2016年2月12日更新

うわ〜めっちゃ見てる・・・猫の瞳孔が開いている時。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の目と言えば、明るさによって瞳孔が針みたいに細くなったりまん丸になったりしますよね。まん丸の目の時は可愛らしいのですが、突如として細い目になると一見蛇の目のようで「ちょっと怖い・・・」と思う事もあります。きっと猫自身は気がついていないと思うのですが。明るい所だと基本的に瞳孔は細くなりますが、明るくても開きっぱなしの時があるのです。これは何故なのでしょうか?

 

興味をそそられるものがあるから


人間も同じだそうですが、興味があるものを見ると瞳孔が開きます。猫の場合だと、何か動くものや虫など「おっ!」と思うものを見ると瞳孔が開き、まん丸になります。猫と遊んでいる時によくみていると、外の明るさとは関係なく、猫じゃらしをじっとみて瞳孔が開きっぱなし!というのは良くある光景です。

瞳孔を開く事で光を多く取り込んで、より良く見ようとしているのでしょう。ですから、興味を引かれるものを見つけると、良くみようと思って瞳孔が開くのです。真剣な眼差しで猫じゃらしを見ている、そんな姿も可愛らしいですね。興味を引かれている時の猫は体の動きを止めて、とにかくじっと対象物を見つめています。どういう判断をしているのかは分かりませんが、何かに興味を引かれているな、というのは見ていてすぐに分かります。全神経を対象物に傾けている感じですから。

ただ猫の視線の先に何もない事も多く、これを見て「猫には霊感がある」と言われますがこれは恐らく小さな虫や空中に舞うホコリなどを見ているのでしょう。もしかしたら本当に目には見えないものが見えている猫も、いるのかもしれませんが・・・

病気の可能性


明るい所でもないし、興味があるものも周りにないのに、常に瞳孔が開いているという場合は病気の可能性があります。よく注意して見てあげてください。可能性のある病気としては、緑内障・白内障・網膜剥離・眼底出血・高血圧などです。特に年齢が高い猫の場合は、慢性腎不全や甲状腺機能亢進症かもしれませんので気をつけましょう。目に異常が出た場合は早めに受診するようにされてください。

目に出る症状は、大きな病気の最初に見つけられる症状という事も少なくありません。目に異常があるから受診したら、結構大変な病気だった、なんていう事もありえます。ですから、普段からの観察は良く気をつけて行い、特に高齢の猫はちょっとでもおかしいな、と感じる所があれば受診をおすすめします。

「目は口ほどに物と言う」とは人間だけでなく、猫にも当てはまりそうですね!!