2016年2月25日更新

ヤダにゃ〜(泣)猫が環境変化を嫌がる理由。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

よく、「犬は人につき、猫は家につく」と言われますが、これは本当なのでしょうか?本当です。猫は引っ越しや旅行などで住環境が変わると不安を感じる生き物です。なぜ猫は環境が変わると不安を感じるのでしょうか?また対策と注意点はあるのでしょうか?人間の都合で猫がストレスを感じないように、しっかり押さえておきたいポイントですね!

 

なるべく家から出さない方が良い


犬は昔からグループで暮らしてきました。その為、仲間や飼い主と離れる方が不安を感じます。一方猫は元々が単独行動をする生き物ですので、仲間や飼い主と離れてもそれほどストレスを感じません。それよりかは身を隠す場所やお気に入りの寝るスペースがなくなるなど、住環境が変わる事に不安を感じてしまいます。ですが、一緒に暮らしている猫がいなくなると、心配をして落ち着きがなくなる事はあります。帰ってくると「心配してたよ〜」とでも言うかのように後ろを追いかけ回す事もあります。

話が反れましたが、1~2泊の出張や旅行でしたらエサを多めに置いて家に残していった方が猫には負担が少ないでしょう。飼い主としては心配な面もあるかもしれませんが、意外と静かな時間を楽しんでいるかもしれません(笑)もし長期になる場合は誰かにエサとトイレのお掃除を頼むなどしてなるべく家にいさせる方がストレスは少なくてすみます。

ペットホテルも良いのですが、犬と同じ場所に預けられるホテルの場合猫が犬の吠え声で恐怖を感じてしまう事もありますので注意が必要です。また、当たり前の事ですが信頼のおけるホテルに預けましょう。

引っ越しは致し方ない場合もありますが、なるべくお気に入りのベッドなど自分のニオイがついた落ち着くアイテムを新居に置いてあげると良いでしょう。またストレスから体調を崩したり家出をする猫もいます。注意しましょう。

ですが、いくら環境の変化が嫌いだと言っても、かといってずっと同じ環境なのも飽きてしまうようです。たまには新しいキャットタワーを入れるなどして多少の変化は与えた方が猫も退屈しないでしょう。もちろん個体差がありますので、猫の性格を見極めておこなってください。新しいものが家に来た場合は警戒して3日位は近づいてくれず、無駄な買い物をしてしまったと後悔する場合がありますが、猫も様子を見て特に自分に危害を加えるものではない、と判断して慣れてくれば自分から近づいていく事があるので様子を見ましょう。猫のためを思って購入した新しいアイテム、使ってくれると嬉しいですね!

来客時の注意点


来客の持ち物や靴などに、自分の縄張りを示すためにおしっこなどでニオイをつけてしまう事があります。そうする事で自分のニオイをつけて安心している面もあります。あとは自分の縄張り内だから入ってくるな、と訴えているのでしょう。来客の持ち物にそそうしてしまう可能性がある場合は、猫の届かない場所におくなどして気をつける事が必要です。