2016年2月26日更新

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴールデンチェリーの特徴や飼い方をご紹介しましょう。

ゴールデンチェリーってどんな鳥なの?

ゴールデンチェリーはインコの中でも人気の高いコザクラインコの色変わり種。コザクラインコの仲間はペアになるとずっと一緒に仲良くするためラブバードと呼ばれていますが、顔の赤いゴールデンチェリーのペアは恥らっているようにも見えて微笑ましい限りです。

もともとアフリカ西南部に生息していた品種で、体長は16㎝~17㎝。体重は50g前後の小柄なインコです。性格はアクティブで好奇心旺盛な面があり、一羽でヒナから育てれば比較的簡単に手乗りにすることができます。体が黄色で顔は赤く、目が黒いのが特徴で、同じように顔が赤く体が黄色いルチノーとは目の色で区別することができます(ルチノーは目の色が赤)。

面白い習性としてワラや小枝を自分の羽根にはさんで運んだり、それで自分を飾り付けてペアになりたい相手にアピールしたりすることがあると言われています。

ゴールデンチェリーを飼う時の注意点は?

甘えん坊な反面、嫉妬することも

ゴールデンチェリーはヒナから育てれば人にすぐに懐き、飼い主さんにべったりの個体も少なくありません。肩に乗って来たり、掌で眠ってしまったり…。その姿を見ているだけで癒されるでしょう。その反面、コミュニケーションを取る時間が少なかったり、他の家族やペットにかまけていたりすると嫉妬して攻撃的になることもありますので、他にペットがいる家、小さな子供のいる家庭では注意が必要です。

鳴き声がうるさい

ゴールデンチェリーは静かな鳥ではありません。鳴き声がギャーギャーと結構うるさいので集合住宅では防音を施さないと近所迷惑になるかもしれません。賃貸住宅などでは手軽な方法として防音カーテンを導入するのがオススメです。

噛む力はパワフル

ゴールデンチェリーはくちばしの力が強いため、噛まれると痛いだけですまず、血が出ることもあります。放鳥する場合は部屋を片付け、齧られたくないものを布で覆うなどしないと雑貨や家具を齧られてボロボロになってしまうかもしれません。

ゴールデンチェリーを飼う前に揃えたいグッズは?

ゴールデンチェリーはそんなに大きな鳥ではありませんので、40~45㎝四方程度のケージを用意すれば充分でしょう。くちばしの力が強いのでケージは丈夫なタイプを選び、勝手に外にでないようナスカンでロックしておくと良いでしょう。ケージの中にはエサ入れ、水入れ、止まり木などを用意しますが、齧るのが大好きですので齧れるおもちゃや木の枝を用意してあげるとストレス解消になるでしょう。

ゴールデンチェリーは何を食べるの?

ゴールデンチェリーを家庭で飼育する場合は栄養バランスの取れたインコ用のペレットを主食として食べさせるのが良いでしょう。その上で殻つきの混合シード、小松菜、チンゲンサイ、パセリ、りんごなどを副食として与えると良いでしょう。カルシウム源としてボレー粉なども置いておくと良いようです。

手乗りにして良し、鑑賞して良しの人気インコ

ゴールデンチェリーは一羽で飼えばよく懐いて飼い主さんと濃厚な関係を築きますし、ペアで飼えばその可愛い姿や仕草を観て楽しむことができます。どちらにしても心を癒してくれるコンパニオンになってくれるはずですので、自分のライフスタイルに合わせて飼い方を決めてはいかがでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ヨウムの価格・値段や飼い方について

「コンパニオンバード」という言葉をご存じでしょうか?今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”の中でも人気の高いヨウムをご紹介! ヨウムの価格は? ……

小柄なハヤブサとして人気。チゴハヤブサの特徴、性格、飼い方をご紹介

ハヤブサ科の鳥でハヤブサより小柄なことから名づけられたチゴハヤブサ。猛禽類ではありますが正しい知識をもってヒナの頃から調教すればよく慣れて良いパートナーになってくれます。今回は、チゴハヤブサ……

