2016年12月1日更新

【獣医師監修】猫の腸閉塞〜原因・症状と対策

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の腸閉塞とは腸管の内部で通過障害が起き、腸の内容物が詰まった状態になることを指します。また腸閉塞には様々な原因が考えられ、その原因によって呼び方が変わることがあります。具体的には無力性イレウス(機能性イレウス)や機械性イレウスなどです。腸閉塞は場合によっては命に関わる事態まで発展してしまう可能性があります。飼い猫が腸閉塞を発症していると考えられるときには早めに対処してあげてください。猫の腸閉塞の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

猫の腸閉塞の原因

猫の腸閉塞の原因には様々なものが考えられます。腸閉塞の主な原因は以下の通りです。

  • 異物を飲み込む
  • 腸捻転(ちょうねんてん)
  • 腫瘍
  • 周辺の臓器による圧迫
  • 手術
  • 基礎疾患

以上が腸閉塞の主な原因となります。また冒頭で触れましたが腸閉塞は原因の種類によって呼び方が変わることがあります。その詳細については以下でお伝えします。

無力性イレウス(機能性イレウス)

腸の内容物を蠕動運動(ぜんどううんどう)によって排出するはたらきが停止していることによって引き起こされる腸閉塞を無力性イレウスといいます。主な原因としては低カルシウム血症や低カリウム血症、低マグネシウム血症、細菌性腸炎、ウイルス性腸炎などが挙げられます。日頃からキャットフードなどを活用して栄養バランスに偏りが出ないように気を付け、細菌やウイルスに感染しないための配慮をしてあげてください。また手術による影響で腸が一時的に麻痺して蠕動運動がストップしてしまうこともあるので手術後にも注意してください。

機械性イレウス

機械製イレウスの主な原因は毛糸やおもちゃなどの異物を飲み込むことです。謝って異物を飲み込んでしまうとそれが直接的に腸管を塞いでしまうことがあります。異物が自然に排出されなければ腸が詰まったままとなってしまうので早急な対処が求められます。飼い猫の異変を察知したときにはすぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

猫の腸閉塞の症状

猫の腸閉塞の主な症状は以下の通りです。

  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 多飲
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる

腸閉塞の基本的な症状は腹痛や嘔吐です。また排便しようとしているにも関わらず便がほとんど出ないといった場合にも注意しましょう。腸閉塞を引き起こしていると便が出にくくなります。もしもそのような症状が見られたときには飼い猫の腹部に軽く触れてみてください。腸の膨張が感じられたり、猫が痛がる素振りを見せたときは腸閉塞の可能性が高いといえます。猫に表れている症状から腸閉塞の兆候を感知してあげましょう。

 

猫の腸閉塞の対策

腸閉塞を引き起こす主な原因の中で予防することが十分に可能なものは異物を誤って飲み込むことです。猫が飲み込んでしまう可能性のある小さいものを猫の生活環境の中に置いておかないように気を付けてあげましょう。また猫が遊ぶおもちゃが脆くなっていて壊れてしまい、おもちゃの一部を飲み込んでしまうこともあるので危険を感じるおもちゃを与えないようにすることも大事になります。異物の飲み込み以外の原因で引き起こされる腸閉塞については予防することが難しいので、もしも腸閉塞を発症してしまったときには獣医さんの診察を早めに受けさせてあげてください。

猫の腸閉塞の治療

猫の腸閉塞の治療は原因によって異なります。基礎疾患が原因で腸閉塞を引き起こしているときはそれに対する治療を施します。また異物を飲み込んでしまい、腸管の内部を直接的に塞いでいるものが自然に排出されなさそうなときは外科手術で異物を取り除くこともあります。その際に腸管の壊死が認められたときは患部を切除し、腸管をつなぎ合わせます。腸閉塞は外科手術が必要になる場合があるので、発症してしまうと猫の身体に大きな負担がかかる可能性があります。また、腸は外科的につなぎ合わせても、再度くっつくのが困難な臓器であるため外科手術の成功率は高いとは言えません。そのため、可能な限り発症するリスクを軽減してあげてください。

まとめ

猫の腸閉塞の原因や症状、対策についてご紹介しました。猫の腸閉塞は異物を誤って飲み込むことや基礎疾患などの様々な原因で発症する病気です。いずれの場合も早急な対処が求められるので、猫の身体の状態に異変を感じたときはすぐに動物病院につれていき、検査を受けさせてあげてください。猫の体調不良を見抜くためには普段から猫の仕草を観察することを習慣化しておくことが大事になります。猫の身体に起こっている体調不良を見抜く目を養っておきましょう。

 
 

関連カテゴリ