2016年2月22日更新

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

アメリカン・コッカー・スパニエルよりも猟犬の気質が強く、活発で陽気なイングリッシュ・コッカー・スパニエル。そんなイングリッシュ・コッカー・スパニエルの価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場合とブリーダーから購入する場合の何が違うのか、里親制度とはどのようなものかなどを調べてみました。

 

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの価格・相場は?

イングリッシュ・コッカー・スパニエルはアメリカン・コッカー・スパニエルに比べると一般的な市場に出回ることは少ないようです。価格の相場ですが100,000円~150,000円くらいといわれていますが、子犬の価格は幅があるのが通常なので、200,000円台の子犬も多く販売されています。

子犬の価格の差は主には、血統書の有無、容姿がスタンダード(その犬種固有の犬らしい姿形のこと)に近い、販売に適した月齢で有るか無いかがあげられます。

また人気の高いカラーの子犬の方が高くなる傾向がありますが、これはその時の流行によって大きく左右されますので、一概にどのカラーが高いとはいえません。

ペットショップとブリーダー何が違うの?

ペットショップでイングリッシュ・コッカー・スパニエルを購入するには?

前述した通りイングリッシュ・コッカー・スパニエルが一般的なペットショップの店頭で展示販売されていることは少ないと思います。

ただ、店頭に並んでいない子犬を探してくれるサービスを行っているペットショップもあります。全ての希望に答えてもらえるわけではありませんし、時間が必要になるのですぐには手に入りませんが、ペットショップからの購入を希望する場合は、販売員に相談してみるのもよいのではないでしょうか。その際は探してもらった子犬が自分たちの希望に沿った子犬でなかった時はどうなるのかなど、事前にしっかりと購入までの流れを確認しておきましょう。

ブリーダーからイングリッシュ・コッカー・スパニエルを購入するには?

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの場合はブリーダーから直接購入する方が、子犬を探しやすいと思われます。

ブリーダーから購入することの利点は、親犬の健康状態や繁殖・飼育の環境を直に自分の目で見て確認できるところ、専門のブリーダーの場合はその犬種の知識が豊富なので飼育に関するアドバイスなども的確に教えてもらえること、アフターフォローが充実している場合が多い事などがあげられます。

ブリーダーの探し方はインターネットで地域名、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ブリーダーで検索することもできますが、ジャパンケネルクラブ(JKC)などが主催しているドックショーに足を運ぶのもよいでしょう。ドックショーの開催場所や時期などはジャパンケネルクラブのホームページで確認することができます。

 

里親制度とは?

年間で28万頭以上もの犬や猫が殺処分されている現状をご存知でしょうか?殺処分とは保護期間内に引き取り手が現れなかった犬や猫たちを、専用の施設で殺し焼却処分することです。この様な殺処分をなくして行くために行われている活動の一つが、保護犬の里親制度です。保護されている犬の情報をホームページや広報誌、公共の施設の場合は公示という形で公開し、広く一般の方に引き取りをお願いする活動です。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルは市場に出回る子犬の数は少ないのですが、保護件数は残念ながら少なくはありません。イングリッシュ。コッカー・スパニエルを飼うことを検討しているのなら、一度どのような犬たちが里親を募集しているか確認してみてはいかがでしょうか。里親募集の確認はインターネットを利用して簡単に行うことができます。イングリッシュ・コッカー・スパニエル、里親で検索をしてみてください。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルを飼うときに考えてほしいこと

愛らしい子犬がペットショップの店頭に並んでいると、ついつい立ち止まってみてしまいます。でも子犬はただの商品ではないのです。生きているのです。「飼ってみたら思っていたよりも大きくなった」、「吠えないって言っていたのにうるさくて飼えない」などの理由で命を落としていいものではないですよね。

犬を飼う前にはその犬についてしっかりと調べる時間をとってもらいたいですし、どこからどのように犬を迎えるのかもしっかりと考えてもらいたいと思うのです。