悪い」などと言われていましたが、最近の手作りは栄養分を綿密に……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬に炭酸ってあげてもいいの?犬に炭酸を与えるメリットは?

すっきりとした喉越しがおいしい炭酸飲料。「おいしいから」「どんな反応をするのかな」と可愛い愛犬に分けてあげたくなることもあるかもしれません。 実際に、炭酸飲料を犬に与えたときの反応を撮影し……

犬に必要な栄養