2016年2月29日更新

顔だけ見るとペンギン似?カノコスズメの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科のフィンチですが、顔の配色がちょっと変わっていてペンギンやフクロウにも似て見えるカノコスズメ。フィンチの中では珍しいルックスの鳥だと言えるでしょう。今回はカノコスズメについて特徴や飼い方をご紹介しましょう。

〈画像引用元:Graham Winterflood

カノコスズメってどんな鳥なの?

カノコスズメはオーストラリア北東部の草の多いエリアや見晴らしの良い開けた林などに生息していますが、最近地元では住宅街でも見ることができるようです。体長は10㎝前後とほぼスズメサイズの小柄な鳥です。

特徴的なのは羽の模様で、成鳥になると濃茶のラインが顔の周りを一周取り囲み、胴周りにも同様に茶色いラインが入るようになります。背中は上品なグレイで、翼には名前の由来となった鹿の子模様の柄があります。臆病な性格ですが同時に温和で仲間意識が強いため、大勢で飼って楽しむこともできるでしょう。

カノコスズメを飼う時の注意点は?

低温対策が必要

カノコスズメは寒さにそんなに強い鳥ではありませんので、冬の寒い時期にはエアコンの効いた部屋に移すか、ヒーターなどで温める方が良いでしょう。小柄な鳥は温度が低かったり、一時的に飢餓状態になると短時間で死に至る場合もありますので注意が必要です。

臆病なので過度なコミュニケーションはNG

カノコスズメは臆病な性格なうえ、ヒナでの入手が難しいため、手乗りとして飼われているケースは少ないようです。無理やり手乗りにしようとしたり、過度にかまったりするとストレスが高じて病気になることもあるようです。可愛い姿を眺めて楽しむのに向いている鳥だと言えるでしょう。

カノコスズメを飼う前に揃えたいグッズは?


〈画像引用元:Graham Winterflood

カノコスズメは小柄な鳥ですし、複数飼育しても喧嘩が少ないと言われていますので、ケージはそんなに大きなタイプを用意する必要はありません。飼育する数にもよりますが、35㎝~40㎝程度のケージがあれば良いでしょう。冬の寒さにはあまり強くありませんので
ヒーターなどは用意しておくと安心です。ケージに付属していなければエサ入れ、水入れ、止まり木などを用意します。臆病なタイプですので掃除はなるべく短時間に済ませられるよう床の上にシートを敷いておくことをオススメします。

カノコスズメは何を食べるの?

カノコスズメのようなフィンチ類には粟、ひえ、きびなどが混ざったミックスシードを主食として与えると良いでしょう。シードは殻付きタイプの方が栄養価が豊富なうえ、殻から種を出して食べる作業がカノコスズメのストレス解消にもなるので、オススメです。副食としては新鮮な青菜を与えることをオススメします。カルシウム補給のためにボレー粉などを入れておくのも良いでしょう。

カノコスズメはフィンチの中では比較的人慣れしやすい

個性的な羽模様とフィンチならではの可愛い仕草。カノコスズメは見ていて飽きない鳥です。臆病ですので、鳥との密接なつながりを求めない飼い主さん、鳥を観て楽しみたい飼い主さんに向いています。ちょっと子猫に似た鳴き声も可愛いので聴いて楽しめる鳥だとも言えるでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

初心者におすすめ!セキセイインコとオカメインコを紹介します

インコといえば昔から根強い人気があるペットですね。良い関係づくりができれば、インコはとても懐いてくれて良いパートナーになることができます。しかし犬や猫と違い、鳥類を飼うのはイメージがわきにく……

世界でもっとも大きなインコ。ルリコンゴウインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

青、黄色、グリーンの配色でどこにいても目立つインコ、ルリコンゴウインコは多くの人が「これぞインコ」と考える南国風のルックスで人気のインコです。大型で野性的な性格なため、飼育するにはそれなりの……

キュートなピンクが目を惹く。アキクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペットショップでもひときわ目を惹くピンク色のインコ。絵に描いたような色彩が見る人の心を惹きつけます。まだ飼育数もそんなに多くはありませんが、ピンク色の小鳥はあまりいないためファンが増えている……

可愛いけれど噛まれると痛い!ブルーボタンインコの性格、飼い方をご紹介

目の周りの白い縁取りが個性的なブルーボタンインコ。原種ボタンインコから生まれた色変わり種です。数が減りつつある基亜種のボタンインコに代わってペットとして売られるようになりました。今回はブルー……

スズメの仲間ながらカラフルな配色で人気!コキンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔、胸、背中、腹部などそれぞれのパーツの色がはっきり分かれていてパズルのような配色のコキンチョウ。スズメ目ならではの小ぶりな体と何種類もある配色のバリエーションが人気の鳥です。今回はコキンチ……

小柄なハヤブサとして人気。チゴハヤブサの特徴、性格、飼い方をご紹介

ハヤブサ科の鳥でハヤブサより小柄なことから名づけられたチゴハヤブサ。猛禽類ではありますが正しい知識をもってヒナの頃から調教すればよく慣れて良いパートナーになってくれます。今回は、チゴハヤブサ……

襟が黄色いので「黄襟」。キエリクロボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ボタンインコにはさまざまな品種があり、どれもよく似ています。ボタンインコを見て、その種類を見分けられる人は相当ボタンインコに詳しい人でしょう。キエリクロボタンインコは日本で一番流通しているボ……

知能がヨウム並みの頭の良いインコ。オキナインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭から尾に掛けては抹茶色、お腹の部分はグレイの羽毛に包まれたオキナインコ。ヨウム並みの知能があり物まねも得意です。今回はオキナインコの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。 オキナイン……

カナリアの中で最も有名。レモンカナリアの特徴、性格、飼い方をご紹介

カナリアの原種から品種改良されたペットカナリアの中でも一番馴染み深いのは黄色いカナリア、レモンカナリアでしょう。最近では昔に比べて飼育数が減っているようですが、それでも誰もが知っている人気の……

小さくて可愛いフィンチの代表。十姉妹の特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの代表格がセキセイインコなら、フィンチの代表格は十姉妹。昔から飼い鳥として親しまれてきました。初心者でも飼うことができますし、飼い主さんとのコミュニケーションが楽しめる点も人気の秘密で……

セキセイインコよりパワフル?マルメリハの特徴、性格、飼い方をご紹介

マルメリハインコという名前はインコや鳥に詳しい人以外はあまり聞いたことがない名前なのではないでしょうか。マルメリハは実は漢字で「豆瑠璃羽」と書く日本語。羽毛が青いことから名づけられました。セ……

神話にも登場するフクロウ。コキンメフクロウの特徴、性格、飼い方をご紹介

ギリシャ神話に登場する女神の従者として知られるコキンメフクロウ。古代ギリシャでは知恵、芸術、農業を象徴する鳥として崇められてきました。あまたいるフクロウの中では比較的小柄ですが若干、気が強い……

小紋模様が粋な雰囲気。コモンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科の仲間の中では美しい色と模様で人気のあるコモンチョウ。ホウライチョウという別名でこの鳥を知っている人も多いかもしれません。小さな体で機敏に動き、チョンチョン歩く姿は観る……

丸いチークがおかめのように見える。オカメインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頬にあたる部分にあるオレンジ色の丸い模様がおかめの頬紅のように見えることから名前がつけられたオカメインコ。インコと呼ばれていますが実際にはオウムの仲間で、大きく派手な色彩なので存在感がありま……

ヨウムの価格・値段や飼い方について

「コンパニオンバード」という言葉をご存じでしょうか?今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”の中でも人気の高いヨウムをご紹介! ヨウムの価格は? ……