2016年3月2日更新

オシキャットの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

オシキャットはその模様が大変愛らしく、性格も犬のように懐き頭も良いです。
また、飼い主以外にも撫でてほしがるなど大変社交的な性格のようです。
甘えん坊なので、構ってもらえないとストレスを感じてしまうかもしれません。
そんなオシキャットとの生活を里親として始めてみるのはいかがでしょう。

 

里親になるには何が必要?


〈画像引用元:PRONickolas Titkov

猫との生活には必ず責任がつきものです。
子猫であっても成猫であっても、生涯面倒を見てあげる覚悟が必要です。

子猫をお迎えする場合には、体調を崩すことが多いかもしれません。
場合によってはつきっきりになることも考えられます。
時間に余裕があると安心です。
また、お迎えは生後2-3ヵ月頃をおすすめします。
生後まもなくは母猫や兄弟たちと過ごすことで、社会性を学びます。

それから、動物病院は基本的に自費診療なのでワクチンや去勢手術代金などが必要になります。
他にも体調不良やケガなどでも、動物病院には通うかもしれません。深夜であれば深夜料金もかかります。
それ以外に餌やトイレ砂なども必要なので、猫との生活にはある程度のお金も必要になります。

里親の現実生活は?

里親としての生活に自信が持てなくて、躊躇してしまうかもしれません。
しかし、猫が与えてくれるものはお金では買えません。
実際に猫との生活をしている方の現実をご覧ください。
残念ながら、オシキャットではありませんが里親としてお迎えしている方のブログをご紹介いたします。

里親ではありませんが、オシキャットとの生活を綴っているブログも紹介します。

 

オシキャットをお迎えするには?里親募集の探し方


〈画像引用元:neekoh.fi

里親としてお迎えするには、まず地域の動物愛護センターにオシキャットが保護されていないか問い合わせてみましょう。
保護されていれば、実際に訪れて相性などを見てみましょう。

最近ではSNSやインターネットでの募集も増えています。
ツイッターなどで「里親募集」と検索するとヒットします。
手軽にできるので色んな人がいます。里親詐欺にあわないよう見極めが肝心です。
インターネットでは、様々な里親募集サイトがあります。
サイトや募集主によっては、様々な条件があることがあります。
誓約書が必要だったり、家族構成に制約がある場合もあるので説明をよく読み、連絡を取りましょう。

下記のサイトでは柄やキーワードで検索することができます。
また、引き取り後もQ&Aなどを利用することもできるので安心です。

里親を募集するには?

里親を募集する場合は、上記サイトで探すのも良いでしょう。
条件や性格に何か特筆することがある場合には、併せて記載しましょう。
ツイッターなどでの募集も可能ですが、信用できる人を探すことをおすすめします。
中には、心無い人が里親のふりをして問い合わせてくることもあるでしょう。
引っ越しや入院などで時間がない場合には、一旦猫の終身預かりを行っている施設もあるので、問い合わせてみても良いかもしれません。

オシキャットとの生活

オシキャットは寒がりなので、冬場の温度管理には気を付けましょう。
また、歯肉炎にもなりやすいようなので歯磨きも定期的に行いましょう。
とても愛らしい模様を維持するためにも一日一回くらいはブラッシングをしてあげると良いかもしれません。
里親としてお迎えすると、懐くかどうかも心配ですがオシキャットは懐っこい性格なので、基本的には大丈夫です。
愛情をもって接して一緒に暮らしてあげましょう。

 
 

関連カテゴリ