とてもユニークな顔のフクロウ。メンフクロウの生態、食性、性格について紹介します

メンフクロウは世界中で飼われているペットのフクロウで、白い羽と特徴的な顔。そしてフクロウのなかでは比較的繁殖が容易なことから、飼育人口も多い品種です。フクロウに興味のある人はまず知っている品……

我が家のセキセイインコを手乗りに。生まれた雛を手乗りにする方法

繁殖が成功して家でセキセイインコの雛が生まれたら雛を手乗りセキセイインコにしてみましょう。セキセイインコを手乗りにするには雛の頃から飼い主さんがエサをあげて育て馴らしていくのが近道です。ただ……

カラフルなカラーで人気者。コガネメキシコインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

オレンジ、黄色、グリーン…とまるで南国の花のような配色のコガネメキシコ。動物園などで群れているのを見るとカラフルで圧巻です。慣れると飼い主さんにべったり甘えてくるので、一度飼うと忘れられない……

丸いチークがおかめのように見える。オカメインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頬にあたる部分にあるオレンジ色の丸い模様がおかめの頬紅のように見えることから名前がつけられたオカメインコ。インコと呼ばれていますが実際にはオウムの仲間で、大きく派手な色彩なので存在感がありま……

江戸時代から飼われていた鳥。ブンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

江戸時代の初期には輸入されて飼い鳥として飼育されていたとされるブンチョウ。人によく懐き、販売価格もリーズナブルなため広く愛されてきましたが、最近では飼育数が減っているようです。ブンチョウはち……

花の蜜が大好き!ゴシキセイガイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

南半球を中心に幅広いエリアに生息しているゴシキセイガイインコ。生息場所によって羽の色が異なるため一般の人は見ただけで区別がつきにくいかもしれません。今回はゴシキセイガイインコについてご紹介し……

初心者におすすめ!セキセイインコとオカメインコを紹介します

インコといえば昔から根強い人気があるペットですね。良い関係づくりができれば、インコはとても懐いてくれて良いパートナーになることができます。しかし犬や猫と違い、鳥類を飼うのはイメージがわきにく……

濃いピンクのお腹が目を惹くモモイロインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔からお腹にかけての濃いピンク色でインパクトある姿のモモイロインコ。インコという名前はついていますが実際にはオウム科で、オーストラリア全域に群れを成して生息しています。今回はモモイロインコに……

インコの繁殖は意外と簡単?インコの巣引きの方法と注意点をまとめました

繁殖させる前に考えておきたいこと インコの繁殖自体は実はそれほど難しくはありません。「意外と簡単なのか!よし、じゃあすぐやってみよう!」と思ってはいけません。 問題になるのは繁殖が終……

カラフルな色が人気!サザナミインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの中では飼育数がまだまだ少ないサザナミインコ。羽根色がカラフルで見慣れたセキセイインコとは違った個性的な姿が最近、注目されています。今回はサザナミインコについて特徴や飼い方をご紹介しま……

顔だけ見るとペンギン似?カノコスズメの特徴、性格、飼い方をご紹介

スズメ目カエデチョウ科のフィンチですが、顔の配色がちょっと変わっていてペンギンやフクロウにも似て見えるカノコスズメ。フィンチの中では珍しいルックスの鳥だと言えるでしょう。今回はカノコスズメに……

カナリアの中で最も有名。レモンカナリアの特徴、性格、飼い方をご紹介

カナリアの原種から品種改良されたペットカナリアの中でも一番馴染み深いのは黄色いカナリア、レモンカナリアでしょう。最近では昔に比べて飼育数が減っているようですが、それでも誰もが知っている人気の……

ちょんまげのような冠羽が特徴。カンムリウズラの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭の上にちょんまげのように乗っている黒い冠羽が特徴のカンムリウズラ。ペットとしてはまだ、あまり知られていませんがアメリカでは狩猟のために放鳥されている鳥です。今回はカンムリウズラについてご紹……