2016年2月24日更新

真っ赤なくちばしが特徴。オオホンセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

淡いグリーンの羽根でほぼ全身が被われ、くちばしは鮮やかな赤。オオホンセイインコはそのはっきりした配色で一度見たら忘れられないインコです。今回は、オオホンセイインコの飼い方や特徴についてご紹介しましょう。

 

オオホンセイインコってどんな鳥なの?

オオホンセイインコはもともとインド、スリランカ、ベトナム、インドネシア、タイなどアジア地域の熱帯に生息するインコ。最近ではアラビア半島、北アメリカ、日本などにも飛来し外来種として住み着いています。生息エリアではインドオウムと呼ばれて人気がありますが、その反面、農作物を荒らす害鳥として目の敵にされている一面もあります。

体長はオス、メスともに45~60㎝程度で体重は250g前後の中型インコです。首の部分に黒いラインがあるのがオス、ないのがメスだと覚えておけば見分けることができます。もとは林などに生息していましたが、生息域が拡がった今では住宅地などにも住み着くようになり、1本の木に100羽近くが群れになって止まっているシーンを観察することもできます。

オオホンセイインコを飼う時の注意点は?

噛みつかれないように注意

オオホンセイインコは野性味が強く、なかなか手乗りにならないと言われています。もちろん、慣れれば飼い主さんにも甘えるそぶりは見せますが、それよりもくちばしが大きく強いため、噛まれると流血騒ぎになることもあります。ケージの掃除をする時や手渡しでエサをあげる時は噛まれないように注意した方が良いでしょう。慣れ方によって個体差もありますが、小さな子供がいる家庭では不用意に子供をインコに近づけない方が良いかもしれません。

寒さには強いが最初の年は寒さ対策を

オオホンセイインコは暑いエリア原産の鳥ですが、比較的寒さにも強い丈夫な鳥だと言われていますので、雨風を凌げる場所があれば屋外での飼育も可能です。しかしながらお迎えした最初の冬は寒さに慣れていない可能性もありますので、オオホンセイインコの様子によっては暖かい室内に入れてあげるなどの配慮が必要です。

 

オオホンセイインコを飼う前に揃えたいグッズは?


オオホンセイインコは野生味が強い鳥ですので、狭いケージで飼育すると動いた時にケージにあたって尾羽根が避けたり、ストレスを溜めて体調を崩したりしがちです。オオホンセイインコのために用意するケージは鳥の体の大きさに合わせて80㎝四方以上のサイズを選びましょう。ケージの中には止まり木、エサ箱、水入れなどを用意します。ケージの下にペットシーツを敷いておくとケージの掃除が楽になるのでオススメです。

オオホンセイインコは何を食べるの?

オオホンセイインコは野生では種、果実、花芽などを食べていますが、家庭で飼育する場合に種や果実だけだと栄養バランスを崩してしまう可能性がありますので、インコ用のペレットをメインで与えるようにしましょう。その上で、副食として青菜や果実、シードなどを与えると食べる楽しみが増えて良いでしょう。

知能の高いインコなので慣れると楽しいけれど、くちばしに注意

オオホンセイインコは頭がよく慣れれば飼い主さんと一緒に遊ぶ楽しいコンパニオンアニマルになってくれるでしょう。しかしながら、その反面ペットになっても野性的な性格が抜けないのも事実です。鋭いくちばしで噛まれて怪我をしないように注意が必要でしょう。慣れてからも毎日お世話し、話しかけることで荒鳥に戻らないよう気を配りましょう。