2016年2月9日更新

見下ろしてる〜!猫が高い場所が好きな理由。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

はっと視線を感じ振り向くと、そこには目を見開きじっとこちらを見つめる猫がいた・・・。猫あるあるに出てきそうな光景ですが、よく猫は気がつくと高い所に登っている事がありますよね?猫は高い所好き、というイメージは昔からありますが、なぜ高い所に登るのでしょうか?今回はその理由をお伝えします。

 

安全を保つため


例えばあなたが森の中で暮らすとして、一番安全な場所ってどこだと思いますか?水の近く?それとも茂みの中?人間は何か建物を建てたり、危険な動物が来ないような工夫をする事が出来ますが、猫には出来ません。猫にとって安全な場所とは、そう、木の上なのです。

野生の猫は寝ている時に外敵に襲われないように高い木の上で寝るようになりました。猫はバランス感覚が発達しているので、万が一落ちても2階位の高さでしたら、怪我をする事なく着地する事が出来ます。

また、高い所に登って敵が来ないか見張っている事もあるのでしょう。上から見下ろすことで優位性を感じているのかもしれません。高い所が好き、というよりかは、身の安全のために高い所に登る、と言った方が良いのかもしれません。実際、危険を感じる事の少ない室内飼いの猫の場合は、高い所にいるよりも床で寝ていたり、あまり高い所に登らない猫もいます。とはいえ、何か危険を感じると高い所に逃げたがる場合がありますので、キャットタワーなど高い場所を用意しておく事は必要でしょう。

高い所に登った時の注意点


いくら猫が高い所から落ちても大丈夫、といってももちろん限界はあります。2階位の高さから落ちて無事な場合もありますが、骨折をする事もあります。下手をすると命に関わることがありますので、充分気をつけましょう。ベランダなど、猫が落ちそうな部分がある場所には柵をつけるなど落ちない工夫が必要です。

室内でも注意してください。気がつくと天井につく程の高いところまで登っている事がありますが、自分で降りられるなら良いのですが、たまに降りられなくなっている場合があります。飼い主が在宅中ならばすぐに降ろしてあげる事が出来ますが、外出中に降りられなくなり、無理に降りて怪我をする・・・なんていう事も考えられます。特に子猫の場合は注意が必要です。

子猫は自分で出来る対応が少なく、高い所以外にも何かのひもに引っかかって自分で抜け出す事が出来ずに怪我をしたりする場合がありますので、子猫を残して外出をする時はケージに入れて出かけるのが安全でしょう。