2016年4月28日更新

【獣医師監修】犬と一緒におやつ!パンを与えても大丈夫?

朝食やおやつに食べているパンを犬にねだられて、つい…という飼い主さんは多いでしょう。でも人間用のパンは、果たして犬にとって良い食べ物となるのでしょうか。ここでは犬に食べさせても良いパンや、与えるときの注意点などについてご紹介していきます。

基本的には大丈夫 でも素材に注意


パンは日常的に食べる炭水化物源として、人では一般的な主食の一つといえるでしょう。今は手作り志向・天然素材にこだわったベーカリーが多いのも嬉しいですね。

パン自体は、犬に禁止するほど問題のある食品ではありません。ただ、菓子パンや調理パンの内容によっては、犬が食べることで健康を害することもあります。さまざまな味付けがされたパンの中には、ネギ類など犬に与えるべきではない野菜が入っているものもあるでしょう。また、甘い菓子パンは犬には糖分が多すぎたり、犬には悪影響のあるチョコレートを含むものもあります。

犬に食べさせて良いのは、シンプルな食パンなど。油脂の多いバターロールやペストリー系はさけましょう。フランスパンは素材的には害はありませんが、食べさせ過ぎるとおなかの中で水分を吸い、大きく膨張してしまいます。また、パンはご飯と比較してカロリー過多になりやすい食品。犬の体重を良く考慮して与えてください。

知っておきたいパンの原材料


ふっくら焼き上がったパンはとても美味しそうですが、原材料には何が使われているかご存知でしょうか。一般的にスーパーなどで販売されているパンの原料には、次のようなものが含まれています。

  • 精白小麦
  • 精白糖
  • ショートニング・マーガリン
  • 香料
  • 保存料

市販されているパンは、口当たりを良くし白い仕上がりにするため、精白した小麦が使われます。この場合、全粒小麦などと比較すると、ビタミンBなど有効な栄養素が取り除かれてしまっています。

また最近アレルギー、動脈硬化、心疾患、不妊の原因として問題となっている、トランス脂肪酸は主にマーガリンなどの加工油脂に多く含まれています。その他、香料や日持ちさせるための食品添加物も気になるところです。

これらはすぐに犬の健康に影響を与えるわけではありませんが、人間と比べて身体の小さな犬に対しては、やはり注意が必要かもしれません。

犬にパンを食べさせるときには

犬に食べさせるパンについては、できる限り自然素材を使ったものを選ぶといいでしょう。スーパーなどで量販されているパンよりも、お店で焼いて売っている、素材にこだわったものが安心です。

シンプルで糖分・油分・塩分の少ないパンが犬には適しています。パンは少量でも、おなかの中で水分を含んで大きくふくらみます。人間から見れば少しの量でも、主食にさしつかえることがあります。おやつで与えるのならば、ほんのひと口にしておいた方が良いでしょう。

主食として使うのであれば、犬用に売られているパンか、手作りするのが一番です。しかしながら犬用のパンは割高でなかなか手が出ない・・・という方も多いのではないでしょうか。。そのような場合は自分でパンを作れば、油や塩分の心配もいりませんし、添加物の不安もありません。犬のためのパンレシピの詳細は、「愛犬・愛猫のための手作りレシピ」で見られます。

関連するレシピ

楽しいパンライフを

犬にとって栄養面から見れば、専用フードが一番というのは真実です。でも、毎日の食生活に変化をつけることは、犬にとっても喜びのはず。パンはおやつにも主食にもできる食品のひとつです。あげても良いパンをきちんと選ぶことで、愛犬との楽しいひとときを過ごすベストアイテムとなるでしょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬のための手作りごはん教室を開催!見た目も可愛いワンコごはんが完成♪

10月18日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし、『愛犬のためのワンコイン料理教室』を開催しました!! 犬や猫の平均寿命が30年前と……

愛犬ご飯のトッピングに挑戦!元気の三原則とその与え方

犬のご飯はドッグフードのみという方は少なくはないでしょう。しかし、ドッグフードだけでは摂取できない栄養もあります。 そこで今回は元気の三原則とその与え方を紹介します。 元気の三原則 ……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬はイチゴを食べても大丈夫?犬にイチゴをあげる場合の注意点とイチゴのレシピ

