2016年2月29日更新

小紋模様が粋な雰囲気。コモンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スズメ目カエデチョウ科の仲間の中では美しい色と模様で人気のあるコモンチョウ。ホウライチョウという別名でこの鳥を知っている人も多いかもしれません。小さな体で機敏に動き、チョンチョン歩く姿は観る人の心を癒してくれます。今回はコモンチョウの特徴や飼い方についてご紹介しましょう。

〈画像引用元:alexandre.lavrov

 

コモンチョウってどんな鳥なの?

コモンチョウはオーストラリアに生息するスズメ目カエデチョウ科アサヒスズメ属の鳥。体長は11㎝~12㎝、体重は20g前後と非常に小柄ですが、顔とくちばしが鮮やかな赤、頭から背中、尾羽までがモスグリーン、お腹の部分がクリーム色と非常にカラフルなのが特徴。顔から胸の部分には個性的な小紋模様があって、この鳥を見分けやすくしています。オス、メスはほぼ同じ大きさですが、メスの方は顔の赤みがないか、もしくは薄いため見分けは比較的簡単です。

ペットとしては珍しくはありませんが、オーストラリアでは野生種が年々姿を消しており、保護対象となっています。

コモンチョウを飼う時の注意点は?

寒くなったら保温してあげる

コモンチョウは比較的丈夫で温度変化にも強いと言われていますが、日本で飼う場合、地域によっては冬の寒さが厳しくなりますので、ケージを暖かい部屋に入れたりヒーターを使って温めてあげたりした方が良いでしょう。

臆病な性格なのでゆっくり慣らす

コモンチョウは臆病で神経質な傾向があります。飼い主さんに慣れさせようとして最初から積極的に接触すると怖がって逆に近づいてこなくなることがあります。初めはケージに手を入れたり触ったりせずに眺めるだけにしましょう。ゆっくり時間をかけて慣らしていけば飼い主さんの近くに寄ってくるようになります。ただしもともと、手乗りにするより鑑賞向きの鳥だと考えておいた方が良いでしょう。


〈画像引用元:BioDivLibrary

 

コモンチョウを飼う前に揃えたいグッズは?

コモンチョウは11㎝~12㎝程度の小柄な鳥ですのでケージは35㎝~40㎝四方のサイズで充分です。しかしながら繁殖を考える場合は、もっと広いケージを用意してある程度運動させた方が良いと言われています。ケージ内には止まり木、エサ入れ、水入れなどを用意してあげます。臆病なコモンチョウを怖がらせることなくケージ内を掃除するためにもケージの床にはペットシートを敷いておくと良いでしょう。

コモンチョウは何を食べるの?

野性で穀物や植物の種などを食べて生息しているコモンチョウには家庭で飼育する場合も似たようなエサを与えます。ペットショップにはフィンチ用の混合シードが売られていますので、それを主食にすれば良いでしょう。混合シードには殻つきと殻なしがありますが、コモンチョウは殻から上手に種を出して食べることができますので栄養価の高い殻つきのタイプをオススメします。副食として青菜(パセリ、チンゲンサイ、小松菜など)を与えると喜びます。

コモンチョウは落ち着いた環境で飼ってあげよう

フィンチの仲間の中でもカラフルな配色で人気のコモンチョウ。飼い主さんに甘えるタイプの鳥ではありませんので、どちらかと言うと鳥の姿や動作を観て楽しみたいという人にオススメです。比較的丈夫な鳥で初心者でも飼うことができますし、攻撃的な性格ではありませんので、子供のいる家庭でも安心して一緒にお世話することができるでしょう。

 
 

関連カテゴリ