2016年2月26日更新

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴールデンチェリーの特徴や飼い方をご紹介しましょう。

 

ゴールデンチェリーってどんな鳥なの?

ゴールデンチェリーはインコの中でも人気の高いコザクラインコの色変わり種。コザクラインコの仲間はペアになるとずっと一緒に仲良くするためラブバードと呼ばれていますが、顔の赤いゴールデンチェリーのペアは恥らっているようにも見えて微笑ましい限りです。

もともとアフリカ西南部に生息していた品種で、体長は16㎝~17㎝。体重は50g前後の小柄なインコです。性格はアクティブで好奇心旺盛な面があり、一羽でヒナから育てれば比較的簡単に手乗りにすることができます。体が黄色で顔は赤く、目が黒いのが特徴で、同じように顔が赤く体が黄色いルチノーとは目の色で区別することができます(ルチノーは目の色が赤)。

面白い習性としてワラや小枝を自分の羽根にはさんで運んだり、それで自分を飾り付けてペアになりたい相手にアピールしたりすることがあると言われています。

ゴールデンチェリーを飼う時の注意点は?

甘えん坊な反面、嫉妬することも

ゴールデンチェリーはヒナから育てれば人にすぐに懐き、飼い主さんにべったりの個体も少なくありません。肩に乗って来たり、掌で眠ってしまったり…。その姿を見ているだけで癒されるでしょう。その反面、コミュニケーションを取る時間が少なかったり、他の家族やペットにかまけていたりすると嫉妬して攻撃的になることもありますので、他にペットがいる家、小さな子供のいる家庭では注意が必要です。

鳴き声がうるさい

ゴールデンチェリーは静かな鳥ではありません。鳴き声がギャーギャーと結構うるさいので集合住宅では防音を施さないと近所迷惑になるかもしれません。賃貸住宅などでは手軽な方法として防音カーテンを導入するのがオススメです。

噛む力はパワフル

ゴールデンチェリーはくちばしの力が強いため、噛まれると痛いだけですまず、血が出ることもあります。放鳥する場合は部屋を片付け、齧られたくないものを布で覆うなどしないと雑貨や家具を齧られてボロボロになってしまうかもしれません。

 

ゴールデンチェリーを飼う前に揃えたいグッズは?

ゴールデンチェリーはそんなに大きな鳥ではありませんので、40~45㎝四方程度のケージを用意すれば充分でしょう。くちばしの力が強いのでケージは丈夫なタイプを選び、勝手に外にでないようナスカンでロックしておくと良いでしょう。ケージの中にはエサ入れ、水入れ、止まり木などを用意しますが、齧るのが大好きですので齧れるおもちゃや木の枝を用意してあげるとストレス解消になるでしょう。

ゴールデンチェリーは何を食べるの?

ゴールデンチェリーを家庭で飼育する場合は栄養バランスの取れたインコ用のペレットを主食として食べさせるのが良いでしょう。その上で殻つきの混合シード、小松菜、チンゲンサイ、パセリ、りんごなどを副食として与えると良いでしょう。カルシウム源としてボレー粉なども置いておくと良いようです。

手乗りにして良し、鑑賞して良しの人気インコ

ゴールデンチェリーは一羽で飼えばよく懐いて飼い主さんと濃厚な関係を築きますし、ペアで飼えばその可愛い姿や仕草を観て楽しむことができます。どちらにしても心を癒してくれるコンパニオンになってくれるはずですので、自分のライフスタイルに合わせて飼い方を決めてはいかがでしょうか。

 
 

関連カテゴリ