2016年2月29日更新

黒いエプロンがかわいい!シュバシキンセイチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

朱色のくちばしに黒いおおきなエプロンのような模様…シュバシキンセイチョウはキンセイチョウの中でも個性的な姿で人気の鳥です。今回はシュバシキンセイチョウについて、その特徴や飼い方をご紹介しましょう。

〈画像引用元:warriorwoman531

シュバシキンセイチョウってどんな鳥なの?

シュバシキンセイチョウはオーストラリア原産のスズメ目カエデチョウ科の鳥。野性では森林や木がまばらにはえる草原の水辺などに多く住み、木の上や草の茂みに巣を作ってヒナを育てます。

特徴は何と言ってもその羽色でしょう。目の周りはパンダのように黒く囲まれ、首の部分にはエプロンのように丸く大きな黒い垂れ模様が入っています。鮮やかな朱色のくちばしと脚が、この鳥にモダンな印象を与えています。くちばしの色によって品種が分かれていて、今回ご紹介しているシュ(朱)バシキンセイチョウの他にくちばしの黄色いキ(黄)バシキンセイチョウなどの品種も存在しています。

体長は14㎝~15㎝で体重は25g前後。オスはメスより頭と胸のエプロンが大きいと言われていますが、実際にオスメスを見分けるのは難しいと言われています。

シュバシキンセイチョウを飼う時の注意点は?

臆病なので過剰な接触は禁物

シュバシキンセイチョウは臆病な性格ですので、飼い主さんが過剰な接触をするとストレスを溜めてしまう可能性があります。巣引きしヒナから育てれば手乗りにすることもできますが、そもそもヒナを育てるのも簡単ではない品種です。シュバシキンセイチョウを飼うなら、仲良く遊ぶというより自然な姿を観て楽しむようにした方が良いかもしれません。ケージもなるべく静かな落ち着いた場所に置くのがオススメです。

シュバシキンセイチョウを飼う前に揃えたいグッズは?

シュバシキンセイチョウは14㎝~15㎝程度の小柄な鳥ですのでケージは40㎝四方のサイズを選んでおけば問題はありません。ケージ内には止まり木、エサ入れ、水入れなどを用意してあげます。ケージの床にペットシートを敷いておくと掃除の際に時間が短縮できます。

シュバシキンセイチョウは何を食べるの?

野性下では穀物や植物の種などを食べていますが、家庭で飼育する場合はフィンチ用の混合シードを主食として与えるようにしましょう。混合シードには殻つきと殻なしがありますが、殻つきの方が野生の状態に近い上、栄養価も高いですので殻つきの方がオススメです。副食として青菜(パセリ、チンゲンサイ、小松菜など)や果実を与えると良いでしょう。

シュバシキンセイチョウは落ち着いた環境で飼ってあげよう

シュバシキンセイチョウはデリケートな性格で巣引きも難しいと言われています。ヒナの入手が難しいため成鳥を買うことが多いのですが、そうなると手乗りにするのはかなり手間と根気が必要です。シュバシキンセイチョウの性格や習性を考えれば、ゆったり鑑賞するのに向いている鳥だと言えるでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

人懐こいけれど、自己主張も強い。アヒルの特徴、性格、飼い方をご紹介

アヒルというと公園の池や動物園にいるイメージですが、保険会社のCMに登場するアヒルの影響か家で飼ってみたいという人が増えてきているようです。アヒルを家で飼うことは可能なのでしょうか?今回はア……

江戸時代から飼われていた鳥。ブンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

江戸時代の初期には輸入されて飼い鳥として飼育されていたとされるブンチョウ。人によく懐き、販売価格もリーズナブルなため広く愛されてきましたが、最近では飼育数が減っているようです。ブンチョウはち……

ずんぐりした体に綺麗な羽色。ヤマブキボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭のオレンジ色から首の黄色、羽のグリーンと綺麗なグラデーションカラーのヤマブキボタンインコ。種類の多いボタンインコの中の色変わり種で、ヤマブキ色部分が特に美しいためこの名前がつきました。今回……

フクロウを飼ってみたい!という方に必要な心構えと設備について

フクロウって飼えるの? 結論から言うとフクロウを飼育することは可能です。以前は動物園に行かなければ生のフクロウを目にすることは出来ませんでした。 しかし最近はにわかにフクロウブームが……

オーストラリアのスズメ。キンカチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

まるでネイルを塗ったかのように光沢ある赤いくちばしが特徴のキンカチョウ。スズメ目に属することでもわかるように、なんとなくずんぐりした体が微笑ましい鳥です。今回はキンカチョウの特徴や飼い方につ……