2016年2月24日更新

カラフルなカラーで人気者。コガネメキシコインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

オレンジ、黄色、グリーン…とまるで南国の花のような配色のコガネメキシコ。動物園などで群れているのを見るとカラフルで圧巻です。慣れると飼い主さんにべったり甘えてくるので、一度飼うと忘れられないと言う人も少なくないようです。今回はコガネメキシコについてご紹介しましょう。

 

コガネメキシコってどんな鳥なの?

コガネメキシコインコはブラジル原産のインコですが、現在では生息域が拡がって南アメリカやギニアなどでも観ることができます。体長は30㎝前後、体重は100g強の中型インコですが、頭はオレンジ、背中やお腹は黄色、翼や尾羽は緑色というカラフルで綺麗な配色で、どこにいても目立つ鳥。コガネメキシコが群れで木に止まっている様子は南国風の花が咲いているかのようにも見えます。英語名に太陽を意味する「SUN」がつけられているといえばその鮮やかさが思い浮かぶのではないでしょうか。

言葉の習得はヨウムなどに比べて得意とは言えませんが、慣れると飼い主さんに甘え、ころころと転がる芸も見せてくれるなど芸達者なインコです。

コガネメキシコを飼う時の注意点は?

コガネメキシコは鳴き声が大きな鳥です。インコ類は総じて鳴き声が大きく騒音問題を起こしがちですが、コガネメキシコもキーキーした甲高い声がよく通ります。集合住宅や密集した住宅街で飼育する場合は、二重窓やカーテンなどによる防音対策を検討しましょう。また、いくら騒音トラブルが怖いからと言ってコガネメキシコを光の当たらない部屋の奥に閉じ込めてしまうのは病気の原因となりますので、日当たりと防音の両方の条件をクリアできるよう工夫が必要です。

また、非常に甘えん坊ですので毎日お世話するだけでなく、触れ合ったり話しかけたりしてコミュニケーションを取ることが大切です。忙しくて触れ合いの時間が取れない人には不向きかもしれません。

 

コガネメキシコを飼う前に揃えたいグッズは?


コガネメキシコにはお迎え前にケージを用意する必要がありますが、できれば50㎝四方以上のケージを購入するようにしましょう。ケージの中には止まり木、エサ箱、水入れを設置し、ケージの床にはペットシートなどを引いておくと掃除が楽になります。

コガネメキシコは何を食べるの?

コガネメキシコには主食としてインコ用のペレットを与えることをオススメします。野性で食べている種や果実などだけでは栄養のバランスが取れず、インコが病気になることもあるからです。その上で、副食としてシード(粟やひえなどが混じったミックスシードで殻つきのタイプ)、果実(りんご、ベリー類)、野菜(小松菜、チンゲンサイ、ブロッコリーなど)を与えると良いでしょう。

慣れると犬のように甘えてくる可愛いインコ

コガネインコの魅力はカラフルな羽毛と人懐こい性格。頭を撫でであげると体を擦りつけて甘えてきたりする姿はまるで犬や猫のようで何とも癒されます。寿命も15年と長いのでしっかりお世話をすれば離れがたい存在になることでしょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード