2016年2月23日更新

シルバーパールジャンガリアンの特徴や性格・飼い方をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

その淡い優しい毛色から、なかなかの人気を誇るシルバーパールジャンガリアンの情報を集めました。

 

シルバーパールジャンガリアンの特徴

ジャンガリアンハムスターの一種で体の毛の色は光沢のある淡い色。「クリーミーサファイア」ともよばれ、背中側はとても淡いブルーグレー、お腹側は真っ白の毛でおおわれているのが特徴。なかなか珍しい毛色で比較的に新しい品種ということもあり、ブルーサファイアに比べると数が少ないようです。品種改良されて生まれてきたので野生にはいない毛色です。
基本的には警戒心が強く臆病ですが、比較的におっとりとしていて人になれやすい性格です。うまくなれれば手に乗ってくれるようになります。
他の品種と比べると少し太りやすい体質です。エサも必要に応じて替えましょう。また、飼い主さんの生活リズムに影響されるので、ストレスを感じないような生活を心がけましょう。

飼い方・飼う環境や注意点

購入はペットショップやホームセンターなどで価格は1000円前後です。違う呼び名で販売されている場合もありますのでショップの方によく確認しましょう。ハムスターは夜行性なので選ぶ際には是非、活動している夕方以降がオススメ。耳がしっかり立っていると元気なサインです。飼い主さんの生活環境に影響を受けやすいので、受動喫煙や騒音などには配慮は必要です。
大切なのはあらかじめハムスターを診察してくれる病院を探しておくことです。あまりに小さい動物を診てもらえる動物病院は見つけにくい場合があります。
夜行性なので主なお世話は活動し始める夜にするようにしましょう。エサも規則正しく毎日同じ時間にあげるといいですね。
ハムスターは寒さに弱く、特に寒い季節は10℃以下になると冬眠モードに入り活動しなくなってしまい、命にかかわることもあります。ケージは適度な風通しがあり寒い場合は動物用のヒーターで暖めるようにしてあげましょう。

 

飼うために必要な基本的グッズ

健康的で快適に過ごせるように、揃えて欲しいグッズをご紹介します。

ケージ

水槽タイプや金網タイプなどがありますが、金網はかじって歯がかけてしまうこともあるので水槽タイプが安全でしょう。生活環境や性格に合わせて選んでください。高さは20センチ、横幅が40センチ以上のケージが理想的です。単独飼いをオススメします。また脱走することもあるので通気性がよく、密封しないケージのふたが必要です。

巣箱

成長した体の2~3倍の大きさの巣箱を用意しましょう。ハムスター用の巣箱が販売されていて陶器製や木製のものだとかじっても安全です。

床材

ケージの底には床材を入れましょう。これはハムスターが掘って潜ることができるようにするためです。キッチンペーパーなどを細かくちぎったものやウッドチップを5センチ前後の深さになるように敷き詰めます。布やタオルは繊維が爪にひっかかってしまい危険ですので避けてください。

エサ入れ

ひっくり返りにくい陶器の小皿など重みがあるもので底が浅いものが適しています。

トイレ

衛生的に巣箱やエサ入れと離して置いてください。中に砂を入れるハムスター専用のものがあります。

給水器

吊り下げるタイプのボトル式給水器が水もこぼさず、安全で清潔に給水できます。

回し車

ストレスと運動不足解消に、回し車を用意してあげましょう。

シルバーパールジャンガリアンのエサ

野菜や果物も食べますが、栄養バランスを考えて作られている「ハムスター用ペレット」が最適です。粒の大きさ、栄養価の量で豊富な種類があります。体質や好みに合わせて選びましょう。