2016年5月2日更新

【獣医師監修】犬に生肉って大丈夫なの?実は推奨されている理想食品だった?

生肉を犬にあげることに抵抗を感じる人はいるかもしれません。しかし、肉食動物であるオオカミを祖先とする犬には、生肉からしか得られない大切な栄養素もあります。

最近、特に注目されている犬での「肉の生食」。ここでは犬に生肉を与える効果と、注意するポイントについて見ていきましょう。

生肉でなければ得られないものがある


犬は元来野菜などを消化する酵素をもっていません。野生の犬は、植物中の栄養素を利用できる草食動物の肉を食べることで、栄養を得ています。

また、肉食動物であるオオカミを祖先とする犬にとって生肉は自然な食品であるといえるでしょう。生肉中心の食事に変えたことで、犬の健康にプラスの効果があったという声もあります。個体差はありますが、生肉を与えることは、犬にとって決して悪いことではありません。

生肉を食べさせるとどんな良いことがある?

生肉を食べさせると具体的には、どんな良いことがあるのでしょうか。一般にいわれているメリットには、次のようなものがあげられます。

  • 肥満が解消し身体の筋肉がしまる
  • 体臭や口臭が減る
  • アレルギーの改善
  • 病気にかかりにくくなる

個体差があるため一概にはいえませんが、生肉を食べると動物のもつ本来の活力が底上げされるようです。消化する力が強くなり、体の抵抗力も向上します。

肉はタンパク質そのものですから、毛づやが良くなり全体的に生き生きとしてくるでしょう。オオカミを祖先にもつ犬たちは、肉を引きちぎって食べるための歯をもっています。生肉を食べさせることにより、もともとの構造に適したあごの使い方をすることにもなります。

与えるのはどんな肉が良いの?

犬_素材bernese-mountain-dog-1177074_640
よく本やテレビで犬が骨付き肉にかぶりついているイラストがみかけられますが、実際は骨付きのお肉は犬に与えるべきではありません。

骨がいけないというのは、骨を誤って犬が飲み込んでしまうと、腸管が詰まったり、加熱して裂けやすくなった骨が内臓に突き刺さる恐れがあるからです。生肉を犬に与える場合には安全性の面から、必ず骨の無いものや、ひき肉を与えるようにしましょう

与える肉の種類としては、栄養面やカロリー面、寄生虫の問題から、赤身の多い馬肉が理想的といわれています。一方で、牛肉や豚肉・鶏肉をあげている飼い主さんもいるようですが、安全性の面から一般的には推奨されません。

生肉を食べさせるときの注意点は?

どのような肉を与えるにしても、やはり鮮度の良いものでなければいけません。購入後はできれば、その日のうちに与えるようにしましょう。人間でも生で食べられるタータステーキ用、ユッケ用や鳥刺し用などであれば、犬にも安心して食べさせられます。

犬の年齢や体調によっては、生肉を消化できないこともあります。犬の様子を見ながら、食べさせることが大切です。海外の有名ブリーダーは肉80:野菜類20の割合で与えるといいます。

また、生肉とフードの両方をバランスよく与えることも必要です。まったく他のフードを受け付けなくなると、ペットホテルなど環境が変わった際に、食事が摂れなくなる恐れがあります。

生肉の必要性を知って適度に与えよう

生肉を食べることは、犬にとって重要な意味があります。しかし、なかには消化しきれずにおなかを壊す犬もいますので、どの犬にもやみくもに与えて良いということではありません

生肉しか食べなくなってしまうと、現実的に不都合なこともあるので個体の健康に合わせ、可能な方法で与えていきましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬ははちみつを食べても大丈夫?犬にはちみつをあげるのは止めましょう

甘くて美味しいはちみつ。砂糖よりは体に良さそうですし、栄養分もあるので犬に食べさせたいと感じる飼い主さんも多いかもしれません。ですが、果たして犬にはちみつをあげても良いのでしょうか?今回は犬……

犬に必要な栄養

「犬は肉食動物だ!」犬の本質を追求した「アイムス」のドッグフードがプレミアムな理由

最近ではプレミアムと呼ばれるドッグフードは数多く売られていますがアイムスはそんな中でも老舗ペットフードブランドのひとつ。ペットのブリーダーや栄養学者などとともに〝本当にペットのために良いフー……

犬に必要な栄養

Dr.ワイソンが学術的研究をもとに作り上げた極限まで自然に近づけたドッグフード「ワイソン」

どんなに優れた食材を使っていても加工品であるペットフードは自然の中で生で食べる生命力ある食べ物とは違います。ワイソンはペットフードが生のエサと違うことを充分理解したうえで、「なるべく自然の状……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】米は犬が食べても大丈夫?メリットはあるの?

