2016年2月29日更新

ずんぐりした体に綺麗な羽色。ヤマブキボタンインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

頭のオレンジ色から首の黄色、羽のグリーンと綺麗なグラデーションカラーのヤマブキボタンインコ。種類の多いボタンインコの中の色変わり種で、ヤマブキ色部分が特に美しいためこの名前がつきました。今回はヤマブキボタンインコについてご紹介しましょう。

ヤマブキボタンインコってどんな鳥なの?

ヤマブキボタンインコはアフリカ北部原産のボタンインコから生まれた色変わり種です。もともとボタンインコには亜種が多く、ルシコシボタンインコ、ブルーボタンインコ、白ボタンインコなどたくさんの種類がいますが、胸のあたりと背中にある黄色い羽は太陽に当たっているかのように明るく美しく見えます。眼の周りに白い縁取りがあるのもヤマブキインコの特徴と言えるでしょう。

体長は14㎝~15㎝、体重は50g前後と小柄なインコ。活発で遊び好きな反面、臆病な面もあり、成鳥になってから飼うと慣れるのに時間と手間がかかることが多いようです。気の合ったツガイとは仲良く過ごすため「ラブバード」の異名もあります。

ヤマブキボタンインコを飼う時の注意点は?

複数羽飼う場合は要注意

ヤマブキボタンインコはツガイとは仲が良いことで知られていますが、それ以外の個体とは争いが起きやすいと言われています。複数のヤマブキボタンインコを複数飼う場合は異性ペアであっても同性ペアであっても、まずケージに入れて様子を見た方が良いでしょう。トラブルが起こるようなら、ケージを別にして分けて飼育するオプションも考慮しなければなりません。

寒さに若干弱いので注意が必要

ヤマブキボタンインコは比較的丈夫ですが、アフリカ出身のインコですので若干、寒さに弱い傾向があります。ヒナでお迎えした場合はケージではなくプラスチックの飼育ケースに入れてヒーターなどで下から温め、ケース内を26℃~27℃程度に保つようにしましょう。

成鳥になればそれほど神経質になる必要はありませんが、室温が20℃以下に下がる場所ではヒーターやエアコンで調整してあげた方が良いでしょう。

ヤマブキボタンインコを飼う前に揃えたいグッズは?


ヤマブキボタンインコは小柄ですので40㎝四方程度のケージを用意すれば充分でしょう。小柄ながら、くちばしの力が強いのでケージは丈夫なタイプを選びましょう。ケージの中にはエサ入れ、水入れ、止まり木などを用意しますが、それ以外に齧って遊べるオモチャも用意しておくと喜びます。ケージの下にはペットシートなどを敷いておくと掃除の際、手間が省けて便利です。

ヤマブキボタンインコは何を食べるの?

ヤマブキボタンインコは野生では木の実や粟、ひえなどの種、果物、草、昆虫など幅広い種類の食べ物を捕食していますが、家庭内で飼育する場合はインコ用のペレットを主食として食べさせることをオススメします。ペレットにはインコに必要な栄養が配合されていますので、栄養バランスを整えるには便利です。

ヤマブキボタンインコの嗜好に満足させるエサとして、混合シードや果実、木の実、ゆで卵などを副食として与えるのもオススメです。ただし、副食を与え過ぎるとペレットを食べなくなってしまうこともありますので与える量は少なめにしておきましょう。

神経質だけれど慣れれば甘えん坊

ヤマブキボタンインコは神経質で臆病な面があり、慣れない人にはかなり激しく噛みついてくることがあります。くちばしの力が強いので破壊力も半端ではありません。放鳥する場合はまず部屋の片づけから始めた方が良いでしょう。その反面、1羽で飼って慣れてしまうと飼い主さんへの愛情表現は犬並みです。我儘な面もありますが、そこがヤマブキボタンインコの可愛いところだ…という飼い主さんは多いようです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

スズメの仲間ながらカラフルな配色で人気!コキンチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔、胸、背中、腹部などそれぞれのパーツの色がはっきり分かれていてパズルのような配色のコキンチョウ。スズメ目ならではの小ぶりな体と何種類もある配色のバリエーションが人気の鳥です。今回はコキンチ……