甘酸っぱい味が美味しく、いくらでも食べられそうなイチゴ。洗うだけですぐに食べられる手軽な点も魅力です。サイズが小さく柔らかいので犬にあげるのにもちょうど良いのですが、犬にイチゴを与えても健康……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はかぼちゃを食べても大丈夫?犬にかぼちゃをあげる場合の注意点と簡単レシピ

栄養満点でおかずにもお菓子にも使われるかぼちゃ。甘みがあるので犬も喜んで食べてくれることが多いようですが、そもそも犬にかぼちゃをあげても大丈夫なのでしょうか。今回は犬にかぼちゃをあげても良い……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はとうもろこしを食べても大丈夫?犬にとうもろこしをあげる場合の注意点と簡単レシピ

甘みがあって焼いても茹でても美味しいとうもろこし。両端を持ってかぶりつくと一層味わい深い気がします。かぶりつくと言えば、犬もとうもろこしが好きです。しかしながら、犬はそもそもとうもろこしを食……

犬のおやつ

犬の食事の好き嫌い。犬の偏食の直し方について

普段あげているドッグフードを食べない、お皿をひっくり返してしまう、食べたり食べなかったりする…。愛犬の食事の好き嫌いに悩んでいませんか? おやつの与えすぎに注意 普段のおやつの与えすぎに……

犬の食事の基礎

愛犬のための手作りご飯の料理教室

当イベントは大好評にて終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、まことにありがとうございました。 当日の様子はよろしければこちらからご覧ください♪ http://pet-seikats……

犬のニュース

手作り食はペットにとって良い? 手作りペット食の基本から注意点、メリット・デメリットを解説

昔は人間の残り物がペットの常食でしたが、今では市販のペットフードを食べるのが当たり前になっています。ところが、ここ数年は手作りでペット専用の食事を作るこだわり派の飼い主さんが増えてきています……

犬の食事の基礎

人間が食べられる究極のペットドッグフードを作る「ランフリー」

犬の健康と食についての飼い主さんの意識が高まるようになって、ドッグフードはプレミアム化が進んでいます。種類も増え、愛犬の好みや体調に合わせて選択の余地も増えてきました。そんな中で大手ペットフ……

独自の栄養学で6つの健康に貢献する「ユーカヌバ」のドッグフード

ペット大国アメリカのドッグフードブランド「ユーカヌバ」。アメリカにある「ユーカヌバ」のペットヘルスニュートリションセンターには16歳、17歳になっても元気に走り回る大型犬が何頭もいるのだそう……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は桃を食べても大丈夫?犬に桃をあげる場合の注意点と簡単レシピ

軟らかい果肉にあふれそうな果汁。桃は初夏の限られた時期にしか食べられない季節感あふれる果物ですが、犬と一緒に桃を楽しんでも良いのでしょうか?食べさせるとしたら皮ごとでも大丈夫?今回は犬に桃を……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は大根を食べても大丈夫?犬に大根をあげる場合の注意点と簡単レシピ

冬の代表的な野菜、大根。生でサラダにしたり、煮ておでんに入れたり、擦って大根おろしにしたりとさまざまな調理方法がありますが1本購入すると使い切るのが大変です。せっかくなので犬にも食べさせたい……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はりんごを食べても大丈夫?犬にりんごをあげる場合の注意点とりんごを使ったレシピ

季節に関係なく1年中売り場に並ぶりんご。りんごの香りは人にはリラックス効果があり、寝る時に枕元に置くと寝つきが良いとも言われています。味も香りも極上のりんごですが犬にとっても良い効果の期待で……

犬のおやつ

【獣医師監修】犬は枝豆を食べても大丈夫?犬に枝豆をあげる場合の注意点と簡単レシピ

ビールのおつまみとして不動の地位に君臨する枝豆。枝豆をおつまみに飲んでいたら、犬が来て枝豆をおねだり。こんな時、犬に枝豆をあげてもよいのでしょうか。今回は犬に枝豆を与えても良いのかどうかにつ……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬ははちみつを食べても大丈夫?犬にはちみつをあげるのは止めましょう

甘くて美味しいはちみつ。砂糖よりは体に良さそうですし、栄養分もあるので犬に食べさせたいと感じる飼い主さんも多いかもしれません。ですが、果たして犬にはちみつをあげても良いのでしょうか?今回は犬……

犬に必要な栄養