昔は日本の飼い犬といえば、ご飯の残りにみそ汁をかけて食べたりしていました。今でも犬にご飯をあげるという飼い主さんは多いようです。米は犬に食べさせても良い食材なのでしょうか。与える際に気をつけ……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】白菜は犬が食べても大丈夫な野菜の筆頭 与える場合の注意点は?

白菜はあくも少なく、犬に与えても心配のいらない野菜のひとつです。ビタミンや水分の補給もできる白菜は、むしろ積極的に活用したい食材。でも、体質や病状によっては与えていけないときもあります。白菜……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

ドッグフード

腹時計もばっちり!肥満に注意が必要なパグのエサの量について

額に刻まれた深いしわがいつも困ったような顔に見えるパグ。食べることが大好きで時間がくると「頂戴!」と催促する犬もいるとか。エサをしっかりと食べてくれることはよいことですが、太りやすい体質なの……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬も大好き南国の甘い誘惑マンゴー 与える時の注意点とは?

とろりとした食感と甘さがいかにも、トロピカルなイメージのマンゴー。最近は国内でも普通に売られていて、とても手に入りやすいため犬にもすこしおすそ分け・・・と考える人も多いのでは? では、……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】ダイエットに使いたい!犬にこんにゃくを与える時の注意点とは

こんにゃくと言えば、人間にはダイエットの強い味方ですが、犬に与えても良いのでしょうか?こんにゃくが犬に良くないと言う説も聞かれますが、それはなぜでしょう。ローカロリーで食物繊維豊富なこんにゃ……

犬に必要な栄養

2分でわかる!子犬にあげていい食べ物と、いけない食べ物

体力・免疫力がさほど強くない子犬の時期は特に体調に気を付けてあげたいですね。特に毎日のエサには注意したいところです。 成長著しい子犬の時に、間違った食生活を送ってしまうと将来、虚弱体質……

犬に必要な栄養

犬や猫のために考えたい手作りごはん。手作りペット食がペットに良い4つの理由

栄養バランスが計算され、食べる量もあらかじめ決められているペットフード。ペットの栄養についての知識がなくても缶や袋を開けるだけで食事が済みますので、忙しい飼い主さんにとってはこの上なく便利で……

犬に必要な栄養

自社管轄の工場で新鮮な原材料を使って作られるカナダのドッグフード「アカナ」

大手ペットフードメーカーの多くは商品の製造を外部工場に委託製造していますが、「アカナ」の販売するチャンピオンペットフーズは違います。品質維持にこだわるゆえに自社で管理する工場で、現地の新鮮な……

犬に必要な栄養

【獣医師監修】犬はさつまいもを食べても大丈夫?犬にさつまいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

さつまいもと言えば焼き芋、てんぷら、お菓子などメニューのバリエーションが多彩。甘みがありホクホクしていてまさに大地の恵みという感じがします。 お菓子のように甘いので当然、好きな犬も多い……

ドッグフード

【獣医師監修】犬は豚肉を食べても良い?食べさせるときの注意点とは

犬にお肉が良いのはわかっていても、高価なお肉は毎日与えるにはなかなか大変。お手頃価格の豚肉も使いたいけれど、果たして犬に豚肉を食べさせても大丈夫なのでしょうか。豚肉を使ったフードもあまり見か……

犬に必要な栄養

【保存版】大切な愛犬の為にミネラルバランス気にしてますか!?

ミネラルバランスってよく聞きますよね!体にとって大切な物なのは何となくは理解できるけど実際のミネラルバランスやミネラル自体はどんな物なの? ミネラルの働き 体内酵素をスムーズ……

犬に必要な栄養