フクロウを飼ってみたい!という方に必要な心構えと設備について

フクロウって飼えるの? 結論から言うとフクロウを飼育することは可能です。以前は動物園に行かなければ生のフクロウを目にすることは出来ませんでした。 しかし最近はにわかにフクロウブームが……

カナリアの中で最も有名。レモンカナリアの特徴、性格、飼い方をご紹介

カナリアの原種から品種改良されたペットカナリアの中でも一番馴染み深いのは黄色いカナリア、レモンカナリアでしょう。最近では昔に比べて飼育数が減っているようですが、それでも誰もが知っている人気の……

恥らっているかのような赤い顔が可愛い。ゴールデンチェリーの特徴、性格、飼い方

明るい黄色の羽根に赤い顔のゴールデンチェリー。配色から考えられた名前もオシャレです。個性的なルックスなので一度見たら忘れられないインコですが、簡単に飼うことはできるのでしょうか。今回はゴール……

オーストラリアのスズメ。キンカチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

まるでネイルを塗ったかのように光沢ある赤いくちばしが特徴のキンカチョウ。スズメ目に属することでもわかるように、なんとなくずんぐりした体が微笑ましい鳥です。今回はキンカチョウの特徴や飼い方につ……

カラフルな色が人気!サザナミインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの中では飼育数がまだまだ少ないサザナミインコ。羽根色がカラフルで見慣れたセキセイインコとは違った個性的な姿が最近、注目されています。今回はサザナミインコについて特徴や飼い方をご紹介しま……

インコらしいカラフルな羽根色が美しい。ナナクサインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

赤、青、緑など原色系のカラーが目を惹くナナクサインコ。羽根の色が派手なだけでなく背中の黒いうろこ模様がはっきりしているのが特徴です。今回はナナクサインコについて特徴、飼い方をご紹介しましょう……

欧米では「ラブバード」の異名もあるコザクラインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

オウムの中でもボタンインコに属するコザクラインコ。ツガイの相手への愛情の深さや頬を赤く染めたような純な姿から「ラブバード」と呼ばれることもあるようです。今回はコザクラインコについて特徴や飼い……

黒いエプロンがかわいい!シュバシキンセイチョウの特徴、性格、飼い方をご紹介

朱色のくちばしに黒いおおきなエプロンのような模様…シュバシキンセイチョウはキンセイチョウの中でも個性的な姿で人気の鳥です。今回はシュバシキンセイチョウについて、その特徴や飼い方をご紹介しまし……

花の蜜が大好き!ゴシキセイガイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

南半球を中心に幅広いエリアに生息しているゴシキセイガイインコ。生息場所によって羽の色が異なるため一般の人は見ただけで区別がつきにくいかもしれません。今回はゴシキセイガイインコについてご紹介し……

インコの繁殖は意外と簡単?インコの巣引きの方法と注意点をまとめました

繁殖させる前に考えておきたいこと インコの繁殖自体は実はそれほど難しくはありません。「意外と簡単なのか!よし、じゃあすぐやってみよう!」と思ってはいけません。 問題になるのは繁殖が終……

小さくて可愛いフィンチの代表。十姉妹の特徴、性格、飼い方をご紹介

インコの代表格がセキセイインコなら、フィンチの代表格は十姉妹。昔から飼い鳥として親しまれてきました。初心者でも飼うことができますし、飼い主さんとのコミュニケーションが楽しめる点も人気の秘密で……

キバタンの価格・値段や飼い方について

今回ご紹介するのは“人が大好きで人と暮らすことが幸せな鳥、コンパニオンバード”、オウムの「キバタン」。高い知能ももっているキバタンの情報をお伝えします。 キバタンの価格は? 黄色……

濃いピンクのお腹が目を惹くモモイロインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

顔からお腹にかけての濃いピンク色でインパクトある姿のモモイロインコ。インコという名前はついていますが実際にはオウム科で、オーストラリア全域に群れを成して生息しています。今回はモモイロインコに……

澄んだ声で人気者。ビセイインコの特徴、性格、飼い方をご紹介

インコやオウムと言えば、近所迷惑の原因になるくらい騒々しい鳴き声の品種が多いことが知られていますが、ビセイ(美声)インコはその名の通り澄み切った美しい声で人気があります。今回はビセイインコに……